最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • google
    google-site-verification: google82ddbed4c3575d04.html
  • setting

カテゴリー「教員生活より」の38件の記事

2018年2月20日 (火)

I was tired

こんにちは。
約束通りにね。

そんなにその仕事が好きなら
辞めなきゃいいのに。
そんな声が聞こえてきそうで
先手を打ってみるw

実は周囲の人々には
「50で辞める」と
豪語していた。
でもその時はまるで現実感がなかった。
結果的にまさに50で辞めたわけだが、
もしかして「言霊」のなせる業だったのかもしれない。

なんて、他のもののせいにしても始まらない。
決めたのは自分だ。

とどのつまり、
多分ここに書ききれないくらいの理由が重なって
辞めることにした。
ホント、たくさんの理由があるんだ。

しかし、やはり決定打というものはある。
しかも、異動して1年で辞めてしまうというのは
ちょっと異例のことでもあるのだ。

異動して職場にも慣れた頃、
校長に呼ばれた。
要は役職が上になることについてだったが、
そんなつもりは毛頭もなかったし、
むしろ避けて通りたいと思っていた。

かつてはそれを目指していなかったといえば
嘘になるだろう。
だが、諸先輩を見ていて
つくづく自分はそういう器ではないと
悟ることができた。

その事をこれから毎年打診され続けることに
(ここら辺自意識過剰かもしれない)
うんざりしてしまった。

これが決定打といえば決定打なのだが、
このことがなくても
辞めていたかもしれない。

俺はどうも5月から7月にかけて
精神的にバランスを崩しそうになる。
仕事には関係ないかもしれないと
思いもしたが、
仕事をやめてから調子がいいところをみると
やはり無関係ではなかっただろう。

いつか、本当にバランスを崩す気がしていた。

またそれとは別の理由に
新しいことに取り組みたいと
思っていた。
セルフビルドを含め、そこから始まる
新しい生活に希望を見出していた。
そして、それは体がまだ動くうちでないと
できないと思った。

60で体が動かなくなることはないと思うが、
まず入り口のセルフビルドが
かなり体力を使う。
事実、もう仕事をしながらの
取り組みは無理だった。

今からできれば60まで10年あるし、
全部セルフビルドにつぎ込まなくても
その後の生活にもきっとプラスになるだろうと
考えてのことだ。
(3年経った今かなり苦戦を強いられてはいるが)

他にもまだまだ理由はある。

ただ、辞めることを校長に告げる際、
いくつかの本当の理由と共に
俺はとんでもない理由を掲げた。
それは「介護」である。
確かに親父は介護度が付いているが
それほど大変だとは思っていなかった。
むしろ、同じような状況下にある人には
恐らく働きながらのサービス利用を勧めるだろう。
親父には悪いが
ただの隠れ蓑だったのである。

そこまで言わないと
1年で辞める理由にはならないかなとも
思ったからだ。

1年で辞めるということは
余程その職場が合わなかったという場合が
多いのだろう。
しかし異動した職場は
好ましい印象しかない。
(これは去年非常勤として復職したことが証明している)
しかし、やはり1から築かなければならないことは
やはりあり、
その努力をしていくことに疲れたというのが
一番の本音なのかもしれない。

そんなこんなで
無職のプー太郎になった。
全然後悔はしていない。

仕事を辞めて
自分のためだけの1日の仕事を終えて
見た5月の空は
抜けるように青かった。
C2e580c9bbd01a22c501b7be2a1fb4a1_s



にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年2月17日 (土)

Appreciate

こんにちは。
少し上の評価してみませんか。

もちろん過大評価はダメですが。

俺は小さい頃から体育は苦手で
通知表の評価はたいてい「2」でした。
しかし、小学校高学年になって
長距離走を体育の時間にやるようになって
変わりました。

そのきっかけとなったのは
小6の時の担任の言葉でした。
「丸太はマラソンだけなら4をやってもいいな」
なんだか認められた気になって
嬉しかったことを覚えています。

