最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • google
    google-site-verification: google82ddbed4c3575d04.html
  • setting

カテゴリー「旅」の54件の記事

2018年6月15日 (金)

気合いを入れて行く昔からある場所

こんにちは。
歴史が苦手な俺でも
神社仏閣の類を訪れるのは好きなんですよ。

歴史にはまるで無頓着なので
由来とかはまるで
感心がないのですが、
神社に行くことは好きです。

こういう神聖な場所に行くときは
前の日くらいから
気合いを入れて
風呂でも念入りに体を洗ったり、
大抵休日ですけど
平日と同じように身なりを整えます。

中でもすごく雰囲気がいいなあと思うのは
鹿島神宮です。

やはりこの場所に神社があるのは
昔から決められたことのように
厳かな空気感がありますね。
太古から我々を見ているであろう
樹々を巡りながら
歩くのが好きです。

もう付き合いもかなりな年月になりますから、
震災で鳥居が倒れたのを目の当たりにしたことや
厄除けをここで行ったのも
思い出として刻まれている場所でもあります。

車につける交通安全のお守りも
ここでいただいてきています。

友だちもここで交通安全祈願をするようで
どうするのか聞くと
少し外れたところにある
池の水を車に掛けるんだそうです。
今度してみようかなあ。
Bd6623cef8e0e74fea086533713dba9a_s

そういえば正攻法で行くと
ここの表参道の駐車場に停めることになり
500円(だったかな)いるのですが、
この池の近くに停めると
いくら停めてもタダであることは
内緒ですw

しかしこういう昔からあるような場所は
なかなか車椅子だときついものがありますね。
本殿まではなんとか行けるのですが、
樹々が鬱蒼と茂る道の方には
なかなか足が進みません。

まあ、車椅子を押していると
あの雰囲気を堪能するというわけにはいかなくなる
というのもあるかもしれません。

こう雨が降ると
仕事もままならなくて
どこかへ行こうとも思うのですが
ここはやはり晴れた日に行きたいものです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年6月 7日 (木)

それってキャンプ?

こんにちは。
bBオープンデッキはキャンプ対応車でした。
To_s119_f001_m001_2_ljpg

姪っ子がまだ小さい時、
俺は帰省するたびに人気者でした。
姪っ子に。

正確にいうと俺の車が目当てであったようです。
帰る度に車に乗せてとせがまれ
乗せるのですが
彼女はそれだけで満足しません。

オープンデッキの部分に乗りたかったんです。

危ないからダメと言っても
そこはかわいい盛りの
姪っ子には負けてしまいました。

田舎の車通りのない道を
姪っ子を乗せて
軽トラックよりももっと
荷台の狭いところに姪っ子は
乗って満足そうでした。
冗談で
「ドナドナ」でも歌ってやろうかと思いましたがw

さて、そんな姪っ子と
どういう経緯か忘れたのですが
やはりその車で
キャンプをすることになりました。

天幕も仕様のものがあるので
キャンプができるにはできるのですが、
リッターカーに毛が生えたぐらいの
広さしかない車です。
外側に少し広げるような仕様にはなっていますが、
それでも大した広さにはなりません。

事もあろうにそのキャンプには
親父殿もついてきちまったので
みんなそうだと思いますが
寝た気などしはしません。
寝返りもうてないほどでしたから。

そう、飯も食わず、
寝に行っただけの
キャンプでした。

一応、その場所はキャンプ場でしたけれど。
果たして姪っ子は満足したのでしょうか?
今ではもう立派な大学生です。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年6月 3日 (日)

自転車旅の思い出

こんにちは。
借りた自転車で遠出。
Fb6a01593a8176d9a38dcc5fbb923651_s

まだ学生の頃、
1年に1台の自転車を盗まれていた。
そんな盗まれて自転車がなかった
時の話。

友だちはちょっと変わった自転車をもっていて、
ペダルを逆に回すと
ブレーキがかかる仕組みの
自転車を時々乗らせてもらっていました。

自転車がないと言うと
快く貸してくれ、
少しの間使っていたものでした。

いつも休日になると
どこか遠くへ行きたくなって
その時原チャリがあったのかなかったのかは
よく分かりませんでしたが、
その自転車で2回ほど
遠出をしたのを覚えています。

1回は恐らく姉崎から鴨川へと向かう道を走りました。
途中、橋桁を工事しているような場所に出て、
「あれ?千葉にも川原があるんだ」と
思ったことがあります。
車に乗るようになってからも
何度もその道を走っていますが、
そのような景色のところは
見ることがなく、
あれは何だったんだろうと
まるで異次元にでも入り込んでしまったかのような
感覚を覚えてしまいます。

