最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

カテゴリー「セルフビルド」の47件の記事

2017年6月11日 (日)

架空の世界に建つ理想形の家

こんにちは。
近年、梅雨に入ったなと思ったら、
梅雨の中休みって多くないですか?
 
 
 
 

このところ忙しくてMinecraftはおざなりになりっぱなしでしたが、
昨日起動すると何やらアップデートが。
色をいじったようですね。
それと動物にオウムが登場。
何でもジャングルにいるそうで、
ちょっとだけモチベーションがアップしちょります。

ここでちょっといいこと思いつきました。
Minecraftの世界では建築ができるのですが、
わたくしめのワールドの拠点としている家々は
どことなく今建てているログハウスに
似ているのでございます。

本物の方は多分お見せするのが
余りにも恥ずかしい状態となってしまっておりますゆえ、
ちょっとこの世界に再現しているものを
ご覧いただこうかと
思い至ったわけです。

最初にお断りしておきますが、
なにせMinecraftでの建築はブロック式でございます。
それゆえ再現とはいえ壁の厚さが1mだったりするので、
かなりアバウトな再現と思っていただければ幸いです。
(ちなみに1辺1mのブロックを積んでいると
お考えください)ではいきますよ。

どど~ん!
20170610_142859
まずは正面から見た図でございます。
ずいぶん高床になっておりますので、
足場を作って撮影いたしました。
なんと6mの高さの上に家がのっております。
実際の方は1mくらいの土台となっております。
なんとなくではありますが、
ログハウスの特徴がよく出ているでございましょう?

この図では2階があるように見えますが、
実際のものはロフトとなります。
窓の位置などもほぼこの位置です。

左側の石づくりのデッキは駅に行く道を作ったものなので
実際にはございません。
前のデッキは贅沢にも白樺材を使用しておりますが、
実際のものとは異なります。

デッキには見えにくいですが、
犬(この世界ではオオカミ)が3頭おります。
頭数はともかく、実現したいことの一つであります。

20170610_142823
横から見ると丸太を組んでいるところを表現していることがお分かりになるでしょうか。
これのせいで内装が2mほど狭くなっちゃってます。
(壁の厚さを考えるともっとか)

20170610_142943
最後のは内装となります、
置いてあるものはゲーム仕様ですのでお許しを。
ですが、階段の位置はこの辺になる予定です。

さて、いかがだったでしょうか。
大体こんなものを作っています。
それでは、オウムを捕まえに行ってきまーす。

よろしければ
応援していってね^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月29日 (月)

現場の楽しい仲間たちPart2(昆虫登場・画像注意w)

こんにちは。
あっちーです><
 
 
 
 

以前Part1を書きましたが、
今年すでに動物目撃が多く(目撃でないものもありますが)
Part2としてご紹介してみましょう。

1.アオスジアゲハくん
最近よく飛んできます。写真に撮ろうとすると
どこかに行ってしまうというシャイなやつ^^
最初が一番のシャッターチャンスだったかも。

2.クロアゲハくん
これは5月以降毎日飛んできています。
最初真っ黒だと思っていたのですが端の方に黄色い模様がありました。
意味ありげな飛び方をするので、思わず惑わされそうになりますw

3.芋虫くん
これは現場ではないのですが、きっと現場にもいるでしょう。
道のカーブ先にいて危うく踏んづけられるのを免れました。

4.イタチくん
これは芋虫現場のすぐ近くでした。
前を横切る赤茶色でしなやかな体つきの動物。
イタチ君だと思うのですが・・・。
イタチが目の前を横切るのはよくない知らせという言い伝えもありますので
フェレットだということにしておきましょうw

5.ホトトギスくん
これは鳴き声だけです。
「いや~山はいいなあ」と
聞きながら思いましたが、数日後に庭先でも聞こえてきましたw

6.ウグイスくん
一番鳴いているのがこの御仁です。
すぐ近くで鳴いているのですが、
姿を見たことはありません。

7.謎の虫くん
丸太命名「モンバンムシ」くんです。
4日ほど番をしていてくれました^^

8.蚊くん
今年はやけに多い気がします。
年初めに刺されると腫れるのですが、今年はセーフ。
きっと、良い蚊ですw

9.セミくん
今日は小屋建築予定地の土ならしをしました。
ぶっとい根を掘り起こしてみると
何やらしがみついているものがあります。
セミの幼虫でした。
備中ぐわを使って掘っていたのですが
さぞかしびっくりしたことでしょう。
こっちもびっくりしました。