実際まだそれほどたくさん走ったわけでもないのに
その評価でした。
見抜かれていたといえばそれまでですが、
なんだか魔法の言葉のように
走っていて苦しい時もその言葉がついて回り、
頑張れた気がします。

そのおかげで中学校に入って
マラソン大会がありましたが、
長距離の部で2位になれたことは
良い思い出です。
(注:駅伝の部と長距離の部があって全校生徒まとめての成績ではありません。
実際速い生徒で駅伝の部は成り立っていました)

その言葉だけで中学校も頑張れたかというと
嘘かもしれませんね。

小6の3学期は他の種目もあったはずです。
(他の種目はぐだぐだ)
でも3学期の通知表の体育の欄には「4」が
記されていたのです。

担任の先生は長距離走だけで評価してくれました。
「4をやってもいいな」と言われた時点では
きっと長距離走の実力もせいぜい「3」くらいだったでしょう。
それに、いつも「2」をもらっている子どもが
「4」になったからといって
大会に出られるわけじゃないし・・・。

そんな俺に体育の場でも活路を見出してくれた先生に感謝です。

そんな訳で俺も子どものことは良いところを
見るようにしたいなといつも思っていました。

先生はまだお元気でいらっしゃるだろうか・・・。
3d1097cae8d103d51df8bc03c8a1342d_s


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年2月15日 (木)

Hospitarity

こんにちは。
某ファミレスで散々聞かされた言葉。
(ちょっと噓)

教職員の間には
親睦会というのがあります。
そのための徴収金やら、幹事やら
なんだか余計な仕事が
入ったりもするんですが、
最近では教職員の不祥事に委員会もピリピリしてまして
若かった頃と比べると
飲み会などは自粛ムードが高まってきています。
ま、当たり前なんですけど
ちょっと寂しかったりはしますね。

その代わりなのかどうか
学期の区切りなどには
昼食会をしています。

幹事は大体学年の職員で担当するのですが、
学年主任が幹事長ということになります。

もともとおもてなし好きでかつ人にものを頼むのが
苦手だったりするので
主な手配を一手に引き受けたこともありました。

仕出し弁当の手配、
弁当一つぼんと出すわけにもいかず
デザートや茶菓子、飲み物など用意するわけです。

どの学年が幹事さんの時にも
「ま、こんなもんだろうな」と
(それでも十分旨いのですが)
いった感じで用意していましたが、
俺はちょっと「おっ?」と思われるようなものを
出したかったわけです。

ある年にはまだはしりだった「デコポン」を
出しました。
人数分のデコポンをスーパーで買うには
少し気が引けましたが、
そこは「おもてなしの心」です。

またある年には
これまたはしりだった「安納芋」を出しました。
長期休暇の最終日に
半日蒸し器に付きっ切りだったことを覚えています。

ちょっと「おっ」となって
会話の種にもなって
「今学期も頑張りましょう」という運びとなるわけです。

金をかけずに手間をかける
「おもてなしの心」はちょっとだけ伝わったかなと
俺もその学期、頑張る気になるというわけであります。

本日、スーパーにて「デコポン」を
見かけ、そんなことを思い出しました。
140260a027adcf35ec9af3069cb484a9_s


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年2月 1日 (木)

Delightful

こんにちは。
本日で勤務期間あと2か月である。

何か温かいものを感じながら・・・。

部活で歌を歌っている。
曲は「栄光の架橋」だ。
今週になってやっと決まった歌だが、
来年のこの部のテーマ曲だから
3年生はあまり歌うことはない。

なのに、3年生の女子が
昨夜11時までかかって
歌詞を手書きしてきた。
1・2年生に渡したかったと言う。
彼女は3枚同じ詞を書いたところで
眠りに就くことにしたのだろう。

