最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

カテゴリー「その他」の24件の記事

2017年8月11日 (金)

レッツ 日本大移動

こんにちは。
ご心配をおかけした
トリマー、見つかりました。
それも2つ!
なんで2つあるんだろ?w
 
 
 
 

お遊びでこんなことをやってみました。
(暇人w)
「日本地図を人口で置き換えてみた」
元ネタは「カラパイア」さんで見た
「世界地図を人口で置き換えてみた」です。

人口に比例して都道府県の面積順に割り当てたらどうなるか?
というものです。
早速ご覧ください。
20150403_23572634232_fjpg

「世界地図~」では日本はスーダンの位置になります。
当然ですが、国土面積は増えます。
アメリカはアメリカのままですが、
日本に置き換えた場合、
佐賀県が同じ位置になりました。

あなたはどちらにお引越し?
想像するの楽しくないですか?
たまにはこんなお遊びもよろしいのではないでしょうか^^
(画像処理に時間がかかったので今日は文章短めですw)

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月 4日 (金)

最近の記事の補足集(初めて読む方でもわかるように書きます)

こんにちは。
そろそろサギソウの便りが聞こえてくるはず。
 
 
 
 
リンクを貼っておきますのでよろしかったら読んでみてくださいね^^

「【野の花教室】農家の敵だが食べられるゾ・第7回スベリヒユ」より

先日、記事にできなかった分を本日おまけとして
お届けします。

<スベリヒユの伝承>
中国のお話です。
昔々太陽は10個ありました。
10個もあるものだから、
暑くて仕方ありません。
そこで神様は弓矢で9個までの
太陽を射落としました。
射る前に10個目の太陽は隠れてしまい、
世の中は真っ暗になりました。
その時太陽をかくまったのが
スベリヒユだと言われています。
太陽は恩義を感じ、
それ以降どんなに太陽が照っても
スベリヒユは枯れることがないようにしたのだとか。

確かにスベリヒユはこれでもかというくらい乾燥に強いです。
前回のサギソウと違ってずいぶん勇ましい話ですね。
Dsc02408jpg

「キュウリのキューちゃんできるかな」より

あまりにもうまくできたので、
昨日2回目のキュウリのキューちゃんを作りました。
前回との変更点は、
一味唐辛子にかえて鷹の爪を使ったこと。
キュウリが厚切りだったのを8㎜くらいにしたこと。
の2点です。
今朝、見るとやはり醤油がしみて出来上がっています。
やはり、1回目よりも美味しい気がします。
Dsc02608jpg

「トリマーは何処?」より

「トリマーって犬の?」というコメントを多くいただきました。
そこで急遽「こっちのトリマーを知ってもらう推進委員」としてw
トリマーの紹介をいたします。
これがトリマーでの仕上りです。
A1180_008405jpg

あ、間違えた(汗、、)
こちらがトリマーです。

このトリマー、刃(ビット)を替えることで、
いろいろな形の溝を木材に掘ることができます。
こんなのとかこんなのとか・・・。
Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4
使いこなせれば、名前を掘ることもできちゃいます。

だからドアを作るのに使うとなると、
装飾か?と思われるかもしれませんが、
ドリルで開けた穴は丸いため、
要らないところを削り取るために使います。
(ノミって手もありますけどね)

しかしこのトリマーという道具、
刃が高速で回り、剥きだしですので
危ない工具でもあります。

「ファミレスのバイトで覚えたこと」より

あ、そうそう、Rホストで「35年目のカレーフェア」やってますよ~。

さて、4記事ほど補足してみました。
いかがでしたでしょうか。

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※最後にお願い
いつも応援していただいてありがとうございます。
そこで誠に勝手なお願いなのですが、
スマホで本ブログをご覧の方。
ちゃんと見えていますでしょうか?
どうも、応援ポチ(にほんブログ村の方)が
点数に結びついていないようです。
せっかくの応援を無駄にしたくないので、
もしできましたらば、
スマートフォン版でなく、
PC版でポチを押していただけると
とても嬉しいです。
無理にとは申しません。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年7月20日 (木)

