最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

カテゴリー「教員生活より」の19件の記事

2017年8月 1日 (火)

数々の困難を乗り越えて流しそうめんを食す

こんにちは。
現場に行けないので
ワークベンチを組み立てました。
 
 
 
 

特別支援学校では、
夏休みなどの長期休業前、大体単元も切りのいいところで
終わりにしてちょっとお楽しみタイムみたいな
授業を組むことがあります。
一応、教育課程には沿わないといけないのですが、
そんなの後付けの理由でいいんですw

学年のスタッフで話し合って「流しそうめん」を
することにしました。
家庭科の調理でもあまりやらないかとは
思いますが、これまた衛生だのなんだのと
いろいろ問題があるのは確かです。

そこは夏休み前のウキウキ気分も手伝ってか
強行突破することに決まりました。

「家庭科」なら、調理室で麺を茹でたり
出汁を取ったりして、「素麺」の作り方を学びます。

でも、この授業は竹を細工して樋を作る者、
お客さんを招待する者
素麺を茹でる者
必要な分だけ食器を用意する者
などそれぞれが役割を担って学習が進められます。

さて、衛生だのなんだのというクリアすべき
問題はいくつかありました。
衛生については、もうこれでもかというくらい
配慮しましたし、
安全についても竹のささくれ一つないようにしました。
また使用する場所も他学年と調整が必要だったり、
必要以上に他学年の子どもたちを刺激しないように
気を付けました。

何となく秘密の匂いのするのこの授業に
子どもたちもテンションが上がったようです。

さて、準備も整いあとは食べるだけです。
ここでお客さんを招待する者は
非常に大切な役割を演じることになります。

教頭を共犯者にする。
のですからw
(頭の固い教頭でなくてよかった・・・)

おっと、もう一つ配慮するべきことがありました。

子どもたちの配置です。
流しそうめんはややもすると食べられない場所があります。
誰よりもたくさん食べようとする生徒もいれば、
箸ですくうのがもどかしい生徒もいます。
食欲旺盛な子どもは竹の終わりの方に^^

しかし、それは杞憂でした。
素麺茹で部隊がたっぷりと用意してくれていて
みんなで満足いくほど食べることができました。

自分たちで作った素麺流し装置で食べる素麺は
また格別の味だっただろうと思われます。

翌日まで腹痛で休む子どもがいないか
学年のスタッフが心配していたことは言うまでもありません。
(もちろんみんな元気に登校してきました)
A0006_000917jpg

応援していただけると
嬉しいです。
 


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年7月26日 (水)

あの事件から1年が経ちました

こんにちは。
今日は動画をご覧ください。
 
 
 
 

 
 
私がこの動画を見たのは去年の11月20日、
「カラパイア」というサイトでです。
この動画にコメントするならば、
日本ではこういう社会実験自体できないだろうなということに
とどめておきますが、
ご覧になった皆さんはどう感じるでしょうか。

このブログを再開して、
そろそろ毎日更新していこうかなという頃に
あの事件が起こりました。
何か発信しようにも
言葉にならなく、
結局何も発信することができないままでいました。

今日はこの機会に
この動画を紹介することにしました。

「真実」を知ることで
だいぶ世間の目も変わってきているのかなと思います。
これからは
「こころ」を知ることが必要になってくるのかな
と思います。

最後に、犠牲となった方々のご冥福を
お祈りしたいと思います。



2017年7月 7日 (金)

教育実習は爆発音とともに

こんにちは。
本日頃より小暑、」初候、は「温風至(あつかぜいたる)」です。
どなた様も暑さあたりにご注意ですぞ。
 
 
 
 

たった一度の普通学校の教員としての経験は
教育実習でした。
教育実習というと、
郷里に帰って母校で行われるのかと
お思いの方もいらっしゃるかな?

