最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

カテゴリー「旅」の41件の記事

2017年12月 9日 (土)

Let's 風車ツアー

こんにちは。

ホントはさー、
散髪に行こうって昨夜考えてたんだけど
今朝起きたら
あまりにも空が青くて
澄んでいたもんだから
長い間の懸案だった
風車ツアーに行こうってんで
行ってきちゃいました。

やっぱり、昨日の雨が空気中の
塵を落としてくれたんだね。
おかげで車のドアを開けるときに
ばりばりっと音はするし
なかなか開かないし
もうびっくりだったよw

ではスタート!
目指すはこれ!
A1810_000013

ではありません。
あしからず(テヘ)

まず向かったのは
佐倉市の「佐倉ふるさと広場」
手賀沼だったか、印旛沼だったかのほとりにあるんだよ。
本格的なオランダ風車ということなんだ。
名前は「リーフデ」(友愛)
ん?どっかで聞いたなw
二度目なんですが、
一度目は不慮の事故wがありまして
(交通事故ではない)
トイレだけ使って帰っちゃいました。

ここ、駐車場がないんですよ。
(イベント時は特設される)
なので近くの産直に停めさせてもらった。
(もちろん後で白菜とブロッコリーを買ったよ)

それでは最近めっきりなくなってしまった
画像をどうぞ!
Dsc02858jpgDsc02850jpg

2番目は神栖市にある「波崎ウインドファーム」に
行ったよ。
うう、県外に出るの久しぶり。
もっと遠くに行きたいぞ。
こちらは現代的な風力発電の施設です。
1基回ってなかったけど、
他のはゆっくりと回ってた。
欅坂さんのMVを見てから
見たかったんだ。
今日やっと見ることができた。
1年以上越しの念願叶うw
Dsc02859jpg
Dsc02862jpg

いやいや1基だけなら近くにあるんですよ。
でも見たいのは並んで回っているやつ。
海岸に沿って並んでいるんだけども
寒くて海岸までは出なかった。
なんだか通行禁止だったし、
そこで写真をパチリ。

歴史のある風車と
今風な風車。
どっちも穏やかに回ってて
なんだか癒されたな。

ただ風車を見に行っただけなんだけれども
これがほんとの
「回り道」・・・
なんつって。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月13日 (日)

夏の銀河

こんにちは。
最近どうも忘れがちです。
昨日頃より
「立秋」の次候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」となりました。
 
 
 
 

やはり、夏よりも冬の方が星空がよく見えると
言いますが、
私が銀河(天の川)を見たのは
2回だけ、どちらも夏だったのです。

どちらも大学生の時でしたので
今からもう30年近く前ですね。
今でもあの場所で銀河が見られるんでしょうか。

最初に見たのはオホーツク沿岸ででした。
夏と言っても北海道の8月はもう秋の気配がしていましたね。
野郎ばかり4人で行った旅。
軽自動車(確か先輩のミニカ)で行き、
宿もなく2人は車で後の2人は無人駅で一夜を明かした
その夜に見たものでした。
まさに海の上方に横たわり今にも降ってきそうな星々。
あまり視界を遮るものもなく、首をフクロウのように回しては
その大パノラマを堪能しました。
(余談ですが、車で寝た二人は酸欠になりましたw)

次に見たのは割と近くで九十九里浜の蓮沼村(当時)
こちらは大学のサークルの合宿ででした。
関東でも見られるんだー。
と感心したことを覚えています。
(逆にいうとそれしか覚えてないw)

どちらも海岸での経験ですが、
海岸というのは星空を見るには
今一つのようですね。
波しぶきで小さな水滴が舞い上がり視界はそれほど良くないんだそうです。

山の方がよさそうですが、
夜の山というのもなあ。
泊り覚悟で高原のペンションとかで見るくらいが
現実的でしょうか。

8日の月食は残念な結果に終わりましたが、
昨日から今日にかけてペルセウス流星群がピークということです。
ピークということなので15日未明までは見ることができそうです。
北東の方向を中心に広い範囲で流れるみたいです。
(ペルセウス座がその方角)
夏の夜空、花火もいいですが天体ショーを見るのも
またおつなものではないでしょうか。
(残念ながら関東地方は曇りマーク><)