2回目は内房を木更津まで。
木更津に着いた途端、
自転車がパンクして
借りている自転車なのに
申し訳ないと思いながら
自転車屋を捜しました。

これは自分の自転車でのことですが、
実家に自転車に乗って帰ろうとしたことがあります。
夏休みだったかと思いますが、
大した準備もせず
金さえあればなんとかなる。
と出かけたのはよかったのですが、
意外にも断念したのは割と近くで
隣の市、かつてJ大のキャンパスがあったところでした。
これにしても、国道16号を使うかと思われるのですが、
何故その道に入り込んだのかは
今でも謎です。

自転車に乗って遠出。
普段とは違うことをしたくて
変わった道を通りたかったのでしょうね。
今辿ろうとしても、もうどこなのかもわからない
記憶の中だけの道です。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年5月19日 (土)

辿り着けなかった旅

こんにちは。
サイクリングもまた楽し。

本当は寸又峡に行く予定でした。
なんだかすごい吊り橋があるそうで
高所恐怖症の割に
そういうところに行きたがる
アフォな俺です。

気まぐれな旅は
何故か1泊目が浜松という
気まぐれさでしたが、
この1泊目がなければ
寸又峡まで行けたかもしれませんね。

この頃(たぶん4・5年前)は
自転車を積んで旅に出ていたもので
この時も買ったばかりの
マウンテンバイク(今は亡き><)
を積んでの旅でした。

自分でも何をしたかったのか
よく分からなかったのですが、
この頃ネカフェに行くのが
面白くて
出先でネカフェに出没しては
ネットワークにつないで
ゲームをして、仲間に報告していたものでした。

だからたぶん浜松ではゲームをしただけ・・・。

ネカフェで少し仮眠をとって
翌日は戻る感じで
寸又峡方面に向かいました。

大井川に沿って進む道は
何とも言えぬ非日常感を
醸し出していて
ちょっとした興奮を伴いながら
上流へ。

途中、道の駅フリークとしては
はずせない「道の駅川根温泉」が
あり、湯に浸かることに・・・。
「ばばんばばんばんばん♪」

いいお湯でしたぁ。
いい気分になると眠気がやってきました。
昼間だけどちと失礼。

すっかり本気モードの惰眠をむさぼってしまいました。

起きて気付くと
大井川鉄道の列車が通っていたり、
川の流れが素晴らしかったり、
道のアップダウンをそれほど感じられなかったので
ここでサイクリングをと思い
近くを走ってみました。
A7db3a729c66a33065724fdaf64cc898_s

そんなことをしているうちに
もう帰らねばならない時に。

寸又峡はまた今度ということにして
その地を後にしたのでした。

あー、鉄道写真撮っておけばよかった~。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年5月16日 (水)

戦利品たち

こんにちは。
これが今回の戦利品ですw
Dsc03032

☆味噌ポテト
過去記事「味噌ポテトを作るのダ
高坂SAで朝食をとることは
大体首都高で決めたのですが
意外と距離があり
腹ペコ状態でした。
それでも探索行動は治まらず
どんなものを売っているのか
興味津々で見て回ってからの
食事となりました。
その中の一店舗に
「味噌ポテト」を売っている店がありました。
なんだか2種類売っていたのですが、
秩父とSAにほど近い東松山の2種類。
「すわ、東松山にも味噌ポテトがあったのかぁ!」
と感慨にふけっていましたが、
実は東松山のは別の名物につける辛みそを
ポテトにかけただけのもので
何も言わなければ、秩父の甘味噌のものが出てきます。
(ちょっと聞いてくれればいいのにと思っちゃいましたが)
まあ、秩父のも甘味噌なんですが
唐辛子が少しきいている
場合が多いです。

☆味噌ポテトコロッケ(食べちゃったので画像無し)
で、その横に味噌ポテトコロッケなるものも
売っていて
話のタネに1個買ってみました。
感想は「?!」
多くを語りますまい。

☆秩父自慢
過去記事「行きはパイ、帰りは饅頭

 

これはいつも買う饅頭です。
いつ食べても美味しい。
今回みやげとして渡した人には
「冷やして食べると美味しそうだね」
と言い、
冷蔵庫で冷やしてくれました。
「うん、なるほど。美味しい!」
もうこの饅頭とは数十年の
付き合いですが、
新しい食べ方発見です。
なんでも白あんは冷やすと美味しいのだとか。
今回は神社の前の店で購入いたしました。

☆メイプルサイダー
過去記事「日本産の嗜好品
我が故郷秩父が秘かにw作り続けている
メイプルシロップを使ったサイダーです。
これは絶対冷やして飲むのがいいですねw
同じく八幡屋本店で購入です。