下級生はそれよりもずっと多いのだが、
その気持ちが嬉しい。
そこで1枚を借り受けてコピーした。
受け取った部員は皆喜んで
練習へと突入していった。

俺も嬉しさついでに
声を張り上げて
歌ってしまった。
うまく音がとれないらしいところは
特に強調した。

部活の顧問は全部で4人。
うち、音楽の先生が二人。
俺が気持ちよく歌っていると
その二人にカラオケ好きがばれてしまった。
てへへ。

なんだか嬉しくなって
ずっと声を張り上げていた。

もし歌声で
さきほどの3年女子のような
嬉しさを届けられるなら
繰り返し歌っているんだろうなと
思った。

ま、カラオケで聴ける程度の
歌声だから
無理か・・・w

そしてふと思った。
なんだか訳が分からないのだけれども
楽しそうにしている人がいる。
周りの者はつられてか
なんだか微笑みになる。

俺はそんなひとになりたい。
9fb7332c666a666d8501a2c7f6dbd2ff_s


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年1月24日 (水)

Bad position

こんにちは。
何が苦手ってそりゃもう・・・。

朝、仕事場に到着し
自席に着く。
朝から軽く憂鬱な気分。
何がそうさせるかって?

仕事したくねーな。とか、
ずっとここに座って仕事ができるわけでもないか。とか、
隣人との相性が悪いとか。
そんな想像は全部はずれだから。

じゃあなんでかってーと
アレがあるんだよ。
俺の席。
電話。

軽く着信音に恐怖症ってヤツ。

しかも朝は欠席の連絡とかで
結構鳴る鳴る。

(早く誰かとってくれ)
と心の中でつぶやく。
1回コールが終わるか終わらないかのうちに
隣から手が伸びて電話をとってくれる。(こともある)
なんだか申し訳ない気持ちになる。

緊張しいには忍耐の席なのだ。
キチンと対応できることは分かっているのに
なぜか受話器がとれない。

1限が始まる時刻になるとホッとするくらいだ。

なので、放課後、俺はデスクで
仕事をしない。
いや、デスクでするような仕事もないのだけれど。
(つまり自席で暇そうにしていることになり
電話番にうってつけなのだw)

それに放課後の電話は難易度が高いのなんのって。
俺にかかってくる訳はないから、
取り次ぎってことになるが
いまだ不慣れな俺は
誰がどこにいるかなんてそんなこと・・・。

と思ったら俺に電話が回ってきた。
「早く書類を提出してください」
と怒られたw
あ~う~。
ますます電話が嫌いになりそうだw

これじゃいかんと
やや積極的に保護者へと電話をかける。
雪で遅くなった生徒の対応だ。

ただそれだけのことなのに
俺にとっては武勇伝w
誰もそうとは思わないだろうけど。
A0001_014556


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年1月11日 (木)

Loose Clipboard

こんにちは。
今使っちょるクリップボードは
しっかりとしています。

入学選考の時期に突入いたしました。
かく言う私も検査監察官。
受験者の評価を記録するのに
クリップボードは必須なのです。

それはもう10年くらい昔の話・・・。
気圧配置は西高東低。
寒く風の強い日でした。
受験生はそれでも元気いっぱい、
日頃の成果を出すために
ちょっと力が入っちゃってる人、
いつもの通りにのほほんとしている人
など様々でしたが、
どの顔も真剣そのものです。

公正に試験は行われます。
記録も誤りがあってはなりません。
また、進行内容もあらかじめ決まっていて
その通りに進めないといけません。

記録用紙と進行表をクリップボードに挟んで
受験者の様子を逐一見逃さないようにして
試験は進行していきました。

屋外の試験では、
あまり動くことの無い
試験官は寒さに凍えながら
それでも受験者の様子を
記録しておかなければならないので
まあ一つの苦行でもありました。

その時に一陣の風がぴゅううう~っと
吹きました。
あわや私の記録用紙やら
進行表やらが風に舞います。

まず頭に浮かんだのは
「試験内容漏洩」
の6文字!

しかしそんなことはお構いなしに
紙は風に舞っていきます。

慌てて紙が校外に出ていこうとするのを
阻止して事なきを得ましたが、
なんだか変な汗をかきました。

今でも思い出すと笑っちゃいますが、
それからというもの
クリップボードのチェックは欠かさないようになりました。

そういえば、クリップボード、ばねが緩かったんだよなあ・・・。

全国の試験監督官の皆様。
最近「漏洩か!」などと
いうニュースも目にします。
今一度、クリップボードの点検を!
A0002_010525


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年1月 3日 (水)

Keep Your Smile!