そういえば、日食も8月22日にあります。
とはいえこれは北米大陸限定。
またWETERNEWSさんあたり、中継してくれないかな~。
もし情報が入り次第お知らせできたらと思います。
A0830_000527jpg

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月 6日 (日)

いい汗かいてサギソウを見てきたよ

こんにちは。
来たる8月8日に部分月食があるようです。
 
 
 
 

去年のちょうど今頃、水戸に行って
サギソウを見てきました。
家に帰ってよく調べると
サギ草を育てる会の方が
丹精込めて管理なさっているそう。

そして、年に一度サギソウ鑑賞会なるものがある様子。
去年はこの日ははずれていました。
今年はどうしようかと思案しましたが
(もともと人が多いところは苦手です)
サギソウの販売もあるとのことなので
その日にぶつけてみました。

去年は場所もよく分からずにそれでもなんとか
辿り着きましたが、
今年はもう場所もばっちりです。
駐車場は特設があるかないか分からなかったので
去年最初に訪れた大塚池の駐車場(無料)に停め、
そこから歩くことにしました。
(およそ2km)

さて着いた大塚池には去年、白鳥がいて
びっくりしましたが、
今年はいませんでした。
代わりに黒鳥がいたので写真を撮ってきました。
Dsc02626jpg
シルエットではありません^^

さて気温はおよそ30℃くらい
曇りなので帽子はいらないと持ってきていませんでしたが、
サギソウの待つ大塚成就院池まで
歩くうちに汗がびっしょりです。
タオルハンカチの半分がびしょぬれになるくらいでした。

大塚成就院池につくと、さすが鑑賞会の日だけあって
恐らく育てる会の方々が
テントを張って待機されていました。
麦茶orかき氷をふるまってくださっているようでしたが、
目もくれず自生地へw

いつもは竹垣に囲まれているサギソウの自生地一帯も
1か所だけの扉が開けられており
入ることができます。(木道の上のみ行動可)
やっぱりこういう花は野に咲いているのが
美しいと思いました。
いろいろな野草の中で小さな鷺が駆け回っているように
咲いていましたよ。
Dsc02615jpg
お、去年よりも上手に撮れた
Dsc02618jpg
引いて見るとこんな感じ
Dsc02620jpg
花の名知らず
Dsc02623jpg
これはヌマトラノオかな・・・

一通り見て、テントに行き
販売品を見ました。
育てる会の方に来年も咲かせる方法を尋ねると
丁寧に教えてくれました。
そこで一鉢買うことにすると
(一鉢200円でした)
サービスでもう一鉢つけてくださいました^^

野にある花が綺麗だとか何とか言っていたのに・・・。
結局買うんかーいw

てなことを自分で突っ込みながらも
来た道を帰りました。
半分濡れたタオルハンカチは
全部濡れてしまいましたとさw
 
応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年7月23日 (日)

後半は電車旅(等々力渓谷)

こんにちは。
いよいよ「大暑」です。
言葉だけでも暑苦しいw
そして「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」の頃となります。
 
 
 
 

川崎、世田谷を巡る旅、後半へと突入していきましょう。

川崎大師近くのコインパーキングに停めたつもりが
ちょっと距離があって、住宅地ど真ん中みたいなところで
時間が経つときっと戻っては来られないと
思われたので、京急川崎大師駅の目の前の
コインパーキングに車を移しました。
次に目指すは東京23区内唯一の渓谷、等々力渓谷です。

京急と東急があるんですね。
違いなんてわかるはずもなく、
連絡はあるだろうと思いながら
路線図を見てみても等々力駅の表示はどこにもない。
川崎まで出て見ればわかるだろうと
JR川崎駅まで来てみてもJRはJRの駅しか路線図になく
記憶をたどりながら、頭の片隅にあった
武蔵小杉駅に行くことにしました。

武蔵小杉でやっと東急に乗れましたが、
乗り換えが一つあり、
結構時間を取られました。
「こりゃ、代官屋敷は無理だなあ」
ここで諦め、等々力渓谷1本に絞ることにしました。