☆秩父源流水
まだ西武が華やかなりし頃、
開発されたものと聞いていますが・・・。
なんだか石灰の味がしそうだなあなんて
思っていましたが、もっともっと奥の山地からの
水なんですね。
美味しいはずだ。
とはいっても実家があった頃は
水道水が美味しくて
コップに汲んでは飲んでいたものです。

パッケージを見るとお分かりいただけるかと思いますが、
いまだに秩父は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」
を観光資源としているようです。
そういえば「ここさけ」を含めて
きれいにデコレートされたバスを見かけました。

☆味噌ポテト地元編
必ず寄るスーパーがあって
過去記事「なんかちょっと嬉しいスーパー
もう買っているのにさらに5本買ってしまいました。
食べ比べてみましたが、
よく分かりませんでしたw

こうして持ち帰った戦利品。
ゆっくりと楽しもうと思います。
(味噌ポテトはそうもいきませんが)


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年5月10日 (木)

野付半島でジンギスカン

こんにちは。
道東の8月の朝は寒かった。

実は野外調理は苦手です。
なぜなら、どこで火を使ってよいものやら。

車で気ままな北海道の旅。
その時は道東を中心に回りました。

もう何度も車旅を経験しているので
ここら辺でキャンプもどきな
事でもしようかと
函館に着いた時に
野外調理器具を買ったんです。
(これを泥縄というらしい)

それでも道東のさらに端っこに辿り着くまでは
名物やら、コンビニおにぎりやらばかり
食べていたのでその機会がありませんでした。

いざ!と地元スーパーに寄って
やはりここ北海道ではジンギスカンでしょうと
肉を買い込み、
野菜は切るものがなかったので
もやしだけにしておきました。

しかし、夜、辺りは誰もいないような駐車場。
ここでコンロの火をつけてよいものやら
悪いものやら分からなかったので、
法を犯してもなと
思い、やめておくことにしました。
夕飯はおにぎりだけという
炭水化物中心の食事となったのは
言うまでもありません。

翌朝、寒くて目が覚めました。
「何か温かいものが食べたい」
これは自然の理でございましょう。
しかし、火を使ってよいものやら、悪いものやら・・・。

そこはでも良心は空腹に負けました。
少しばかり残っていた良心は
俺に車の中でコンロを使うという
行動を引き起こさせました。
しかも、朝からジンギスカン。
49489d67c00f37f8a26ff22c4610ea5e__2

美味しかったことは美味しかったです。
でも、わざわざ野付半島で食べるものでもなかったかなあ。
というのが感想です。

ところがその話には続きがあって、
この朝食べた肉が胸やけを起こし、
しばらくコンロにかけたのは
煮込みうどんという
アウトドアライフにあるまじきメニューが
続いたのでした。

おまけに、車内でのジンギスカンは
その匂いにおいて
公害レベルだったことを
付け加えておきます。

次にアウトドアらしい料理は
北海道での最終日、
函館にほど近い
日本海側での
ホタテBBQであったことも付け加えておきます。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年4月29日 (日)

DT50の最期

こんにちは。
乗りつぶした感は強いけれども
かわいそうなことをしました。

自分の力で、自分の意志でどこかに出かける
楽しみを教えてくれたのは
DT50君でした。
1l

よく房総半周しました。
(自宅から外房、安房、内房という半周です)
伊豆まで行って帰ってきました。
九十九里の砂浜を走りました。
(現在は禁止されているはず)
館山往還では雨、夜間という中をリミッター
と戦いながら走ってきました。
曇りの日、僅かに覗く青空を探しにも出かけました。
家庭教師先にも乗っていきました。
大学には毎日のように通いました。

いつも一緒でした。
最初の頃はヘルメットが必要ではありませんでした。
でも怖いのでいつもヘルメットしていました。
職質で止められた時、ヘルメットを外すと
警官に頭はぼさぼさと書かれました。

いつしかブレーキワイヤー取付のところが壊れ
ダブルクリップで応急処置しておきました。
走行中、そのクリップが取れて
そこにトラックが走ってきてブレーキがきかず
肝を冷やしました。

レストランで食事をし、
駐車場を出るときに
車幅感覚のない自動車に
足首をぶつけられたことがありました。

伊豆からの帰りでは、
最後の最後に
信号無視で捕まりました。

そんな思い出いっぱいの原チャリでしたが、
終わりはあっけないものでした。

それはとある冬。

大学に停めてサークル活動で泊まりがありました。
大学受験会場になっていたので
構内には入れなくなり、
2・3日放置してしまいました。

終わって駐輪場に行ってみると
キャブレターがごっそりと抜かれていました。
力が抜けました。

貧乏学生には直すお金が惜しく感じられました。
もう少し放置をし、いつかと思っていると
部品は一つまた一つと
抜かれていったようです。

ボロボロなDT50を前にもう俺には
直す手段がありませんでした。
泣く泣く廃車にしました。
827479

今なら直してまた乗れたのに。
いや、メンテナンスがしっかりできたのに。
俺が悪かった。
あの時、多少無理をしても直していれば・・・。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年3月14日 (水)