私の場合は某附属中学校で行いました。
「どうせ、僕らはモルモットのようなもの」
などと言う生徒に「なんだかなー」と感じつつ
それでもそれはそれで
楽しかったかなとも思います。

さて前にもお話いたしましたが、
担当教科は理科でございます。
ちょうど水素の発生のお勉強をしていました。

化学分野ですね。
大学の有機化学の成績にすっかりめげていた頃ですが、
そこはやっぱり中学生の内容。
苦手意識を微塵にも生徒たちに感じさせるわけにはいきませんw
ここはいっちょ頑張らねば。

理科が好きな教科に挙げられる理由は
実験があるから、だそうですが、
この実験の準備が大変だった~。
正しい結果へと導きつつ、
安全に事を進めなければなりません。

そこで教材研究と称し
予備実験を行うわけですが、
水素の発生です・・・嫌な予感がしてきませんか?

予備実験は、生徒が起こしそうな行動を
シミュレートしながら行うという一面もあります。
どういう扱いをすると危ないか、
知識としてはもっていますが、
思いもしないことが起こる可能性はゼロではないのです。

まさか、自分がその思いもしないことをしてしまうとは。
その反面、結果が分かっている実験ほど
面白くないものはないのです。

何をしたかは忘却の彼方です。
ただフラスコを爆発させてしまった事実だけはよく覚えています。
すぐさま指導教官が飛んできて大いに笑われました。

内心「笑いごとで済んでよかった」と思いましたが、
実際は意気消沈です。
粉々になったフラスコを片付けながら、
しっかりと自分を反面教師にしました。

成長して何度か指導教官にもなりましたが、
今の若い人たちはしっかりしていますね。
頼もしく思いながら、自分に置き換えると
反省することしきりなのでありました。
A0960_004691jpg

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年6月25日 (日)

掌に人と書いてパックンは効かない

こんにちは。
雨だー、梅雨だー。
こうなることは予想ができたー。
 
 
 
 
 

あがり症である。
また、それを人に悟られないように
している(た)から余計に始末が悪い。

職場にいた頃、一番顕著なのは
職員の朝の打ち合わせで自分が何か
連絡をしなければならない時だった。
例えば、錯乱して禁断の四文字言葉を言ってしまったら
どうしようとか、
泡を吹いて倒れたらどうしようとか・・・。
起こりえないことを
想像しては、頭の中が真っ白になる。

ついぞそんな行動に出たことは一度もないが、
(当たり前)
その一歩手前はいくらでもある。

実は人の名前が出てこない。
それも忘れることの無いはずの人の名を。
「あの人」と言って指をさしかけたことがある。
(すんでのところで名前が浮かんだが)

そんな過去の経験を
思い出したらさらに拍車がかかる。
過呼吸(自己診断)にさえなった。

その割に表情とかには出ないらしい。
「あがり症なんですよ~」
などとのたまうと
必ず来るリアクションは
「うっそ~!」
である。
まあ、人に悟られないようにしたいという
後半の希望はかなえられているわけだ。
しかし、何とかしたい、何とかせねばならないのは
前半のあがらないようにしたい。だ。

一方授業などで
生徒の前に立って話をすることは
至って平気だ。
リラックスして話をすることができた。

この違いは何だろう。

取り敢えず、あがり症は何とかしたかったので
自分なりに対策を考えた。
そして出した答えは
メモをとっておく。
深呼吸をしておく。
の2つだ。
掌に人と書いてパックンするなんてのは効かない
ということだけは私にとって確かなことのようだった。

あなたの周りにもこんな人いませんか?
もし、話をする前に深呼吸などしていても
温かく見守っていてくださいね。
A1050_000034
おっと、それに人と書いても飲み込めないぜ。

応援していただけると
あがらないで済みますw


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年6月 9日 (金)

教員採用試験の面接時、輪ゴムが落ちていました

こんにちは。
今日は父の介護度認定のための
面接がありました。
 
 
 
 

そろそろ、教員採用試験の時期も迫ってきました。
教職を目指す若者たちは勉学に明け暮れていることと思います。
頑張ってください。
ところが今年のニュースで、九州の方では
年齢制限が引き上げられた様子。
私も引っかかれますが、もういいかなw
でもなんだか嬉しいニュースでした。
とにかく老いも若きも頑張れ!です。