駅から案内が出ていて、
渓谷入り口は近そうです。
入り口の橋の近くに休憩所があり、
そこで一休み。
水分補給をします。
Dsc02500jpg

来訪者は海外の方が多かった印象です。
「どこから情報を得たんだろう・・・」

休憩所には気温表示があり、
その場所の気温は31℃、
渓谷内は29℃と表示されていました。
やはり渓谷、涼しさを味わえるわけですね。
(2℃しか違わないけれども・・・)

鬱蒼と木々が生い茂り、
川が流れている、
先ほど見た気温表示は29℃でしたが、
涼感は十分にありますね。
せせらぎの音と太陽の光があまり届かないせいでしょう。
Dsc02504jpg
Dsc02524jpg
Dsc02503jpg

川崎から入ったせいか
23区内にもこんな渓谷があるんだね。
くらいの感想です。
近くならたまに散歩するのにいいかもしれません。

残念だったのは川には恐らく生活排水が流れていて
匂いが多少あったこと。
それとゴミが多かったことです。

看板を見てわかるのですが、
周辺にはいろいろ施設があるようです。
その辺を回りながら通るのもいいのかな。
と思いながら渓谷を後にしました。

電車に乗ったのは
多分2年前にスカイツリーに行って以来です。
(登ってないけどw)
川崎大師から全部各駅停車でしたが、
こういう平日ののんびりした
空気の漂う電車旅というのも捨てたものじゃないな。
と思いながらまたアクアラインを通って千葉に帰りました。

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年7月22日 (土)

川崎大師の風鈴市に行ってきました

こんにちは。
今日は「廻り道通信」の方も
記事を上げておりますのでそちらもよろしくお願いいたします。
(右側のへなちょこバナーからどうぞ)
 
 
 
 

密かに計画していたのです。
計3か所に行く計画を。
なかなか思い切らないと出かけられなくなってきていて
そろそろ泊を伴う旅にも出たい。
しかし、折り合いがつかず、
取り敢えず行きたいと思っている場所が3つ、
割と距離も近そうに思ったので、
まとめて行ってきちゃおうと
思い、決行しました。

今回はその様子を2回に分けて
お伝えしようと思います。
(3か所なのになぜ2回?それはおいおい分かります^^)

さて、その3か所とは、
川崎から世田谷にまたがるスポットで
・川崎大師(風鈴市真っ最中)
・等々力渓谷(23区内にあるという唯一の渓谷)
・世田谷代官屋敷(サギソウ市の開催されていた場所)
の3つです。

地図で見ると割と近く、1日で回れそうな気がします。
しかし、千葉県民の悲しさでしょうか、
東京23区の西の方と川崎の辺りは
かなり地理的に不案内。
鉄道もどこをどう走っているものかもわからない。
路線図で見てもちんぷんかんぷんで
私鉄は京成線だけ抑えておけば
何とかなる世界とは違いますw

そこで交通手段に悩むわけですが、
これがいけなかった。
あーでもないこーでもないと
悩んだ挙句決まらないまま
取り敢えず車を出しました。

家を出て割と早目に分岐点はやってきます。
鉄道を多めに使うなら
JR京葉線。
車である程度行ってしまうなら
アクアラインになります。
まったく逆方向なのです。
今回は車内で読む本も持ってきてなかったので
アクアラインを使うことにしました。
ここで時刻はすでに11時を過ぎていました><

川崎大師まで車で行ったことはあったので、
駐車できる場所の目星はだいたいついています。
しかし、東京に車で行くということは
駐車場の確保が
まず難しいと考えてしまいます。
実際はあるのでしょうが、
場所探しに時間を取られるのは
必至だと思われてしまうのです。
(世田谷ならなんとかなるかなという考えも頭をよぎりましたが)
そこで、川崎大師近くののコインパーキングに
車を停め、後は鉄道での移動をしようと
ざっくり決めたのはアクアラインのトンネルの中。
我ながらいつものおっつけおっつけのプランに呆れます。