今年成虫になるのかどうかは分かりませんが、
いずれにせよ出番はまだ先。
そっと戻しておきました。

ここに住んだら毎日でも会えるのかな?
そんなことも楽しみです。
A0960_002231
「呼んだ?」
「いやいや、君じゃないから」

最後の画像にクスッとした方は
応援ボタンを押してみよう^^

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月18日 (木)

ガーデンパラソルに憧れて

こんにちは。
昼飯は
お好み焼き定食でございました。
 
 
 
 
ホームセンターに行く度指をくわえて見ているガーデンパラソル。
これ、ホントにログハウスに似合いそうですよね。
このパラソルを広げて
夏の暑い時でも椅子に座って日陰でそよ風を受けながら読書・・・。
(妄想暴走中です><w)

31wjuayrgnl


頭の中では、今のウッドデッキを東側に広げて大きく取りたいな
と思ってます。
(いつのことやら・・・)
今のウッドデッキは結構うまくできたので
ちょっと気をよくしていることは事実ですw
以前の記事参照

さて、現実に戻りますと
少し暑いなあと思う時でも現場に車を駐車していると
温度計は30度越えを表示します。
暑さは本当に体力を消耗させます。
そこで!今使っているのは
ビーチパラソル!

去年から使っています。
ベースに水を入れて、パラソルを立てると
日影ができ、少しはしのぎやすくなります。
また、農機の燃料とかも
その日陰に入れておきます。

海辺がとてもよく似合うビーチパラソルは
畑の脇に立てるとなんだか少し異様ですが、
そんなことは構っちゃいられません。
どうせ誰も見ちゃいないし・・・。w

休憩はそこでとります。
プラスチックのガーデンチェアーと
昼飯やら飲み物やらタオルやらを入れたトートバッグ。
それだけを見たらリゾート気分が満喫できますが、
なにせそこで休んでいるのは
作業着(しかも安全のため長袖!)を着たおっさんです。
リゾートのかけらもありませんw

ガーデンパラソルに憧れても
そこで寛いでいる自分は妄想の中でも
外してありますw

ガーデンパラソルに行きつく前に
小さな小屋を建てそこで涼めるようにはしたいと考えています。
電気もひかなくてはいけませんね。

うまくデッキがでっきたらw(好評のようなのでまた使う)
小屋は一度解体してデッキの更に東側に
設置できたらいいなと思います。
(そしたらそこは仕事場^^)

それまでガーデンパラソルは
指をくわえて見ているだけにします。

☆お知らせ☆
本日、「廻り道通信」でも記事をアップしています。
タイトルは「もうラッキーとしか言えない」です。
刈り払い機について書いておりますので
もしよろしければ訪問してくださいね^^

よろしければ
応援の程、
お願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年5月 8日 (月)

ロープワークができなくて

こんにちは。
久しぶりにビールを飲みました。
 
 

 

 

自分の車に積めないほどの長尺のものも
当然必要になってくるわけです。
(材木は言わずもがな、梯子、単管パイプなど)
さすがに大量注文した時は建材屋さんにもってきてもらいましたが、
そのほかはホームセンターのトラックをお借りしていました。

ホームセンターでトラックを貸出しているところは
多くありますが、大体が軽です。
軽で運べるものは大抵私の車で運べるものなので、
ここでカインズホームの出番となります。
当時、この辺では、普通トラックを貸出しているのは
カインズホームだけでした。

ちなみに料金は1時間無料、それ以上は時間単位で料金が発生していました。
(いくらだったかなあ、今は変わっているかも)
住所などいくつかの項目を用紙に書いて
免許証を見せれば貸し出してくれます。
(当然店のものを買わないとダメですがw)