【梅雨明け・納涼】本当にあった学校の不思議な話

こんにちは。

まずたぶんこの話、怪談に属します。
苦手な方は回避することをお勧めいたします。
得意な方はあまり怖くないので回避することをお勧めします。
あれっ?じゃあ誰が読むんだ?w
ただ、真昼間の出来事とはいえ説明のつかない話ばかりでございます。

第1話 恐怖のミルク
それは私が中学生だったころの話です。
給食には給食当番と牛乳がつきものでございます。
私にも給食当番が回ってきました。
みんなが食べ終わって牛乳瓶を片付けに行った時のこと。
突然女子の叫び声が聞こえました。
「キャアアアアアア」
見るとその女子のスカートの中から
(そこ!変な想像はやめたまえっ!w)
牛乳(瓶じゃなくて中身)がジャバっと落ちてきたのです。
その女子は泣きながら走って去って行きました。
残されたものはボーゼンです。
なんだったんだろ、あれ。

第2話 決して覗いてはいけない(別の話
それは私が小学生だったころの話です。
小学校の体育館は不思議な造りでした。
舞台裏が地下通路になっていて
ちょうどその真ん中に四角い穴が開いていたのです。
その穴は決して覗いてはいけないと言われていました。
しかしそう言われると見たくなるのが人情w
でもそんな人情をもっていても怖いものは怖い。
何の必然性もなくみんなそこを通ろうとするのですが
駆け抜けて誰も穴など見やしない。
でも勇気ある一人の少年がその穴を覗きました。
(もちろん私ではないw)
見てきた後少年は友だちに
「あっちから覗かれた」と話しました。
後で先生に聞いた話では
誰かがいたずらで鏡を置いていたと
話してくれました。
まだあるのかな?あの穴。

第3話 すり抜けた男
ここからは教員になってからの話。(初任校)
夏休み中のこと。
一人で仕事をしていて疲れたなー
と思ったらちょっと気が遠くなりました。
(こらっ)
するとトイレで水を流す音。
寝ぼけまなこで辺りを見回すと
何やら人影が・・・。
ロッカーと壁の間に入っていくのが見えました。
「あー○○先生か~」
「ん?ロッカーと壁の間?」
そうです、人の通れる隙間などないのです。
もちろん他に誰もいませんでした。
念のためトイレを確認しに行くと
便器にはこう書いてありました。
「人がいなくても水が流れることがあります」
数日後、私が学校に置いておいた
ワープロがなくなっていることに気付きました。
だれが持って行ったんでしょうね。

第4話 現代的な怪談(これは怖いかも・・・)
今や学校にはセキュリティシステムが当たり前になっています。
そしてこれは教頭先生が朝の打ち合わせで話したことです。
教頭先生の業務の中に最後の見回りというのがあります。
きちんと施錠されているかどうか見回りをするのです。
翌日、打ち合わせで「窓が開いていた箇所があります、施錠を心掛けましょう」
と言われるのですが、その日は様子が変でした。
「昨夜、セキュリティ会社から連絡がありました」
「セキュリティをかけた後何者かが侵入したようです」
「異常がないか調べてください」
とのことでした。
システムでは侵入経路が分かるようです。
後でその話が伝わってきました。
「その侵入者は○○から入ったらしい。
そして食堂の(かなり広い)真ん中で反応が消えた。」
という報告がセキュリティ会社から入ったそうです。
教頭先生は施錠は完璧で○○も鍵が締まっていたと言います。
そして何より不思議なのは部屋のど真ん中で反応が消えていること・・・

いかがでしたでしょうか?
涼しくなりましたか?
この手の話、伝え聞きなものならまだまだあります。
それはまたの機会に・・・。
A0800_000261jpg

応援していただけると
嬉しいです。
 


 


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月17日 (月)

セーラー服を着せないで

こんにちは。
東京湾にクジラが来たって?
 