川崎大師に行くなら
アクアラインだけで十分です。
最寄りに大師ICがありますが、
そのICは首都高に属しているので、
短い区間しか乗らないにもかかわらず
通行料金がぽんと跳ね上がってしまいます。
しかも、アクアラインを浮島ICで降りてまっすぐ行けば
川崎大師に着きます。

Dsc02492jpg

無事、コインパーキングも見つけて
いざ、風鈴市です。
Dsc02495jpg
平日にもかかわらずとても賑わっていました。
風情があるなあ。と思うのは浴衣の人もちらほら。
風鈴を買うともらえる団扇が似合っています。

今回風鈴市に来たのは
前回来た時に買った3つ風鈴のうち1つを
妹に献上したら、
その風鈴がたまらなくまた欲しくなってしまったからです。
それがこの石の風鈴。
茨城県で作られているこの風鈴、「サヌカイト」という石でできています。
Dsc02529jpg
これは家で撮りました。洗濯ばさみの影が写っているのはご愛敬w

これで、家にある風鈴は
・陶器
・南部鉄
・サヌカイト
の3つとなりました。

本当はガラスの風鈴も欲しかったのですが、
また来られるように買わないで
おくことにしました。

風鈴市の会場では風が吹いていて
ちりんちりんとそれはもう賑やかなものでした。
さて、今日はここまで、後半はまた明日~^^

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年6月27日 (火)

実家にある物をなるべく早く手元に欲しい!そんな時に

こんにちは。
昨日紹介し忘れでした。
夏至の次候、「菖蒲華(あやめはなさく)」
の頃となりました。
 
 
 
 

かなり限定的な裏技ですので、あまり役に立つ情報ではないのですが
と前置きしておきます。

秩父に実家があり、千葉市に住んでいた当時、
何が必要だったかは忘れましたが、
実家にある物をなるべく早く手元に欲しいことがありました。

大体、私が実家に行くと早くて3時間半かかります。
つまり、必要なものを手に入れて帰ってくるには
少なくとも7時間はかかります。

さてどうするか。
実家に協力を仰ぎます。
ちょうど中間地点で落ち合ってブツの受け渡しをし、
戻ればおよそ3時間半で家まで戻って来ることができます。

そして、この受け渡し場所にちょうど良い場所があるのです。
それは・・・
東京外環道新倉PA!

早さが一番の目的なので当然、高速道路を使います。
そして外環道は入った時に料金を払って
どの区間を乗っても一律の通行料なので
これは合法だと思われます。
そうそう言い忘れましたが、新倉PAは
Uターンできるような設計にもなっています。
(蛇足ですが海ほたるもUターンできますよ、料金は新倉PAと同じようにはいきませんが)
つまり高速を降りないでUターンができるのです。
だから、合法的にリーズナブルな方法でもあります。

そしてこの新倉PA、若干実家よりではあるものの
距離数で言えばほぼ中間地点なのです。

こうして無事にブツの受け渡しを終え、
帰ってきました。

かかった時間?
それはやはり久しぶりに会った親子が
ブツの受け渡しだけでは済みませんねw
小一時間積もる話をしたので
実際は5時間弱といったところでしたでしょうか。

まあ、この新倉PA、場所的には
海ほたると比べ、魅力的ではありません(失礼)ので
そこに行く目的の人はほぼいないと思われますが、
こういうことのために存在するものなのかもしれませんw

もうしばらくすると
市川市まで外環道が延びるようです。
そうするとこの裏技も使えなくなるのかなあ。
などと考えています。
(便利なことの方が多いんですけどね^^)
A0001_013802jpg
※画像はイメージです。
 
応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月26日 (金)

あなたも経県値増やしてみませんか

こんにちは。
晴れててもこのくらい涼しければいいのに^^
なお、本日より「小満」の次候「紅花栄(べにばなさかう)」の頃となります。
 
 
 
 

本日は地理好きな方々へ贈る第二弾!
(第一弾はGeoGessrの紹介をしました^^)
ちょっとした暇つぶしや地理への造詣を深めたいときに
私自身がよく訪問するサイトのご紹介を
いたしましょう。