さて、何の足しにもなりはしませんが、
私が千葉県の教員採用試験に受かった時のお話をいたしましょう。
今はだいぶシステムが変わったようで
参考にはならないかと思いますが・・・。

それは面接試験の時の話です。

次は個別面接で、とにかくやることはやった。
あとは・・・シミュレーションだ。
面接の順番を待っている間、
もうすることはそれしかありませんでした。

部屋に入るところから。
ノックをする、
「失礼します」と言って入る。
席に着くまでの床にゴミが落ちていたら拾う。

ここですポイントは(別に受かるポイントではないですが)
多分面接対策の本に書いてあったことを
思い出したのだと思います。
ここでシミュレーションは
ストップしてしまいました。

さて、本当に落ちていたらどうする?
なんかベタだし、そんなことで決まってしまうのは
おかしいぞ。
でもわざと落としてあって
気付くかどうか見るのだとしたら・・・。
それに落ちていたゴミはどう処理するんだ?

いやいやごみなど落ちているはずはない。
取り越し苦労だ。

そんなことを考えているうちに
名前が呼ばれ、面接室に入ります。
椅子に着くまで妙に下を見回していました。

すると・・・
あったんです輪ゴムが。
「うげ!」
「あるじゃん><」
「どうしよう、罠か!・・・」
立ち止まることなどはできません。
瞬時に考えて、とった行動は
輪ゴムを拾ってポケットに入れる。
でした。

その時の面接官の顔なんて見ていませんでした。
すぐに椅子に座り(お辞儀したかな・・・)
面接が始まりました。

面接の内容なんか覚えちゃいません。

そうして無事合格し、教職に就くことができました。
めでたしめでたし。

ゴムを拾ったことはよかったのか悪かったのか。
それとも、何の考慮も入らなかったかw

取り敢えず、拾得物横領の罪には問われなくてよかったです。
A0002_010525
もしよろしければ、応援をお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年6月 4日 (日)

退職した教員が遭遇したことのある学校の先生あるある

こんにちは。
綿花の間引きをしました。
 
 
 
 

心のオアシス「廻り道の途中で」です。
(自分で言うな)
今日は日々奮闘する教員のあるあるをお届けしようかと思います。
ぜひ最後までお楽しみくださいませ。

☆コピー機あるある
縦置きなのか横置きなのかわからない時にこれで大丈夫と紙を置くとたいてい逆である。

☆印刷機あるある
結構な確率で自分が印刷するときにインクが切れる。もしくは排紙がいっぱいになっている。もしくは印刷する紙が切れている。
しかもたいてい急いでいる時に。

☆ゴム印あるある
出席簿にゴム印を押すときに名簿順を確認したのにも拘らず順が違っている、しかも押した後で気付く。

☆欠席あるある
ある子どもに用事があるときに限ってその子が風邪で欠席する。出てくるころに自分が風邪をひく。

☆写真あるある
子どもがいい笑顔で写真を撮りたいと思うときに限ってカメラが手元にない。
持ってきて撮れる頃には怒っていたりする。

☆給食あるある
子どもの分を先によそってあげると自分の分が悲しい分量になる。

☆給食あるある
給食のメニューが予定している夕食とかぶることがある。特にカレーが顕著である。

☆給食あるある
宗教上の理由で牛乳を飲めないと申し送りされている子どもがヨーグルトをもりもり食べている。

☆授業あるある
通勤時思い付いたギャグを授業で発するとたいていはすべる。

☆教材あるある
使う教材を忘れてきた時もたいていは教室の中にある物でなんとかなる。

☆安全優先あるある
生徒に完全を確保しようとして自分が危険にさらされそうになるることがごくまれにある。
しかもそのことで逆恨みされるとかなり辛い。

☆雑巾あるある
牛乳をこぼした時に雑巾で拭くと臭くなるのは知っているが、たいていはちょっとした非常時なのでゆすぐのも
いい加減になり、結局悪臭を放つようになる。
だから、なるべく古いぞうきんを使うようにする。