買い物を済ませてから貸し出しという
運びになるのですが、
(ここで素人は手違いが起きないかちょっと不安)
量があるときはフォークリフトで載せてくれたりもします。

また、レンタカーと違ってガソリンの満タン返しを
する必要がありません。
(場所によって違うかも)

さらにさらに積み下ろしに時間がかかっても
ちょっとだからおまけね♪
と言ってもらえたりもします^^

しかもロープ付きです。
しかし、このロープが曲者で
(お前だけだろがと言われそうです)
私はロープワークができません。
学校の業務でも何度も出てきましたが、
覚えられた試しがありませんw
1回結んで輪を作りその輪にくぐらせて・・・
というところまでは覚えているのですが
何度やってもすぐほどけてしまいます。

そんなロープを前に途方に暮れていると
そこにいた警備員のおじさんが
慣れた手つきで縛ってくれたこともありました。
(なんて親切なおじさんなんだ!)
当然お礼を言いましたが、
縛り方を教えてくださいとは言えませんでしたw

そんな私に救世主が現れました。
それがラチェット式荷締め器です。
化繊の平ロープになりますが、
フックがついていて、
ラチェットで締めるだけで
荷締めができます。

長さもいいろいろあってとても便利です。
(5mからあります)
それからというもの
このラチェット式荷締め器のお世話になりっぱなしです。
(しかし、その都度持っていくのを忘れ、その場で買うという
体たらく・・・)

このラチェット式荷締め器、
ビニールシートを張るときにも役立ちました。
(ちょっと長さがあって余ったロープのそばで刈り払い機など使うと
とんでもないことになりますけどねw)

そろそろまたお世話になることになりそうです。
Mono5097110417012502
通販サイトから画像をお借りいたしました。

気に留めていただけましたら
クリックで応援の程
お願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月24日 (月)

ビニールシート消費王

こんにちは。
昼にトンカツ食べちゃいました。
 
 
 
 

屋根材をつけるまで大活躍のビニールシートですが、
こうも建築期間が延び延びになると
その消費量もかなりなものとなります。

ちょろいちょろい
(床下地張り完了からログを積み始めるまで)

基礎の高さが地面からは1メートル弱ありますが、
てっぺんがフラットなため管理はしやすかったこの頃。
雨が降っても箒で掃き出すぐらいで済んでいましたね。
家の中央に6mくらいの単管パイプを立ち上げ
テントにしたこともありました。

かき出すのにバケツ?
(1階部分のログが積み終わる頃まで)

ログが積みあがってくると雨が溜まるようになり
シートを外していざ作業に取り掛かろうとしても
まず中の水をかき出さなくてはなりませんでした。
もうそれだけで時間がかかり、
時にはかき出しただけで本日の作業終了~
となった日もありました。

ついにバケツじゃ手に負えなくポンプ導入
(部屋の間仕切り終了後)

この頃になると、いちいちシートをかけるのも面倒くさくなり
作業が続けられて天気が続くと判断した時には
シートを掛けないで仕事を終わりにしちゃったこともあります。
天気が急変して、朝仕事に行く前に慌ててシートを掛けに行ったこともありました。
また、間仕切りができて
雨水がたまるところも
数か所に分断されるようになり
もうバケツじゃあ手に負えなくなり、
ポンプを導入しました。
(コンクリート練りの時に買った沢水取水のポンプを転用・電動)

再び上面がフラットに、でも油断は禁物
(ロフト床下地張り完了後)

ロフトの床下地を張ってから
少し楽になりましたが、
約半分は吹き抜けです。
水のたまる場所は1か所になりました。
ポンプ使用です。

もう水には悩まされない?
(屋根骨組み完了後)

上の面が傾斜になったので
もう水たまりには悩まされない?
と思いきや、壁と屋根骨組みの間に
水が溜まっていました。
中から見ると大きな水風船が垂れ下がっているかのようでした。
外からシートを引っ張ると
お約束の自分が水をかぶるという事態に陥り
すっかりしょげて着替えをしたなんて話もw

今度は風かよ
(屋根下地張り完了後)

屋根の下地張りが済むと
さすがに水の心配はなくなりました。
しかし、今度は風で大きくはためくようになり、
シートがこすれるところがすぐに破けたり
ロープで固定していてもほどける事態になりました。
また、この頃からあまり現場に行かなくなり
穴が開いたまま放置ということもあったと思います。
A0960_005721
※画像は全くのイメージです。

一体何枚?