「都道府県市区町村」様
平成の大合併の頃からよく見ています。
日本地理に関する雑学が詰まった玉手箱とでも
申しましょうか。
大合併も落ち着きを見せている今日この頃。
このサイトの「経県(経県値&経県マップ)」を
楽しんでみてはいかがでしょうか。
自分の行ったことのある都道府県を
色鮮やかに表示してくれる優れものでございます。

ちなみに私の経県値は123点でした。
もう数年前からこの数値orz
生まれが新潟県なのにもかかわらず、
そこから西への富山県、石川県、福井県が未踏の地となっています。
やはり親不知を超えるのは至難の業だということが分かります。
北陸新幹線もできましたが、
やっぱり私としては
旅は車でないとねえ・・・

その他九州は鹿児島を除き
全滅です。
なぜ車旅メインの私が
鹿児島だけポツンと経県があるのかというと
答えは簡単、飛行機で行ったからです。
その旅の記「何が自由か知っている」も併せてどうぞ^^

何はともあれやってみてはいかがでしょう。
画像は載せられないのですが、
リンクはOKということなので
リンクを貼っておきます。

「都道府県市区町村/経県(経県値&経県マップ)」

「つかんぼやと」様
こちらのサイトも大合併がらみのサイトとなっております。
カーソルを動かして境界線が
変わる様はまさに地理フェチの琴線をくすぐりますw
あなたのお住いの都道府県でうにうに変わる境界線を
楽しんでみてはいかがでしょうか。

ちなみに埼玉県は全国で市の数が一番多いこともあって
目で追うのが大変ですw
合併でちょっと減っているのですが
まだ一番多いようですね。
これもリンクを貼っておきます。

「つかんぼやと/市町村変遷パラパラ地図」

いかがでしたでしょうか?
そして、見終わったら経県値を増やすべく
旅に出るのもいいですね^^
A1380_000474
気に入っていただけましたでしょうか。
応援クリックをしていただけると親不知も超えていけそうです^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月11日 (木)

丸太、人生やり直しのため小学校に入学か?!(道の駅保田小学校で給食を食べた話)

こんにちは。
暑いと暑いだけで疲れますね。
慣れなきゃ^^
 
 
 
 

昨日「千葉県の道の駅を全部回るとすると1日で可能かどうか」という記事を掲載いたしましたが、
書いているうちにふつふつと出かけたい虫が飛び出してきました。
(大した記事ではないのですが、何日間かかけて書き上げましたんです)
雨だし、仕事にならないし、ちょうどいいから行っちゃおうということで
候補は「オライはすぬま」と「みのりの郷東金」のセットと
「保田小学校」です。

どれもいつか行ってみたいなーと思っていた道の駅ですが、
さて、どちらに行ったでしょう~^^

答えは「保田小学校」です。
(タイトルでわかるがなw)
やはり元学校職員の血が騒いだのでしょうか。

あいにくの雨でしたが、
雨なら混んでいないだろうと
かえって喜び勇んでの出発です。

ちょっと昼の時間を外して着くようにしました。
(だって、混んでるの嫌なんだもん)

高速料金が高いので一般道での小さな旅でございます。

====着くまで略====

ハイ!着きました。
ここが「道の駅保田小学校」でございます。
Dsc02168
外から見るととても学校っぽいのか、学校らしくないのかよく分からない
景観でしたが、
学校の建物を利用しているので
細部にわたり校長とか〇年〇組とかの表示が目に付きます。

着いた時は1時を回っていました。
なんとずっと小雨がぱらついていたのが
「保田小学校」に着くや否や
薄日がさす程でありました。
(普段の行いがいいからだな)
さっそく給食タイムです。

そうなんです。
この道の駅の食堂では
給食が食べられるんです。
迷わず給食をオーダー
(とはいっても券売機方式ですが)
(ちなみに他のメニューも豊富です)
つい2か月前まで食べていましたが、
話のタネになると思いましてw

