最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

カテゴリー「父・介護」の20件の記事

2017年10月16日 (月)

高齢者の着用するもので困っている件について

こんにちは。
一気に寒くなりましたね。
東京では10月中旬としては46年ぶりの低温だとか。
こりゃ寒いわけです。
私も仕方なくなく靴下を履くことにしました。
風邪はひきたくありませんからね。
背に腹は代えられないってやつですw
部屋では脱いでいますが・・・

ところで高齢者のいらっしゃる家庭では
どうしてらっしゃるのでしょうか。
ちょっと、着用するもののことで
困っています。

上に着るもの
これで困っているのは
温度感覚のこと。
一番たまげたのは
7月上旬にはんてんを着ていた時のこと。
たぶん梅雨時で寒かったこともあるのでしょうが、
その真実は座っていて手の届く範囲にあったからではないかと
疑っています。
こういうことから動いてほしいのですが、
動きたくないんでしょうね。
それは去年のことでしたが
今年は早々にはんてんをクローゼットにしまっちゃうことで
対処しました。
(以前小脳の梗塞も患っているので温度感覚の異常は少なからずあるのでしょうけれど)

ズボン
ズボンはウエストで合わせるほかはないのですが、
栄養状態がいいのか
目下、絶賛体重増加中です。
5年前千葉に来た頃から比べても
履けなくなったズボンが多くなり
とうとうゴムのズボンさえきつくなっている始末です。
なかなか買い物には連れて行けず、
連れて行ったときにも試着は難しいです。
以前一度だけ裾が長かったのを裾上げしてみましたが、
慣れていないせいでずいぶん手間がかかりました。
(そのためにミシンも買いました)
今ではほとんどのズボンを裾をまくって履いています。


高齢者用の靴を買っています。
(現在2足目)
サンダルは危なっかしくてもう無理ですね。
ご存知の通り、高齢者用の靴は
マジックテープで着脱します。
1足目は2年履いてマジックテープが
くっつかなくなり買い替えました。
もったように思えますが
履く頻度も少ないですし、
マジックテープ以外はまだ使える状態です。
ただこれほど靴の合わない人が
こんなに身近にいたとは
軽く驚きなのですが
どうもうちの一族は甲高が基本で
そのためにマジックテープが早くダメになるみたいな気がしています。
その上偏平足です。
どうもぴったり合う靴に巡り会うのは至難の業のようです。

このほか眼鏡、時計もよく壊します。
その多くはうっかりによるもの。

何か良い改善策はないものですかねぇ。
(何が困っているかというと切羽詰まって困っていない私が一番の困りものなのかもw)

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年10月 4日 (水)

お前は今日からポシャコだ

こんにちは。
今夜中秋の名月ですね。
見ようと思ったらいいタイミングで
雲に隠れました。
 
 
 
 

そういえば昔からその傾向はありました。
実家の犬「ナナ」は父の帰りを
待って虹の橋を渡っていきました。
それが示す通り、その小さな犬をかわいがっていたのだと
思います。
そうなんです。実は小動物が好きなようです。

散歩に行っても鳥に
「こんにゃろ」と言いつつ
話し掛けていますし。
あまりに小さなアリなどは踏んづけていますがw

どうやら、仔猫を触りたかったようです。
昨日、ミルクをあげるのを
頼むとすぐさま手を伸ばしてきました。

今朝も開口一番、「猫、元気か?」でした。

猫かわいがりとはこのことです。

そういえば、以前フェレットでも飼えば
精を出すかな?
と思って提案しましたが、
その時は
「めんどくさい」と
却下されました。
つくづく口と心が真逆です。

仔猫を保護するには
家族の協力が必須といいます。
昨日の楽しそうな様子だと
協力どころか自分の猫にされそうですらある勢いです。

でもでも、もしかして
父の心の拠り所にもなるような気がしてきました。
(私は怒っているばかりなのでだめ~w)

そこで名前を付けることにしました。
(もう戻れないwいやいや人に渡すにしても名前くらい付けるよね?)
名前はポシャコです。
(あ、女の子なんです)

このポシャコという名前、
祖母(母方)が飼っていた猫と同じ名前です。
母がまだ新潟にいた頃ですから
(当然私はまだ生まれていない)
ちょっとハイカラな匂いがする名前だなあと
思っていました。
(もしかすると昭和10年代の可能性あり)