 
 
 

最初はセーラー服のダイレクトメールでした。
これが就職期の新卒女子就職ガイドまで続きます。
(その後はとんとなくなりましたが)
セーラー服のダイレクトメールが届いたときには
内心怒りましたが、
何度も続くと
「またか・・・」と
諦めの境地です。

どうも、名前(本名)の女子力が高いらしい。

いいこともありました。
振り込め詐欺の類の電話は
実家に掛かってきたことがありません。
(知らないだけであるのかもしれませんが)

職場がらみの名簿はそこら中に出回っているようで
それを見て掛けてきているらしいです。
(職業柄、この上ないターゲットらしいと聞いたことがあります。
実家の電話番号の項目はないのにどうやって調べているんでしょうかねえ)
いつの頃からか
この名簿に記載する住所や電話番号を
皆さん省略するようになりまして
私もそれに倣いました。

若い頃はこの名前が軽く嫌でした。

もっと前にはロンパールームという幼児向け番組の
「鏡よ鏡よ鏡さん」のくだりで
妹の名前が呼ばれた日には嫉妬を覚えたくらいです。
(ついぞ私の名前は読んでもらうことはありませんでした。
見ていた限りではw)
妹の名づけのときの名前候補にもちょっと当時にしては
ぶっ飛んだものがありましたが
それにならなくてよかったと
彼女は胸をなでおろしていましたっけ。

大学時代は代辺なるものが横行していましたw
生物学の教授は
ついに名前を憶えてくれなくて
講義が終わるまで(半期だったと思います)
女子だと思われていたふしがあります。
なので、代辺などはできないなぁと思っていました。

とはいえ
大人になってよくよく自分の名前を
眺めれば、
名字から名前までで
きちんと意味の通る
ものになることを
発見して
そこまで狙って考えたのかどうかは別にしても
自分の名前に誇りまで覚えるようになりました。
改めて感謝です。

あとは名前負けしないようにこれからも生きていかなくてはですね。

取り敢えず、セーラー服を着ずに済んでよかったですw
C52b9fc8f2db3a02f332e607c8d78b5e

この記事に最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
よろしかったらクリックしてくださいね^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月14日 (金)

4月生まれは損?得?

こんにちは。
本日頃より「清明」の末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」です。
本日も最後までお付き合いいただければと思います。

 
 
 
 

唐突ですが4月生まれです。
プレゼントは前後6か月受け付けています。

小学校入学時に4月生まれは生まれてから約84か月経っています。
それに比べて3月生まれは約73か月です。
生活してきた時間の差は13%もあります。
これを単純に18歳に置き換えると
4月生まれ=18歳、3月生まれ=約14歳となり
その差が大きいことが分かります。
(実際はそんなに単純なものではないのですが)
つまり、4月生まれはアドバンテージがあるわけです。

先ほどの計算を4月生まれの18歳時を実際の歳で計算すると
4月生まれ=216か月、3月生まれ=205か月となり、
生活してきた時間の差は5%にまで縮まります。
つまり4月生まれは生きてきた経験を生かすという観点では
逃げ切り先行型となります。

まあ、生活してきた環境などの
諸要素はありますから、
一概には言えないとは思いますが、
影響は多少あると思うのです。
これを得と考えるのか、損と考えるのかは
人それぞれだと思いますけれども。

それではかなり時間が経つとどうでしょう。
私は定年までは勤めませんでしたが、
教員の定年は年度で切り替わるので、
実際は60歳の誕生日を迎えた年度末が定年退職となります。
4月生まれは60歳になってからほぼ1年働くことができるわけです。
ポジティブに表現していますが、
誕生日を迎えてあと約1年も働かなくてはいけないと思うのか
あと1年も働けると思うのかは
また、人それぞれでしょう。
ま、教員だけですかね。だからピンポイントでもあります。

と、ここまで書いてきて、生まれ月によって
損得はないという結論に落ち着きそうですが
絶対得をする場面があります。

4月といえば新しい出会いの月。
当然、自己紹介をすることが多い月です。

4月生まれは自己紹介で誕生日の言及をする場合、
祝ってもらえることが多いですw
(4月上旬だとちょっときついかも)