「今日の給食なんだろなー」
既に小学生のノリですw

「げ!パンだ(コッペパン)」
(実はコッペパンはあまり好きではない)
その日のメニューは写真で掲示してあります。

程なくして食券の番号が呼ばれました。
本日のメニューをご紹介いたしましょう。
・いわしのフライとクジラの竜田揚げ(千切りキャベツ付き)
・カレーシチュー
・コッペパン(イチゴジャム&マーガリン)
<小鉢は2つ選べます>
・温泉玉子
・ポテトサラダ
そして牛乳。
食器は懐かしのアルマイト(たぶん)です。
(多分昔の給食をイメージしているのでしょう)
箸も取りましたが使いませんでした。
使ったのは悪名高い先割れスプーンw
この間まで食べていた給食よりもずっと懐かしいラインナップです^^
Dsc02171

感想?ですか?
「これ給食じゃねーよ」です。
だって「あったかいんだもん」
フライ類があったかいなんて給食では考えられないw

味の方はサクサクでほろっとしたいわし、
噛む必要がないくらいのクジラ、
カレーシチューはさすが給食らしく
全然辛くないのにカレーの味がしっかりしている。
ちなみに苦手のコッペパンも
ふわふわでまるでソフトフランスパンのよう。
こんな給食なら毎日食べたいと思わせる内容でした。
お値段は850円。
(この前まで払っていた給食費は1食300円だったかな・・・。)
まあ、小鉢2品もついてあの内容なら
惜しくはないです。むしろ嬉しい。

しかし!ここで私はミスを2つ冒してしまいました。
1つは、この前までの給食では絶対牛乳は飲まなかったこと。
(「先生!牛乳残していいですか?」と誰にも言えなかったので飲みました。
しかも同じメーカーの牛乳;;)
もう一つは本日の夕食メニュー予定がクリームシチューだったこと。
(これは決行しました・・・かぶっちゃったー><)

腹がいっぱいになると今度は徘徊活動です。
2階建てですので2階に行ってみると
なんと宿泊ができるようになっています。
何に使うのかよく分かりませんでしたが、音楽室もあります。
かつてベランダだったところ?はゆったりと休める休憩スペースになっています。
Dsc02172
そしてお風呂もありました。
(日帰りでも入れるのかな?)

次に売店に行きました。
まるで高速道路のサービスエリア並みの品揃えです。
農産物では、ソラマメときぬさやと大根葉を買いました。
もうすぐ母の日ということで(命日も近い)
撫子も買いました。
(ここより南は花の産地です)

もっと長くいたかったのですが、
夕飯のことを考えると
そうもいかず、
買い物を済ませると
帰途につきました。

かなり人気の道の駅らしく、
平日なのに人出は結構ありましたし、
(混雑時には臨時駐車場が用意されているくらいです)
人気の理由も頷ける内容です。
また、宿泊については、
海も近いので便利なのではないでしょうか。
校舎に泊まる体験もプレミアものではないかと思われます。
(私は何度かありますがw)
南房総にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ^^
Dsc02173

気に留めていただけたなら
応援してくださると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月10日 (水)

千葉県の道の駅を全部回るとすると1日で可能かどうか

こんにちは。
ほぼ1日雨でした><
さて今日の記事を速読したい方は
数字の部分だけをお読みください。
そのほかのところには大したことは書いてありませんw
 
 
 
 

私は道の駅が大好きです。
その地方地方の特色がよく出ていますし、
施設はだいたいきれいだし
車中泊はできるし・・・(禁止のところもあるようですが)

そんな道の駅ですが、
地元の道の駅ってなかなか行く機会がないです。
そこで、千葉県の道の駅を全部巡るといったいどのくらいの時間がかかるのか。
ちょっと計算してみました。
計算はyahoo地図を使いました。すべて一般道での計算です。

千葉県には27の道の駅があります。
半島ですので、他県に比べると比較的周回が
しやすいようにも思えます。
道の駅八千代から時計回りに
行くコースで考えてみました。
(なお、☆マークは行ったことのある道の駅です)

自宅~①八千代☆
よほどのことがない限り、全区間で渋滞が予想されるのは
この区間です。
この区間の所要時間はナイショ^^

①八千代☆~②しょうなん(32.8㎞)所要時間:26分
この区間も渋滞があるかもしれません。
千葉県にしょうなん?漢字にするとは沼南となります。
名前の通り印旛沼の南にあります。