この先代ポシャコ。
いろいろ逸話があったような気がしますが、
あり過ぎて全部忘れましたw
なかなかの名猫だったようです。

さて、2代目ポシャコにはどんな猫生が待っているのでしょうか^^
A1620_000834j
これこれ、こんな感じ・・・つまり、イメージです


応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年9月19日 (火)

【介護】寝たきりにさせないためにも

こんにちは。
今度は違うところで白い彼岸花を見つけました。
 
 
 
 

この7月の判定で父の介護度は下がりました。
確かに気持ちがしっかりしてきた
様子がうかがうことができます。
認知症の疑いがだんだん晴れてきているように
感じています。
しかし、その一方で運動機能の方は
緩やかではありますが
下がる一方のような気がします。

以前からもそうでしたが、
寝たきりになる日をなるべく遠ざけることが
今のところの目標です。
いや、執念といってもいいかもしれないw

少し前までは日中でも横になりたくて
そうすると隙を見てはベッドに横に
なっていました。

そこで編み出したのが
「椅子に座る生活を快適に」をコンセプトに
いろいろと無い知恵を絞りだしました。
その一環が「炬燵改造計画実施」でした。
実はその時に椅子も新たに購入しているのですが、
座板の下が板張りになっていて
炬燵の熱も逃げにくくなっています。
更には、座面が回転するようになっていて、
くるりと回れば椅子から立てるようになっています。
(こちらの機能の方はあまり活用されていない様子)
この導入により寝ないでいる
時間がぐっと増えました。
椅子に座って唯一の楽しみというべき
TVを見ています。

次に「寝る機会を作らない」です。
できるうちはなるべく自分のことは
自分でしてもらっています。
朝起きたら窓を開ける。
(できればこの時にその日の天気や外の空気を感じてほしい)
しかし、これがなかなか曲者で
ベッドに上がらないと窓は開けられません。
また、汚れたシーツも自分で取り替えるようにしていますが、
これもベッドに上がらなくてはできないこと。
よくそれらが終わった後に
横になっている姿を見かけたものです。
これに対しては、例えば窓ならその後に新聞を取りに行くようにするとか
何かもう一つセットにして行うようにしました。

時には辛そうにしていることもあります。
余程ならば寝るようにしますが、
困ったことに愁訴もあります。
見極めが難しいこともありますが、
食欲で判断することにしています。

また、本人の希望なら寝たきりも仕方ないかと思うこともあります。
しかし、動けるうちは自分の意志で動いてほしいのです。

幸いにも、日中はほとんど寝ている姿を見なくなりました。
それで安心して仕事をする気にもなったということです。

ところが今度はずっと座った姿勢を保持しているため、
尻に軽い床ずれのようなものができています。
蒸れるからというのもあるでしょう。
薬を塗りながら、何かいい手はないものかと
考えているところです。
A0001_012029jpg
画像はイメージです これの座るところの下が板張りで回転してひ
じ掛けがついていますってイメージとして成り立たないかw


応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年8月17日 (木)

石鹸紛失事件

こんにちは。
晴れたら(・∀・)イイネ!!
 
 
 
 

佐々木倫子氏の「動物のお医者さん」は結構好きです。
中でも菱沼さんはキャラ立ちしていますね~。
名言(迷言)がたくさんあります。
今日はその中の一つをご紹介。

ハムテルがカレーのルーを間違えて食べたことがあるという話から
菱沼さんが(チーズが好きだから)石鹸を食べたことがあると告白、
二階堂がそれでカレーが嫌いにならなかったか聞き、
ハムテルは別に・・・。と返し、
菱沼さんは「(石鹸は)いまだにダメだよ」と答える。
(しかも聞かれていない)

ここに私の笑いのツボがある。

(もし、この面白さが共有できたなら、
佐々木氏のそれ以前の作品「林檎でダイエット」も
読んでほしい。
佐々木氏の初期の面白さが満載であります)

いやいや、記事にしたいのは
このことじゃない。

我が家の石鹸が紛失したのであります。
洗面台に置いてあったもう少しで
なくなるかというくらい小さくなった石鹸。
小さくなったとはいっても
一度で使い切るほど小さかったわけじゃない。

ここで父に対しての疑念がよぎる。
「とうとう石鹸を食うようになってしまったか・・・」
「いやいや、最近ずいぶんとしっかりしてきて介護度も2になったし」
(その前は3)
「でも何が起こってもおかしくないぞ・・・」

しかし、探せど探せど石鹸は出てきません。
恐る恐る父に聞いてみます。
「石鹸、知らない?」
「うん、捨てた~」
やっぱり食べるわけないよね、ホッとしたが、
なんで捨てるんじゃあ~~~~~~!