さて、こうして現在に至るわけですが、
各項目ごとに少なくとも2枚以上はビニールシートを買っていると思われます。
後半になるにつれ覆うべき面積も増え、
より大きいものが必要になりました。
屋根下地張りが終わると市販されている一番大きいものでは足りず
2枚掛けています。
気が付けば軽く軽トラ一杯分くらいのビニールシート
(穴が開いてボロボロ)
が今処分を待っています。

だんだん高所になる

建築が進むにつれビニールシートを張るのにも
手間がかかるようになります。
屋根が形になってくると
てっぺんに単管パイプを渡し
その上を滑らせるようにして
張っていました。
(作業の時はめくる)
張り方は、長いロープを用意して
端に結び付け、おもりを屋根の向こうにえいやっと
投げる方式で張りました。

こんなふうに大活躍のビニールシートですが、
使い終わればただのゴミです。
リサイクルで庭の雑草除けに張ろうとも考えましたが、
放置しすぎで桑やら葛やらが根をはびこらせ
使い物にならない始末。
処分するのに途方に暮れているのでありました。
Dsc_0217

気に留めていただけたら
クリックしていただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月21日 (金)

(扉のない)ログハウスの夜

こんにちは。
散歩に行こうと思ったら
雨が降ってきて
取りやめたらやんだ。
 
 
 
 

さて昨日は無用に煽った感が大きかったですが、
写真を載せることはできませんでした。
1個前のデジカメで撮影しているはずですが、
なぜかデジカメは破壊され、
メモリーカードの姿が見当たりません。
(呪いか・・・?w)

気を取り直してまいりましょう。
臆病者の私ですが、
「慣れれば平気さ」と
平日、勤務の後にアパートには帰らず、
現場へと向かいました。

扉はないですが、
電気(仮説電柱による)ガス(カセットボンベ)
水(ペットボトル)通信(電話線もひいていました)
はあります。
さらに、TV、電子レンジもあり、
とても文化的な生活ができます。
しかし、扉がまだ取り付けてない・・・。

明かりは電池のランタンのみ、
投光器はありましたが、
誰もいないはずの現場に明かりが漏れていたら
不審者だと思われるので
点けませんでした。(見る人はいないだろうけれど)

早めの夕食をとって
TVなど見て早めに寝ることにしました。
ランタンを消すと真っ暗です。
急に心細くなってきます。

研ぎ澄まされなくともいいのに
視覚がさえぎられると
聴覚がさえてきます。

少しの物音でも気が付いてしまいます。

盗難にあったこともあり、
ねぐらにしてはいないだろうなとか、
口封じされたらどうしようなどと
いらん事ばかり考えるようになります。

また、ランタンをつければ余計なものが見えそうな気もするし、
耳をふさげば危険を察知できないかもしれません。

もう完全にテンパりました。

ふいに足場にしている単管パイプが何かのはずみで
ギィィーッと音を出したりします。
「あれは単管パイプの音以外の何物でもない」
と自分に言い聞かせるのがやっとでした。

当然眠りに就くことなどできないと
思いましたが、最後の記憶は午前1時の表示を
見たとき。

やっと夢の世界に踏み込むことができたようです。

朝がきて朝日を浴びながら思いました。
「生きてるって素晴らしい!」
いつの間にかつけっぱなしのTVでは、
やたら爽やかなアナウンサーが「おはようございます」と言っていました。
(TVはワンセグのお風呂TV、小さいやつです)

そして、そのまま出勤。
眠くて散々な1日になったのは言うまでもありません。
(ハッ、オチがない・・・。)
A0960_006452
※画像はイメージです

応援が励みになります
よろしくお願いします


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月20日 (木)