②しょうなん~③発酵の里こうざき(40.6㎞)所要時間:62分
ぐっと東へ行きます。利根川沿いになりますね。
長閑な田んぼの風景が続くと思われます。

③発酵の里こうざき~④水の郷さわら(13.1㎞)所要時間:20分
水の郷さわらはまだ圏央道ができていなかった頃、
ひたち海浜公園に行く時に前を通りかかっただけです。
利根川に面した大きな駅の印象です。

④水の郷さわら~⑤くりもと(17.3㎞)所要時間:28分
さわらから南下します。
サツマイモがウリのようですね。

⑤くりもと~⑥多古☆(11.9㎞)所要時間:20分
多古の農産物は美味しいと思うものが多いです。
(ほかがまずいということはありませんが)
米、ヤマトイモはよく購入します。

⑥多古☆~⑦風和里しばやま(10.5㎞)所要時間:20分
芝山といえば埴輪^^
多古からあさひの方が戻らないルートなのですが、
多古から近いのでこちらが先です。

⑦風和里しばやま~⑧季楽里あさひ(32㎞)所要時間52分
戻る形になりまして、距離が結構あります。
「ふわり」から「きらり」へ^^

⑧季楽里あさひ~⑨オライはすぬま(25.8㎞)所要時間41分
また戻り道になりますので距離があります。
オライはすぬまはこちらの方でも評判がいいです。
行ってみたいと思っている道の駅のひとつです。

⑨オライはすぬま~⑩みのりの郷東金(12.2㎞)所要時間21分
千葉県で一番新しい道の駅が「みのりの郷東金」です。
ラジオで渋滞情報を聞くとしばしばこの辺が渋滞していると
聞きます。

⑩みのりの郷東金~⑪ながら☆(26.9㎞)所要時間43分
「ながら」に来ると「あずの里いちはら」にかなり近くなりますが、
「いちはら」は最後にとっておきます。
ここでは、トイレによく寄りますが、野菜も安いので
重宝してます。

⑪ながら☆~⑫つどいの郷むつざわ☆(24.3㎞)所要時間34分
いかにも田園風景の中にある道の駅といった感じです。
近くのスーパーが安い気がする^^

⑫つどいの郷むつざわ☆~⑬たけゆらの里おおたき☆(14.6㎞)所要時間20分
むつざわからながらの方が近いと思っていましたが、
こちらの方が近いようです。
ここに行く途中に湯葉の店があります。

⑬たけゆらの里おおたき☆~⑭きみつ☆(27.5㎞)所要時間49分
山間を行く道となります。
近くの亀山湖もいい感じです。

⑭きみつ☆~⑮鴨川オーシャンパーク(19㎞)所要時間31分
海に出る道になります。
鴨川の海岸沿いは(鴨川シーワールド辺り)リゾート感たっぷりの
雰囲気が味わえます。

⑮鴨川オーシャンパーク~⑯和田浦WA・O!(6.1㎞)所要時間9分
この辺から海沿いを行き、また道の駅の密集地帯でもあります。
合併して南房総市になりましたが、その前は各自治体に1つ道の駅があるような状態でした。

⑯和田浦WAO・!~⑰ローズマリー公園(6.6㎞)所要時間10分
ローズマリー公園のシェイクスピアカントリーパークって
なくなっちゃったんですね。知らなかった・・・

⑰ローズマリー公園~⑱ちくら・潮風王国(10㎞)所要時間19分
この道がフラワーラインと言います。
春も早い時期から花がいっぱいです。

⑱ちくら・潮風王国~⑲白浜野島崎(8.8㎞)所要時間17分
房総の南端を走ります。

⑲白浜野島崎~⑳南房パラダイス(9.2㎞)所要時間14分
ここでいったん館山市に入ります。

⑳南房パラダイス~㉑三芳村☆(16.4㎞)所要時間33分
いったん少し内陸に入ります。
「三芳村」に入ったのは自動販売機でジュースを買っただけでした。

㉑三芳村☆~㉒とみうら☆(7.5㎞)所要時間6分
「とみうら」は千葉県で一番最初にできた道の駅です。
全国1位になったこともあるんですよ^^
実はこの駅のご厚意で販売会をさせていただいたことがあります。
思い出深い道の駅です。