話をよくよく聞いてみると
入れ歯入れに石鹸が入っていたので捨てたとのこと、
それだけで捨てることはないと思うのだけれど、
どうやら私の嫌がらせだと思ったらしい。
;;

そういえば、その朝はのっけから不機嫌だった。
そうか、頭にきて捨てたのだな。

石鹸のトレイは蛇口の上にある。
そして、いつも蛇口の横には
入れ歯入れが置いてある。
多分私が顔を洗った後に滑って落ちて
入れ歯入れに入ったのだろう。
というのがことの真相であろう。
決して嫌がらせなどではない。

怒って抗議することもできましたが、
石鹸の置き場を変えるのが一番賢明な方法であるようです。
A1180_003783jpg
イメージです^^

応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年7月 9日 (日)

最低気温16℃を記録しました

こんにちは。
今日の記事はただの愚痴ですw
 
 
 
 

昭和1桁をかろうじて逃れている父はやはり
アナログ人間です。
(人のことは言えないが)
いや、ボケかもしれませんが・・・。
とにかく電気機器の操作はまず覚えてくれません。

今日も帰ってみると、エアコンをつけていました。
つけていたのはいいんですけれど、
温度設定がかなーり低めです。(20℃でした)
こちらがうっかりしていたのもいけないのですが、
リモコンの場所はわかっているので自分でつけたようです。

昨年、暑いさなかそれでも
エアコンくらいの管理はできるだろうと
任せておいたら最低は16℃設定にしていました。
いくら北海道生まれだと言っても
それはないだろうと。
それからというもの
リモコンは渡さずに温度管理もこちらでしています。

どうりでその月の電気料金に目玉が飛び出たわけだ・・・。

電話の操作もなかなか覚えないまま
匙を投げてしまいました。
電話を掛けるボタンは分かったものの
出ても無言で心配してこちらからかけ直すと
出ない・・・。
ますます心配になって
宅配の弁当屋さんに電話すると
受け取っているとのこと。
これは北海道に行っていた時のことでした。

弁当といえば、電子レンジも使えず、
ワンプッシュの方法だけ何とか覚えてもらって
食べていたようです。

IHも良し悪しで
みそ汁を温めるのに揚げ物のボタンを押していて・・・。

ざっとこんなものです。
自分で管理できないから
人任せにすることが増えてきます。
人任せにすることが不服なようで
小言を言います。
もーやってられんわ~w
と思います。

きっと、リモコンにシールを貼っておいても
暑いからと低温設定にしちゃうんだろうな。
やがて自分もそうなるのかな~><
A0002_002961jpg

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月23日 (火)

【介護】散歩に行くのも

こんにちは。
後蒔きの棉も芽を出しました^^
 
 
 
 

散歩のことを初めて記事にしたのは、
良い兆し」(2016年8月15日の記事)でした。
それから寒い冬の間と私がフルタイムで働いていた時は
休みましたが、もうすぐ1年になります。
(8月以前から始めているため)

3か月ほど休んだことになりますが、
大体軌道に乗ってきたかなと思います。

ところが散歩の内容の紹介は
まだしていませんでしたね。
どんなメニューで行っているのか、
今日はちょっとご紹介しましょう。

散歩は4コースあります。
その日の気分で父が選ぶようにしています。
それぞれ公園に行くコースですが、
公園の名前は短縮して
表にしています。
(行って来たら丸シールを貼るようにしています)

最初は公園が覚えられなくて「どのコースにする?」と聞いても
適当でしたが、最近では明らかに行く先を意識して
答えています。

大体どのコースでもメニューは同じです。
その公園に行き着くまでは
私が車椅子を押します。

1上半身の運動
これは、車椅子を漕ぐ運動です。
ステップから足を下ろし
歩くようにして車椅子を動かしがちですが、
ややもすると骨折につながりますし、
本来上半身の運動なので足は上げるように
注意しています。