大学入学時が顕著でした。
一浪した私は
大学生になってすぐ20歳の誕生日を迎えました。
20歳とはアルコールが飲める歳です。
誕生祝いに新しい友とビールで乾杯ができたのです。
だからというわけではないかもしれませんが、
それで交友関係も増えたと思っています。
(実際の誕生日はそうはなりませんでしたが)

さて、4月生まれの諸君!
このチャンスを逃がす手はありませんぞ!
(すっかり自己紹介の機会もなくなった50代のおじさんよりw)
A0006_000216

ちょっと気になったら
クリックしてみましょう。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 1日 (土)

歌の花束を(渡辺美里さんの曲より)

こんにちは。
ちょっと遅くなっちゃいました。
 
 
 
 

ユーチューブの動画は貼れませんが、
(技術的な方法は知っていますが貼っていいものかの区別がつかないのです)
及ばずとも、言葉を使っての
紹介をさせていただきます。
本来は桜ソングのつもりでしたが、
花は全部取り上げてみたいと思います。

全部で8曲ありました。
やはり代表的なものは
「桜の花の咲くころに」(1991年)ですね。
アルバム『ribon』の3曲目です。
つまりはシングルカットされていないんですね。
同じく桜が登場する
「卒業」(1991年)『rucky』はシングルで出ているのですが
人気投票するとこちらの方が上になるという・・・。
いかにアルバムアーティストだったかがわかりますね。

私の一番の気に入りは
「Life」(1996年)です。
アルバム『Spirits』の11曲目です。
このアルバムは全曲大好きで
もし無人島に持って行くとしたら
真っ先に持って行くと思われます。
しかし、この一つ前のアルバムくらいから人気に陰りが出てきていて、
知らない人も多いのかなと思われます。

ちなみに「さくら」という文言は出てきません。
「薄紅色の花びら」ですから、桜に間違いないと思われます。
美里さんの曲は桜を悲しいもの、儚いものととらえている
のが多いのですが、
この曲はそれだけではなく、未来への希望も込められている
気がしています。
「あともう少しだけ頑張ってみるよ」
の箇所にいつも勇気をもらっていました。

他にも
「はじめて」(1993年)『BIG WAVE』
「もっと遠くへ」(2000年)『Love Go Go‼』
「風待草~かぜまちぐさ~」(2007年)『ココロ銀河』
「シンシアリー」(1995年)『She loves you』
「その手をつないで」(2007年)シングルのみ
があります。

ひまわり

全部で7曲ありました。

代表的なのは
「すき」(1989年)『frower bed』(シングル化)でしょうか。
これはキーボードで弾きたくて
楽譜を買った覚えがあります。
イントロで挫折しましたがw

この他の曲もそうなのですが
美里さんの詞はまるで映画を見ているような
表現が多いという論評を読んだことがあります。
花は出てこないのですが「Pain」(1996年)『Spirits』などは
まるでパノラマを見ているかのような箇所があります。

夏の情景にやはりひまわりが似合いますね。
ご本人、夏生まれなのでひまわりも多く登場しています。

他には
「たった一度の人生だもの」(2000年)『Love Go Go‼』
「東京生活」(1996年)『Spirits』
「マイセルフ」(1998年)『ハダカノココロ』
「真夏のサンタクロース」(1994年)『Baby Faith』
「LOVE IS HERE」(1996年)『Spirits』
「風待草~かぜまちぐさ~」