☆総合的な学習あるある
年間を通じての課題を畑にしようとしてもO157の影響で学校では思うように食べられず、つまらないと思い(加熱しないとまずダメ)
無難なサツマイモにする。
でもたき火で焼きいももできず、結局持ち帰りとなる。(火を燃やすのに制約がある)

☆作業製品あるある
製品開発で自信作ができ、評価をもらおうと見せて回っても、たいていは不評である。
やがて見せて回るのをためらうようになる。

☆作業製品あるある
作業製品のことを作品という先生がいる。特に美術科が顕著である。

☆あいさつあるある
生徒下校後、廊下で先生とすれ違う時に「お疲れ様です」と言われて(特に若い先生に多い)
「まだ、仕事中だよ」と思うが、慣れてしまい自分からも言うようになった。

☆廊下あるある
「廊下を走ってはいけません」と注意しながら自分も走っている。

☆別れあるある
憎まれ口ばかりたたく子どもに限って、別れの際に感動的なことを言う。

☆黒板あるある
最近チョークを使わないなーと思っていたら黒板の前にホワイトボードが置いてあった。

☆ホワイトボードあるある
ホワイトボード用マーカーのインクが切れ、マジックで書いたことがある。
後で消すのが大変だった。

☆看板あるある
どんなに職員数が少なくても、必ず筆字の上手な先生がいて看板などを書いてもらう。
この時こそ国語科の先生のありがたみを知る。
最近パソコン字が増えてきてなんだか寂しそうである。

☆卒業証書あるある
そんな先生も枚数の多い卒業証書の名前書きは嫌がる。

☆理科あるある
理科の免許を持っているだけで「情報」の免許講習に行かされるのはやめてほしいと思う。

☆体育あるある
どんなにお年を召されていても生徒に示範を見せることができる先生は偉いと思う。
自分もカッコつけてやってみせたら再起不能になった。

とまだまだありますがこのくらいにしておきましょう。
しかしこうやってみると特別支援学校ならではのものもちらほら。
特別支援学校ってある意味ベタです。
純粋な子どもが多いってことでしょうか・・・。
3fac2f308c22c5e57b2ad5e8d251abaa
よろしかったら応援をお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月 2日 (火)

運動会で竹取の翁となる

こんにちは。
藤の花が綺麗です。
 
 
 
A0011_000268
春に運動会をする学校では
GW明けから運動会の練習に突入していきます。
(まだ明けてないのにGW気分の方には失礼^^)
大体は5月下旬の土曜日に行われることが多いようです。
今日は運動会準備のお話をいたしましょう。

私も種目責任者を何度かしていますが
(体育科の先生方は全体運営、その他大勢の私共は種目責任者になることが多いです)
教員の準備の方は
もう年度初めから始まっています。
種目担当で集まって
今年はどうしようかー
から始まります。

「去年と同じでいいよね~」で済めば
まあまあ準備も楽なのですが、
新しいことに取り組むとなると
それなりに準備が大変になってくるわけです。

真っ先にしなくてはいけないのが
入退場曲、競技中曲の選定。
若い頃は自分で選んだりもしていましたが、
歳食ってくると若い先生にお任せした方が
子どもたちの受けもよかったようです。

その後は視聴覚担当の先生に
バトンタッチして
1枚のCDに焼いてもらいます。
(視聴覚担当も経験あり;;)
これを全体練習までに準備しておかないといけないので
20枚くらいのCDから1枚に編集するのが
少し大変です。
(プログラム順に並べなくてはいけませんし)
今もそのような作業は・・・残っているんだろうなあ。
学校現場って結構ローテクですw

さて、種目の準備に話を戻しましょう。
ある年は団体種目の担当になりました。
(団体種目とは、全員でいっぺんに競技を行う種目です)
そして前年度とは違う競技でやろうということになりました。