2歩行の運動
平坦な場所を歩く運動です。
四点杖をついての移動になります。
最初の頃は10mもやっとでしたが、
最近では50mは歩けています。

3階段のぼりの運動
階段は大抵手すりがついているので
むしろ歩きやすいようです。
下りは怖くて歩けないのでやっていませんが、
上りは頑張ってのぼっています。

この3つです。
アパートの周りでも
この運動を満たすことはできないこともないのですが、
やはり外の空気を吸うという意味でも
少し距離のある公園に行くのは
良いことのようです。

と、ここまで書くと
とても親孝行しているようなのですが、
実は自分にとってもいい運動になっているようなのです。
車椅子を押すというのは
結構いい運動で、緩い坂道でも汗をかくほどです。
大体週3回散歩に行っていますが、
(デイケアの日は行きませんし、日曜日は休みです)
ちょうどいいのかなと思っています。
だから続いているのだとも思います。

ここだけの話ですが、このブログの画像は
散歩の時に撮ったものが結構多いんですよ^^
A0002_001530
※残念ながらこれはお借りした画像です。

よろしければ
クリックで応援を
お願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月22日 (土)

【介護】家庭でもできる作業療法?(なんだこのクエスチョンマーク)

こんにちは。
体力増進は大事です。
晴れ間を利用してちょっと山登り。
 
 
 
 

はじめに

高齢者介護の場面で特別支援学校での経験を
生かすことができる場合が多々あります。
違いは生活年齢だけかなと思っていますが、
実は生活年齢の違いは決して無視できない要因ですから
ちょっとした配慮は必要になります。

始めようと思った経緯

家にいればTVばかりをベッドに横になって見ている生活。
その人の生き方と言ってしまえば
それまでなんですが、
弊害は大きく、筋力の衰えなどにつながり、
しまいには生活動作さえもままならなくなります。
(運動しても衰えはあるのですが右肩下がりは少しでも
緩くしたい意図はあります)
しかも、TV番組は飽きることもあるようで
後で天気や日付を聞いたりしても
まともに答えられない。
ただ目に映るものを刺激としているだけのような
様子もあります。
結構な頻度で見ているのが
子供向けのアニメ。
視覚刺激と考えると
頷けるものがあります。

さすがにそれじゃあまずいだろうと
学校でも取り組んでいた
エコクラフトを取り入れてみたらどうだろうと
考えました。

エコクラフト:梱包用の平たい紙紐を編む手工芸です。
今はいろいろな色が出ていて
すっかりおなじみですね。

父は以前神棚を自作したほどですから
まあ手先は器用でした。
ものづくりに関しては
まだ興味関心はあるようでした。

エコクラフトがすぐれている点は
2色の紙紐を使うことで
発揮されます。
編む手順がわかりやすいのです。

最初手順を伝える時も
「次は青でその次は赤ね」と
簡潔に伝えることができます。

高齢者の場合失敗から学ぶことはあまりないと思っていい

人によるとは思いますが、
誰でも失敗すればモチベーションは下がりますよね。
うちの父もうまくいかないと
すぐに投げ出すタイプですw
学校だと意図的に失敗しないような
場面を作り出すことが必要な場合に
前もって成功へと導くセオリーがありますが、
高齢者で身内というシチュエーションだと
若干違ってきます。
こちらとしてもそのシチュエーションでの経験は乏しいので
どうしても失敗→対処と後手になるのは否めませんでした。

基本は取り組みやすさなのです。
そしてどの点が取り組みにくいのかは
人それぞれですから
取り組んでいる様子を見ることが必要になってきます。
(そういう時間が取れることはラッキーではありました)

見ているとどうやら1本1本の紙紐が動くので
苦労しているようでした。
そこで簡単な補助具を作ることにしました。
それがこれです。
Dsc02147
よく見るとだいぶ目を飛ばしてるな・・・

これで上に伸びる紐を固定でき、
少しはやりやすくなったかなと思います。

うまくいかなかったその訳は・・・

この作業は、うまくいっているかのように
見えました。
うまくいかなくてほどいてというのを何度も繰り返しても
嫌になる気配がありません。
一時期は
私「これ売れないかねえ」
父「売れねえよー」
なんていう会話もあったのです。
しかしいつの日かぷっつりとやらなくなってしまいました。

その訳は最初から分かっていたのです。
この作業は、もともと
朝食の時間を守ってくれなくて
守れなかった時に行うという
約束でした。
つまりは罰なのです。
じゃあ、時間を守るようになったのか。
答えは否です。