あとは
コスモス
「I wish」(1994年)『Baby Faith』
「はだかの気持ち」(1991年)『Lucky』
の2曲
バラ
「風待草~かぜまちぐさ~」(2007年)『ココロ銀河』
「Kiss from rose」(2008年)『Dear My Songs』
「Boys kiss girls」(1990年)『tokyo』
「メリーゴーランド」(1992年)シングル『Song is beautiful』
「やるじゃん女の子」(1989年)『frower bed』
の5曲
以降、1曲ずつです。
はまゆう「十六夜の月」(2000年)『Love Go Go‼』
すみれ「画用紙」(1991年)『Lucky』
グラジオラス「グッときれいになりましょう」(1996年)『Spirits』
レンゲ「Tokyo Calling」(1988年)『ribbon』
ほおずき「夏だより」(2007年)『ココロ銀河』
チューリップ「やるじゃん女の子」(1989年)『frower bed』

そして何度か登場している「風待草~かぜまちぐさ~」(年)『』この風待草というのは
梅の事なんですね。「梅」だと演歌になっちゃいそうですが、
「風待草」だとJポップになる。
穏やかな中に芯のある素敵な曲です。

さて、渡辺美里さんの曲の中から
花が登場するものをピックアップしてみましたが、
最近のアルバムはちょっと聞きそびれているので
もっとあるかもしれませんね。
印象でしかありませんが、
桜からバラへ。
デビューから最近に至るまで
そんな変遷を遂げている気がします。
(花の登場回数ではなくあくまでイメージですが)
元に戻ってほしいとは思いませんが、
桜やひまわりの方が好きだなぁ。
そんなことが遠ざかっている理由なのかもしれません。

A1370_000431


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年2月28日 (火)

丸太家のルーツ(母方編)

こんにちは。
2月も今日で終わりですね。
 
 
 
 

家の周りに用水路があり、
その水の流れは澄んでとてもきれいでした。
夏にはホタルがサッシにやってきてぼうっと光る。
朝は山鳩の鳴き声で起きました。
母の実家は昔からの農家でした。

しかしこの家系とても不思議で
1代おきに跡取りが娘でありました。
いとこは女の子しか生まれず、
その親の叔父が直系、
祖母は婿取り・・・。
というふうに
ほんと1代おきに男の子が生まれない家系なのだそうです。

そして、男の子が生まれると
その男の子は必ず呑兵衛で
持っていた土地を
減らしたと聞いています。
(例外は叔父だけだそうです)

長閑な土地で長閑な話が伝わっています。
ある年、どうしても田植えが追い付かない。
困っていた翌日、きれいに田植えが終わっていた。
ふとお地蔵様の足元を見ると
泥で汚れていたと・・・。

農繁期で決して長閑とは言えないだろう時期でしょうが、
そんな話が伝わっているところが長閑だなあ。
と思わせます。

父も母も戦時中の子どもでしたから
兄妹が多く、
私からすると
叔父、叔母、従兄弟が多くいることになります。

不思議なことに
移動を続けた父方の方の親戚は
殆どが北海道に残っているようです。

それに引き換えずっと農家だった
母方の親戚の方は
割と広く散らばっています。

それでも
北海道は遠く、
母が亡くなってからはそちらの方も縁遠くなってしまいました。

先祖に会って来ようと思ったので、
2年前の秋に墓参りに行ったわけです。
 
 
 
 
もしお気に召されたなら
応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年2月27日 (月)

丸太家のルーツ(父方編)

こんにちは。
めっぽう寒かったです。
 
 
 
 

聞きかじりですので
長い年月のうちには
誤った情報が含まれるかもしれませんが。

父方の先祖は大元を辿ると神奈川県だと言われています。
一応武士だったようですが、
(一応家紋は武家のよく使う紋で、遠山の金さんと同じです)
新潟県に移り住み家を火災で焼かれた頃に
明治維新となり、家系図も焼失したとされています。

そこで士族だということを証明するものがなく
(ここら辺、ちょっと訳が分かりませんが)
北海道行きになったようです。
曾曾祖父だか曾祖父が屯田兵だったと聞いています。

祖父は半分山師のようなことをしていて、
北海道に金脈があるというのをうのみにして
そこらじゅうを探して歩いていたと聞きます。
祖母はそのため苦労したと
母から聞いています。