こんにちは。
昨日はつーかーれーたー。

でもよかったです。
まだまだ拙いものとはいえ、
文章を書き続ける力は
私にまだ残っていた!
と再発見いたしました。

で、肝心の週更新頻度の方なんですが、
0.1ポイント上がりましたよ。
やったぜ。(6.6回から6.7回に!^^)

というわけで本題です。
最近はめっきり聞かなくなりましたが、
以前車に乗っている時は
FM、それもBay FM一点張りで聞いていました。
朝の通勤時には月曜と火曜のパーソナリティーさんが
「Keep Your Smile」と事あるごとに
言っているのを聞いて、
「(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪そうだよな」
と頷きながらSmileの補給をしていたものでした。

そしてもうすぐ3学期が始まります。
この時期は卒業学年の子どもたちが
卒業アルバムを作る時期でもあります。
そして私にも授業や部活で関わっている
3年生がおりましたもので
依頼とやらが舞い込んでまいりました。

個人的に送る言葉もありますが、
卒業生全体に向けて送る言葉もあります。
Bay FMを聞くようになってから、
いつも同じ言葉にしています。

それが
「Keep Your Smile」なんです。
日本語で言うと照れがある。
「これ、どういう意味?」
と聞いてくる生徒もいて
去り行く者とひと時のコミュニケーションがとれたりします。
そんなこんなも含めて
「Keep Your Smile」なのですが、
自分自身それを忘れていることも
やっぱりあります。

いろんな進路に進み、
頑張ろうとしている
子どもたちと一緒に
自分に対してもきっと
エールを送る気持ちで
こんな言葉を
送っているのだなあと
改めて思いました。

だから今年もその時期がやってきたので
多くを語らず
この一言を送ろうと思います。
A1130_000131jpg


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年12月20日 (水)

性格の悪い臨時教員

こんにちは。
あまり人通りの多いところに行けなくなってますが
街にはクリスマスイリュミネーションが
瞬いていることでしょう。

さて、仕事の期間ですが
さらに3か月延長となりました。
つまりは年度いっぱい。
また、送別会などに駆り出されるのでしょうか?
それだけが憂鬱です。

「臨時教員には送別は必要ない!」
また来るかもしれないし・・・。

そんなこんなですが
今のところ
生徒にはまだ伏せてありますので
みんな12月で終わるものと思っているはずです。

こともあろうになんとなく軽くブルーになっている
生徒が一人はいそうです。
着任からひと月たったくらいで
「先生、ずっといればいいのに」
と冗談交じりに言った生徒です。
冗談で返しましたが、
内心嬉しいものがありますね。

着任して早々に
かなり重要な行事があったのですが、
その時に直接かかわった
からかなと思っていますが、
なかなかにいい性格をしていますw

なので、いつもなら内緒だよと言って
教えてしまうところですが、
その性格に免じて
黙っていようかと思います。

たぶん嬉しいなどとは言わないでしょうが、
顔にすぐ出るかわいいヤツです。

その顔が見たいがために
黙っている。
何とも性格の悪い臨時教員でございます。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年11月 2日 (木)

ゆるキャラの至らぬ介添え人

こんにちは。
関東地方のどこやらで
逆さ虹が観測されたようですよ。
 
 
 
 

11月と言えば文化の香り。
文化祭の真っただ中であります。
母校の大学祭も1~4日までという日程ですが、
社会人になってからというもの
足を踏み入れたことはありません。

なぜなら、勤務校の学校祭も似たような時期で
準備におおわらわだからです。

さて、特別支援学校の学校祭。
各学校で思い思いの名前がついておりますが、
なかなかに準備が大変です。

私も何度か責任者をまかされましたが、
目玉企画をひねり出すのがいつも大変です。
何といっても予算はほぼ0円なのですから。

ある学校では、ポニーを借りて乗馬体験ができるようにしました。
(さすがにこれには輸送費ぐらいは出してもらいましたが、
オーナー様にとってはほとんどボランティアみたいなものだったでしょう)