罰で行うような作業を誰が好きになるでしょうか。
答えは明白ですね。
それでも、いつか罰ではなく
自分からやり始めるだろうと
踏んでいたのです。
実際、時間を守った日に
自分から道具材料を出してきて
取り組み始めた日もありました。

そもそも罰を設定する時点で
間違いなのですが、
やり始める動機付けとして
それしかなかったと思ってしまった訳なんですね。

では、どうしたか

というわけでもう少しでできるはずだった
ごみ箱カバーは
未完成のまま終わりました。
いつかまたやるかなと黙って見ていますが、
その気配はありません。

このことを反省点にして
散歩への移行はうまくいきました。
冬の寒い時期はできませんでしたが、
デイケアのない日はほぼ毎日
散歩に行っています。
今では当時よりも早い時間に朝食を食べ終えています。

とまあうちではその動機付けに
失敗しただけなので
同じようなシチュエーションの方は
取り組んでみるといいかもしれませんよ^^

もしも役に立ったという方は
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月16日 (日)

高齢者の食について考えてみる

こんにちは。
暖かいの通り越して
暑いくらいで今半袖ですw
 
 
 
 

食事の時、父はむせることが多いです。
肺炎にでもならないかとひやひやしています。
そこでどんなふうに食べているのか
よく見てみることにしました。

食べ方が汚いのは
もう半ば諦めています。
若い頃には魚をとてもきれいに食べていたのを
覚えていますが、
今は見る影もありません。
食べこぼしがかなりあるので
最近エプロンをつけるようにしました。
それでも魚を食卓に出すと
骨が床に落ちています。
(なるべく骨のない切り身を買うようにしていますが、
若干高いのです)

手を使って食べることも増えました。
橋とスプーンを出すと
持ち替える機転が利かず
ずっとどちらかを使って食べています。

・早食いです。
・一口量もかなり多いようです。
・食べるときに時々やたら鼻息が荒いことがあります。
・殆どのものをすすって食べます。
(空気を吸い込んで食べ物を口に入れる感じ)
・むせても食べ続けようとします。
・以前だとむせる食材が決まっていましたが、
 最近は何でむせたのか不明なことも多いです。
・入れ歯を使用しています。
(ほとんど総入れ歯)
・そっくり返った姿勢で食べています。
・小脳梗塞を患ったことがあり、
 今では小規模な梗塞があちこちにあるだろうと医師から言われています。

総合的に考えて、
脳の機能低下による嚥下障害と思われますが、
自分でむせる原因を作っていることも多いように思います。

これらを考慮に入れて行った対策が以下のようになります。

まず第一段階として
食物が肺に入ることで起こる肺炎の危険性についての話を
本人にしました。
理解できたようには思えませんでした。
(その後も繰り返しむせ続けているので)

次にむせる原因となる食材をチェックし、
なるべく外すように心がけました。
不思議なのは野沢菜漬けです。
野沢菜漬けが食べたいというので
買ってきて出したのですが、
むせました。
細かく刻めばよいかなと思って刻んでも同じでした。

ゴマ、青のり、鰹節、七味唐辛子は
納得です。
でも細かいものばかりですね。
これらは細かいものゆえにむせやすくなるようです。
しかし、これをやっていくと食べられるものが
限られてきてしまいます。

次に姿勢を改めるようにしました。
足の機能が落ちてきているので
座り直すのも多少困難を伴うのですが
考えようによっては足のリハビリにもなります。

それから、食事の前のお茶を習慣化しました。
これは本人と話をして効果があるんじゃないかということで
始めました。

これらのことをしてやっとむせるのがなくなってきたように思います。
どれが効果的だったのかは分かりません。

しかし、もう一つ別の要因もあるのかなと
今密かに思っています。

それは心理的な面。

デイケアに行って、昼食をとってきますが、
むせたという話は聞いたことがありません。
家でむせたと連絡帳に書いても
様子を見ましょうということで
食事の時は気を付けてくれているようですが
一切むせたという記述がありません。

また、一緒に外食をすることがありますが、
むせたことは一度もありません。
(そんなに頻?には行っていませんが)