㉒とみうら☆~㉓おおつの里(4.2㎞)所要時間6分
近!^^

㉓おおつの里~㉔富楽里とみやま(12.6㎞)所要時間19分
この区間は高速を使うと短縮できます・・・がw

㉔富楽里とみやま~㉕きょなん(5.5㎞)所要時間8分
近!^^

㉕きょなん~㉖保田小学校(2.4㎞)所要時間4分
「保田小学校」は廃校になった校舎を利用した道の駅で
比較的新しい方です。
ぜひ行ってみたい^^ムフフ(含み笑い)

㉖保田小学校~㉗あずの里いちはら☆(64.9㎞)所要時間99分
最後に来て最長です。この区間は高速の方が良いかもしれません。
「あずの里いちはら」でも野菜を買ったことがあります。
隣に農業センターがあって階段で直結しています。

㉗あずの里いちはら~自宅
書いてるだけでも疲れましたorz

ちょっと紹介するだけでも疲れますねーw
さて移動に要する時間は・・・・・
11時間56分+αとほぼ丸々半日分ですね。
せっかく行って何もしないわけはありませんから
(昼飯もあるしね^^)
1日では相当な強行軍にもなります。
また営業時間もありますから、
全部開いてる時間にというのは
ちょっと無理かも知れません。

結論:通りかかって写真を撮るくらいなら可能かもしれませんが、
(営業していない可能性あり)
南と北で2日くらいに分けた方が無難という
結論にさせていただきたいと思います。
またその場所その場所で楽しみたいのならば、
数日かけた方がよいでしょう^^
A0001_000197
画像はお借りしたものです。
私の車は他社のですw

くだらないとは思いますが
クリックしていただけると
幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月 4日 (木)

爪先の先の太平洋

こんにちは。
山を見ると若葉が出揃った
感じですな。
 
 
 
 

普段からゆったりしているのですが
やはり温泉でゆったりというのは
また一つ別のカテゴリーのような
気がしますので
たまには温泉にでも行きたいなあと思うわけです。

そしていいなぁと思うのはちょっとスペシャル感のある
温泉。

今の時代、選ぼうと思えばいろいろな楽しみが発見できて、
温泉の売り文句もまた様々です。

野趣あふれる温泉、(自分で掘るとか~w)
夕陽(朝陽もいい)を風呂に入りながら見ることのできる温泉、
雪降る中での温泉、(雨は経験ありw)
洞窟風呂・・・。(効能なんてまるで無視w)

いつか行きたいなあと思うけれど
泊を伴うのはちょっと二の足を踏んでしまいます。

そんな中でちょっとだけスペシャル感のあった
日帰り温泉に行った時のことを書きましょう。

朝早くから高速を飛ばして
磐梯吾妻スカイラインに行って
浄土平で雪の回廊を見た帰り道。
ほんのり疲れて湯にでも浸かりたいと
思い東北道、磐越道、常磐道を下りました。
目的の湯は日立市にある
「湯楽の里日立店」
ここ、前からちょっと気になっていたんです。

日帰り温泉だから
料金もまあまあリーズナブル。
そして、ここには太平洋が一望できる
湯があるんです。

と言ってしまえば、太平洋岸の湯はほとんどが
そうなんでしょうけれど、
ここの浴槽は
腰を下ろして海を見ると
浴槽の境目が分からなくなり、
まるで海に入っているかのような
感覚が楽しめます。
足を持ち上げて爪先を出すと
その先には太平洋が^^

幸い平日で混んでもなく
まだ、日も高い。
5月の穏やかでキラキラと光を放つ海を独り占めしている
贅沢なひと時を満喫しました。
また、つい今しがた雪を見てきたという
ギャップもよかったのかもしれません。

ひとつ注意点があります。
残念ながらこの湯男湯限定のようです。
女性の方申し訳ない・・・。

さあ、疲れも取れて
家まであとひとっ走りです。
4df3a4b0714ed24142b5ab5673750351_s
画像はお借りしたものです。

気に留めていただけましたでしょうか。
応援をお願いできたらと思います。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

  • Link
    廻り道通信