その競技とは棒引きです。
ここでやっとタイトルにもある竹取りが登場です。
(誰だぁ、借り物競争の変装だと思った人はw)
竹を使っての競技なのです。
幸い種目担当の先生の家で竹林を持っているということで
切って持ってくることにしました。
学校では竹が必要になることがたまにあり、
大体は快く切らせてもらえます。
でも、聞く話によるとこの季節の竹は
腐りやすいとか。
でも四の五の言ってる場合じゃありません。
竹が必要なのです。

大き目のワンボックスカーを持っている先生が
車を出してくれました。
え?キャリアなし?
ま、何とかなるでしょう。

結構長さのある竹を20本ばかり切らせてもらって、
車に積んで学校に帰る帰り道・・・。

皆さんの期待しているようなことは起こりませんでしたが、
街中を走ってきたのでちょっとばかり恥ずかしかったです。
よく落とさずに運んで来れたものです。

さて、この競技が数年続いたわけですが、
ある年練習中にぽっきりと折れました。
怪我はなくよかったですが、
万が一怪我をさせてしまっては
大事件です。
(バンバン叩いて確かめたのですけれど::)

教訓。
竹は身が締まっている冬に切るべし!

気に留めていただけたなら、
迷わずクリック!^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月30日 (日)

結構イケる?綿菓子屋の野望

こんにちは。
「穀雨」の末候「牡丹華(ぼたんはなさく)」の頃です。
そして次はもう「立夏」。
早いですね。
 
 
 
 

巷ではポテトチップスが話題になっているらしいですが
その話題と逆行するように発売されるのが
「パインアメ味のポテトチップス」
(山芳製菓:130円:5/15発売)
どんな味なのか興味津々であります。
(そりゃパインアメの味だろう)
まあ、スッパムーチョとかもあるので
アリっていえばアリなのかも。
5902dfefcd6d8
ここまでが前フリです。

学校での夏休みのイベントと言えば
納涼大会でした。
(保護者会主催です)
教員も手伝いとして駆り出され
いろんな模擬店を出店します。
(中には芸能活動する先生もw)

私も甚兵衛にタオル鉢巻き、丸眼鏡のサングラスという
怪しい格好で営業いたしました。
担当模擬店は綿菓子屋。

ワタクシ、常日頃から考えておりました。
ありきたりの綿菓子じゃあ面白くない。
斬新な綿菓子を作ってやろうじゃああ~りませんか。

綿菓子はザラメを融かして作るお菓子。
そのような原理なら飴でもできるはず。
支給されたザラメもそっちのけで
コンビニへ走る走る。
(甚兵衛では行きませんでしたよ)

いろいろな飴を買って
試してみました。
殆どは酸っぱみは残るものの
フレーバーが弱い!
そこで採用となったのが
「パインアメ」でございます。

パインアメをビニール袋に入れて
木槌で数回殴ればザラメのようになります。

色こそ黄色くはなりませんが、
もう味もフレーバーもパイナッポー!
とろぴか~るな怪しさに
そりゃあもう、子どもたちは大喜びさ^^

在庫はすぐに切れ、
(パインアメって1個1個が小さいんだよな~)
今度はスーパーに買いに走っておりました。

さてこの綿菓子製造機、
借り物なんです。
いつも分解しお湯できれいに洗ってお返しするのですが、
いつもより念入りに洗ったのは
言うまでもありません。

翌年の担当がポップコーン屋になったのは
匂いが残っていたから?w

追:ポップコーンはチキンライスの素で
チキンライス味にしてみましたよ。
もちろん機械はきれいに洗って・・・。

気に留めていただけたら
応援していただけると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 5日 (水)

面白工作教室

こんにちは。
今日、つばめが飛んでいるのを見ましたよ。
 
 
 
 

これは学校で知った工作です。
(結構目から鱗でした)
工夫次第でいろいろアレンジできますので
ぜひお試しください。

用意するもの
牛乳パック(よく洗ってくださいね。ジュースでもいいですが
スープなどアルミコーティングしてあるものは不可です)
和紙、布など
アイロン
アイロン台
ハサミ
接着剤
以上です。

なんだか簡単そうでしょ?