家にいるときだけむせる。
思い当たるフシはただ一つです。

確かに親子関係は昔からそれほど良くはないです。
父からすれば、すっかり小うるさい同居人になり下がっていると思われます。

むせないように注意する息子がいる。

このことがむせる原因になっているのかもしれません。

いやあ、介護って難しいですね。

しかし、観察していて思ったのは
やはり蛙の子は蛙、
自分もすすりながら食べることがあることに気付きました。
まだむせることはないですが自分も気をつけようと思います。
A1180_003083
※画像はイメージです。

気に留めていただけたら
クリックをお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年2月 5日 (日)

棚を作ろう

こんにちは。
バーモントカレー中辛を作りました。
それでも辛いと文句を言う父w
 
 
 
 

父は、まだかろうじて衣服の着脱が自力でできます。
移動がやや困難なため、脱いだものはそこらへんに放り、
着るものは手に届く範囲のものを適当に着ている状態でした。
いつまでも自力でやってほしい。
適切な衣服を着てほしいとの願いから
棚を作ることにしました。
ベッドの足の方向に備え付け、
ベッドに座った状態で衣服などを取りやすくします。
かごも同時に用意し、
種類ごとに分けて入れられるようにします。

安上がりにするためではありません。
収納が少ない我が家には
椅子を置いておく場所がないので、
椅子の上に足の長い棚を設置するのが
ベストだと思ったからです。

金属製のユニットのものも
考えましたが、
後々のことを考えて
木製にしました。
大きなホームセンターならば
大抵どこにもある
木製のユニットです。

支柱は等間隔にほぞが切ってあるものを4本、
天板は15㎜の厚さの合板4枚です。
これだけで棚ができます。
もちろんビスは必要ですが。

材料費はこれで12,240円
(カインズホーム)
かごは、880円のものを4個です。

そして、出来上がりがこちら。
Dsc_0299
下の椅子は頂き物の
ロッキングチェアーです。



かごは6個必要だったんですね。

そしてよく考えたら、父は昔から
整理整頓なんてする人間ではなかったのでした。
これを機に、きちんとしてもらいたいものです。
(実は自分のことは棚に上げている。棚だけに・・・
おあとがよろしいようで~)

気に入っていただけたら
クリックをお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月28日 (土)

土曜日は掃除の日

こんにちは。
風もなく穏やか。
 
 
 
 

私の仕事ではない。
父に課している仕事である。
これは部屋をきれいにすることが目的ではない。
第一にどうも時間の経過に疎い父が
曜日を少しでも頭に入れることができるように
との配慮からである。

デイケアには月曜日と木曜日に行っているが、
「今日行く日かさ?」と朝起きたときに聞かれることが多かった。
デイケアに行く日は分かっている様子なので、
今日が何曜日かということを
朝起きたときに
(できれば前日に行く支度もしてほしいのだが)
分かってほしいとの思うのである。

カレンダーを日めくりに替えた。
これは効果ありだった。
朝起きてすぐにめくれるように
ベッドの頭のすぐ上に吊るすようにしたことも
良い要因のひとつだろう。
1月1日から毎日
「日めくりはめくった?」と
言い続ける覚悟をしていたが、
私の方の三日坊主ではなく、
すっと日課に組み入れられたようだ。

月曜日、デイケア。
火曜日、ごみの日(自分の替えパンツをバケツからごみ袋に入れて縛るまでをする)
水曜日、何もなし。
木曜日、デイケアとごみの日。
金曜日、何もなし。
土曜日、ごみの日と掃除。
日曜日、何もなし。

といった具合だ。
毎日何かすることも考えたが、
あまり縛りが多くても
嫌々することになるのでやめている。

ごみの日は多分頭にまだ入っていない様子だが、
デイケアに行く日を聞くことは格段に減っている。
ちなみに掃除をする日は自分で土曜日と決めた。
土曜日=掃除の日というのは定着しているようだ。

掃除の内容は、自室の掃き掃除(掃除機を使うこともある)
汚した便器の拭き掃除。
汚した床の拭き掃除(特にダイニングテーブル下、モップを使う)
などであるが、正直後で私がきれいにしないと
いけない程度のきれいさ加減だが、
これも自分が汚したという意識をもってほしいからである。
(どうも衛生観念も乏しい、元々だが)
住まいが賃貸なので余計に気を使う。

とまあ、こんな様子で1週間が過ぎていく。
曜日ですることを決めてから
少し楽になったような気がしている。
Dsc_0295

応援していただけると
励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信