聞いた話では
曾祖父の本拠地は網走だとの話でした。
分家筋の祖父の代で札幌近郊の
開拓を行ったようです。
父も小学生の頃から
開拓を手伝わされていて
学校もろくに出ていないと話しています。

つい最近祖父の住んでいた所に
家の姓が含まれているので
聞いてみるとやはりうちの先祖が
開拓したためその名が付いたとの話でした。
(ちょっと誇らしいw)

先祖代々、移住をし、土地を開いていく。
そのスピリットが現代の私にまで影響しているのかな
と思うことがあります。

さすがに今日、開墾をしたからといって
自分の土地になることはありませんが、
山の中で鍬をふるっていると
何分の一かでも
同じ気持ちのつもりになっていることがあります。

 
 
 
よろしければ
応援をお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 2日 (月)

収穫用コンテナって素晴らしい

こんにちは。
確実に正月太りしそうです。
 
 
 
 

今は450円しないくらいでしょうか。
収穫用コンテナにはよくお世話になっています。

引っ越しの時にとっておきたい本を詰め込んで
今は貸倉庫に眠っていますし、
現場での作業の合間には
ひっくり返して椅子にもなります。
段ボールよりは高いですが
丈夫です。
ふたはできませんが。

バイクにつけるリアボックスを考えたときに
これが浮かびました。
実は、このコンテナ、
カラーバリエーションもあるのです。
さすがに主に売られている黄色では
ちょっと気恥ずかしい気がして、
違う色を選びました。

取り付けは簡単です。
金具とボルトで
しっかりと固定しました。
取り付け用金具なのに
本体のコンテナよりも
値段が高かったことは内緒です。
それでも純正のリアボックスを付けるより
ずっと格安です。

カブにコンテナ、
田舎のおっさん装備で
おしゃれのおの字もありませんが、
収納力抜群。
とても重宝しています。

今日も冷たい風を切って
買い足しの餅と、稲荷ずしを
積んで走りました。
(なぜ稲荷ずしかというとあっさりしたものが
食べたくなったからです)
E74d928b76ef155159c6af3e7fa22f73

よろしければ
ボタンを押していきませんか。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2016年12月25日 (日)

映像作品としてのPV

こんにちは。
散歩でも一番遠くまで行くコースの時は
汗をかくほどです。
 
 
 
 

以前からよくカウントダウン番組で
PVだかMVだかをフラッシュで流すのを
よく見ていたが、
自分でも同じようなものが作れないかと思う。
自分で楽しむものだから
技術なんて付け焼刃でいいと思うが
音楽や映像のデータを集めるのが
一苦労だと二の足を踏んでいる。
音声だけなら200曲つなげたものを作ったことがあるのだが。

閑話休題。
最近欅坂46のPVをよく見ている。
「二人セゾン」は調べてみるとお台場から幕張にかけて
撮影されたらしい。
歌っている女の子たちも素人っぽさがそこここに
見られるがバレエっぽい動きとか
階段でのダンスとかは
見る者に何かを感じさせるものがあるのではないだろうか。

特に気に入りなのは終盤メンバーがかたまって手を伸ばして
下からばばっばっと掌を広げて最後に一番上の掌が
太陽の光と重なるところ。
音ともシンクロして見事だと思う。

またその一つ前の
「世界には愛しかない」のPVは
風力発電の立ち並ぶ場所がロケ地だ。
北海道は上川らしい。
他にもMr.Childrenの「Tomorrow never knows」
などのPVにもあるような
パノラマ的に俯瞰するような映像が
宙を滑るように映されていく。
そんな映像がとことん好きなのだと思う。

音楽が
こんな映像をないまぜにして
楽しめるようになったのは
いつ頃からの事だろう。

同じ時を歩んだアーティストたちは
すっかり落ち着いてしまい
リリースも思い出したようにされている今、
昔の音を聞きながらも
こんな楽しみ方もしている。

とにもかくにも上川には行かなくちゃだ。

A0002_003061


もしよろしければ
ボタンをぽちっとクリック!


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

  • Link
    廻り道通信