学校では、コースターを作っていましたので
それで手順を記します。
1折り目が入らないように縦に2センチの幅で
 牛乳パックを切って帯を作ります。(計8本)
2和紙の下に牛乳パックの帯を並べる。
 (アイロン台の上がよいでしょう。)
 帯と帯の間は少し隙間があった方がきれいに仕上がると思います。
3和紙の上にいらないような布を敷き、アイロンをかける。
 牛乳パックのラミネートがくっつき汚れますので、
 いらない布がよいでしょう。
 アイロンの温度設定は高い方がよいです。
 アイロンをあてる時間が短いとラミネートが溶けず
 接着できませんので注意。(和紙の厚みにもよりますが、5秒から10秒くらいでしょうか)
4帯のもう一方の面も同じようにアイロンで和紙を
 接着する。
5縦4本、横4本を編み込む。
 縦と横で和紙の柄を替えるときれいだと思います。
6余った部分を切り落とし、端の重なっている部分
 12か所に接着剤をつけてくっつけてできあがり。
 余った部分を折り戻し、編み目に差し込む技もありますが、
 コースターとして使う場合は、使い勝手が悪くなるので
 お勧めしません。が、同じ要領でかごを作る場合は
 その技を使うと良いですね。

また、帯を細めにして結ぶと箸置きなんかも作れちゃいます。
あとは箱ものですかねー。
うまく作ると接着剤なしで箱を作ることができます。
小引き出しなど作ってもよいかもしれません。

自分で作って写真を撮るとよく分かったと思うのですが、
アイロンがなく(正確にはレンタル倉庫の中と思われる)
かないませんでした。ごめんなさい。

くれぐれも小さいお子様が作るときには
親御さんがついていてくださいね。
夏休みの工作にもいいかもしれません。
それでは。

A1750_000018

クリックしていただけると
とても嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年3月31日 (金)

花束

こんにちは。
昨日はシリアスな記事に
思わず忘れていましたが
昨日頃より
「春分」の末候、「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」でした。
 
 
 
 

離任式のお話をいたしましょう。

たった1か月半弱の勤務でも
3月末までいれば離任式の対象になります。
そのことに少しばかりの
後ろめたさはやはりあります。
それは花束に象徴されていると思うのでありました。

やはり、勤務期間が短いですからね。
恐れ多いという感じです。

離任式は児童生徒と先生方の
お別れの儀式。
終わりはやはりはっきりとしておかねば
と思うので
後ろめたさを感じつつ
休みは取りませんでした。

式までは配属の学級に入ります。

まずはスクールバスが学校に着き
出迎え。

担任している子どもたちがバスから降りてきます。
一人、黄色い水仙を
持って降りてくる子どもがいました。
在職中からよくある光景でしたが、
ちょっと違うのは
手折った花であったこと。

その子はもう一人の担任に花を渡していましたが、
異動対象ではないその先生は
その子に何か耳打ちし
その子は私のところにやってきました。
もしかしたらこれまでで一番嬉しい花束だったかもしれない・・・。
たどたどしい礼の言葉とその花束を受け取りました。

もう一人の子は
登校するなり駆け寄ってきて
そこまではいつもの事でしたが、
いつもより手をつなぎたがる
気がしました。
(いつもは駆け寄ってきた後はすっ飛んでいくような子です)

式はだいたいつつがなく執り行われ
挨拶もしなくて済んだので少し気が楽でした。
(移動の人数が多いための措置です)
そして花束贈呈。
先ほどの駆け寄ってくる子から受け取りました。
後ろめたさはおくびにも出さぬよう・・・。

こうして離任式は過ぎていきました。

やはり、別れの場面というのは
一種独特の雰囲気に飲み込まれますから
私の見た光景にて感じたことは
幻想なのかもしれません。
しかし、それもアリかなと思いました。

卒業式の心情を言葉にすると
「晴れ晴れとしたさびしさがある」とは
どこかで聞いたことがあります。
(ま、卒業式ではないんですが^^)

天気がよくてよかったなぁ。

A0960_000214


気に留めていただけたら
クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

  • Link
    廻り道通信