春浅き頃の旅

こんにちは。
いつか桜前線追っかけてみたいねえ。

仕事柄、やっぱり3,4月は忙しくて
旅なんて行ってる場合じゃありませんでした。
5月になるとゴールデンウィークには
たまった疲れを癒すか、
母の命日に合わせて墓参りするくらい。

自由の身になってから、
できるんですよね。
春浅き頃の旅。

とはいえ、暖かくなって
外に出る機会も増えて
ただ公園を散歩するのだって
立派な旅だと思うんです。

最近では
「野の花教室」(そのうち再開いたしますよ~)
の影響もあって、
カメラを持ち歩くことが多くなりましたが、
たった1時間でも
歩き巡っていると
新しい発見が満載になります。

名前をまだ知らない草花とか見かけると
すぐに写真に撮って
家に帰ってから調べますし、
いつも見ている木々も
芽が出ていたり
花を咲かそうとしていたり・・・

あ、そうそう今年はぜひフキノトウなんぞを
採ってきて、蕗味噌なんか作ってみたいですね。
あれ?旬はもう過ぎたのでしょうか?

そうこうするうちに
スミレが里山の裾を彩ります。

とにかく春を満喫したいです。

やはりここで流れる曲は
渡辺美里さんの
「いつかきっと」でしょうか。

そして、北国に思いを馳せます。
春はもうすぐだよと。

がんばろうね。

でもリアルで行くのは西なんだなあw
その頃には春真っ只中になっているだろうけれど。

やっぱり、少し充電しなくちゃいけません。
51cc1dc4b4a11472ae56b015361e72e3_s


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年2月18日 (日)

Spring has come into my room

こんにちは。
巷は春は名のみのですが
南房総は春の装いをしていました。

昨年に引き続き
鋸南町にある佐久間ダムへと
桜を見に行ってきました。
去年は祭の前だったのですが
今年は祭真っ最中でしたよ。

満開に近いピンクの濃い桜。
一足先に春を咲き誇っていました。
まだまだ寒いかと思われましたが、
日差しはポカポカ、
さすが、南房総です。
(気温計は9度でしたがw)

そういえば最近こういう日が増えてきましたね。
今年の冬が厳しかった分、
春の来るのが早いかもしれないと
能天気に考えています。

そーそー、そーいえば水仙も咲いていましたね。

途中で寄った
道の駅「保田小学校」で
(また、給食食べたよ^^)
春の花も売っていて
月命日を思い出し、
「あっ、いけない」と
慌てて花を見繕いました。

水仙の花はいい香りがします。
帰って花瓶に挿すと香りが広がって
部屋にも一足早く春がやってきました。
Dsc02965jpg



にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2018年2月 3日 (土)

Straight road

こんにちは。
人生という名の道は。

残念ながら日本には見渡す限りまっすぐな道というのは
数が少ない。
数少ない中から
どこかで紹介されていた
北海道の日本で一番直線距離が長い
道は通ったことがある。

できれば、満天の星の下か
抜けるような青空の下を
走りたかったが、
あいにくの曇天だった。
それは夏だった。

新車が納車され
ナビの発注が遅れ
ナビなしで
意を決して北海道へと
旅に出た。

気持ちは重く、
その気持ちを晴らすために
出かけた旅だったが、
旅程はすべて悪天候だった。
(その代わりに虹は何度も見たが)

雲は低く垂れこめ
爽快感はまるでなかったが、
ただひたすら
北へと向かった。

途中の駐車場で
車中泊1泊。
そこで思い出につながるものを捨てた。

お釣りは一晩中の
ライトのつけっぱなしで
バッテリーが上がるというものだった。

「ふむ、新車でもバッテリーは上がるのだな」

場所と時を変え
近くに
下り上りのまっすぐに見渡せる
道がある。
直線距離はとても短いものだが
その場所がなぜか好きで
バイクで何度も走った道だ。

その道は気に入りの曲のシングルジャケットの画像と重なり
時にはその道の上にジャケットと同じように
大きく見える月などを探してみたりもしたが
残念ながらその道は南北を走っているため
月の出などは見えはしない。
(ちなみにそのジャケットには月ではなくて地球が写っているのだが)

さて、人生という道はどうだろう?
曲がりくねっていると人は言うが
俺は曲がりくねった道を
ショートカットしながら
ひたすらまっすぐ歩いてきた気がする。
別に目的地に早く辿り着きたい
訳でもないのに。
Img_nowandthen



にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信