ある学校では、ゆるキャラの出演をしてもらったこともあります。
そう、千葉県と言えば、「ふなっしー」・・・ではなくて
「チーバ君」です。
(残念ながらこの時は責任者ではなかったです)

翌年、またもや「チーバ君」の出演交渉をしましたが、
その年はアクアラインマラソンと重なり、
出演不可能。

そこで学校所在の自治体のゆるキャラに出演してもらうことになりました。
出演条件は目覚めるところを見せないこと。
そう「中の人などいない」のです。
あと「しゃべっちゃいけない」とも。

私はそのゆるキャラの介添え人の役を仰せつかりました。
一番の難所はやはり段差です。
幸い、その学校にはエレベーターが付いておりましたので
ゆるキャラ様、余裕で1階から2階、2階から1階と
軽快なフットワークを見せてくれました。

ところが、落とし穴は他のところにあったのです。
それは・・・昇降口の段差。
愛想を振りまいたままバランスを崩してしまいました。
これも見た目の重心と実際の重心が違う故でございましょう。
(ん?実際ってなんだ?)
ああ、私が至らぬばかりに・・・。

しかし、そこはゆるキャラ、
表情一つ変えずに
許してくれました。
さすがにプロでございます。
でも、「痛っ」と声がしたような、しないような。

さいわい怪我もされず
その後の
「一緒に写真撮影会」の
メインイベントも立派にこなしていただきました。
学校祭も盛況のうちに終えることができましたとさ。
A1130_000131jpg
<お詫び・チーバ君には著作権があるので画像を載せることはできませんでした>

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年10月24日 (火)

恋チュン、妖怪第一ときて次の試練はw

こんにちは。
台風が過ぎた後の空は
2割ほど空の青さが増している気がします。
 
 
 
 

どこやらの新党よりも短期決戦です。
あと2日しかないのです。

さて、何かと職場でダンスを踊る羽目になっている
私ですが、
以前、「恋するフォーチュンクッキー」
「妖怪体操第一」と果敢にも
挑戦してまいりました。
振りは簡略化されたものの
覚えるには並々ならぬ努力をし、
なんとか人様の前で踊るまでになりました。

そして第三の刺客の登場です。
それが旬をとっくに過ぎたと思われる
「恋」でございます。
恋ダンスと言った方が通りがよろしいでしょうか。

生意気にも今回も部活動などを担当しておりまして、
それが音楽関係の部活なのです。
しかし、この私楽器はまるで何もできない能無し。
せめて役に立たないなりにも
ついていきたい気満々でございます。

折しも生徒たちの発表の場があるとかで
例年ダンスをしているとあらば、
針の穴ほどの小さな穴から活路の光が差したようで
またもや飛びついてしまったという次第なのでございます><

私が披露するわけではないのですが、
そこはほら、感動はやっぱり共に味わいたいではないですか。

ここで一抹の不安。
なんと「恋ダンスやってみた」自粛のお願いがビクターさんから出ているではありませんか。
YouTubeで特訓だと息巻いておりましたが、
早くも挫折か・・・
と思いきや、まだまだあるではありませんか。
(ナケレバヨカッタノニ・・・w)

しかし、難しいです。このダンス。
細かい動きとあまり繰り返しがないところが><
ダンスを覚えるにあたり、
普段運動らしきものをしていないため
さぞかし汗をたくさんかくと思われましたが、
出るのは冷や汗ばかりでした。

ここで方針を変更。
覚えられるだけのところまでにしておいて
あとは「いえ~い」で
ごまかそうと思います。
楽しそうにさえしていればなんとかなるさ。

老体に鞭を打つなと
お医者さんもきっとそう言っています。
(ソウニチガイナイ!)

こんなの踊れなくても死にはしないさ。
(完全に負け惜しみw)
いや、なまじ踊れたら踊れたで恥ずかしくなって死んでしまうかもw
A0780_000555
応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

リンク

  • Link
    廻り道通信