心霊写真の正体見たり

こんにちは。
季節はまたひとつ進み、二十四節気では「穀雨」
七十二候では「葭始生(あしはじめてしょうず)」の頃となりました。
 
 
 
 

土地の契約が済んで、もう少し整地するからと
夢への一歩を踏み出したのに
お預けを食らってしまいました。
(整地してもらわないことには住めないのだけれど)

主に小川を渡る橋の架け替えと
土地に至る道の整備だということでした。

その間、進捗状況を見に何度も足を運んだものです。

なんでも不動産屋=地主さんは
その場所を小さなパーク(公園ではなかったようです)
にする計画でいたらしく、
ミニ分譲地として宅地を6区画
(どのように区割りされているのか自分の土地以外は
さっぱりわからない)
ちょうど私の土地の隣に水をひいて小さな滝を作ったりという
構想でいたらしいです。
(ま、その構想も入居者がいないということでおじゃんになったようです)

まそんな土地だけれど、
まさしく自然破壊の一端を担うことになるわけで
少しは後ろめたくもあったわけです。

せめて建築前の姿を残しておこうと思ったのかどうなのか
まだ何もない(一応道はある)場所の写真をバシバシ撮っておりました。

当時まだ、フィルムのカメラとデジカメが五分五分の活躍をしていた頃かと思います。
なぜなら両親はその場所をフィルムカメラで撮っておりました。
私はデジカメです。
ですので五分五分(サンプル数2w)・・・

後で写真を見ると・・・・・

写ってはいけないものが写っていました。
それも無数に!(ぎえぇぇぇぇぇぇ~~~~)

何か白い球体のようなものが
無数に、それも何枚もの写真にふわふわと浮かぶように
写り込んでいたのです。
しかもなんとなく透けている感じがします。
「いわくつきか・・・!;;」
「そういえば、雨がぽつぽつ降り出してきた時だったな」
雨のシチュエーションとは心霊写真にうってつけです。
それではコマーシャル。
8962

「あ、そうか!」
なんのことはない。
どうやら雨粒がフラッシュに当たって
そんな効果を出したというのが正解のようです。

なにせどみそ(上越地方方言:臆病者の意)なもので
夕方近く作業をしているとガサガサ音がしてびくっと
音のした方向を見るとタヌキだったり、
扉もないのに「ぎぎーっ」と音がすると驚き、
注意して聞き耳を立てると杉の木が風に揺れて出す音だったり、
チキン野郎は年中ビクついています。

さて、次回はそんなどみそな丸太さんが
まだ扉のないログハウスに泊まった時の
お話です。
その夜、いったい何が起こったのか・・・


クリックしていただけると
ログハウスが建つかもしれません「え?」


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 6日 (木)

土地探しで分かった「自分を置きたい場所」

こんにちは。
新しもの好きで
マクドナルドの
「グラン クラブハウス」
食べちゃいました。
 
 
 
 

土地探しには結構手間をかけたと思っています。
セルフビルドという制約の中で
眼鏡にかなう物件は思いのほか
なかったように思います。

まず、当時は今のように職を退くことは
考えていなかったので、
まず千葉県だろうなと。
(郷里のことは少しだけ頭をよぎりましたが、
いくら隣県といえども秩父じゃあ野田や市川でも通勤は不可能です)
そして、千葉県の中だと
あまり南の方や東の方は現実的じゃないなと
当時の職場から判断しました。

そうなるとエリアはかなり狭まってきます。
当時よく
「田舎暮らしの本」を
購読していましたが、
物件紹介も載っている
ページを見ながら
当てはまるエリアにある物件には出かけて行ったのを
覚えています。

そしてかなり具体的になってきた頃、
不動産屋にも行き、
条件から当てはまる物件を探してもらいました。

海なし県から千葉に来て
もちろん海の見える家はいいなあとは思っていましたが、
条件を話すときに
不思議と「山」というキーワードが出てきていました。

社会に出てから、
人口の多いところで暮らしてきました。
やはり、生まれたところへ還っていくというのは
あるのかもしれないなと思います。
(ちょっと早すぎだけどw)

そんな訳で結局決めた土地は
どこか育った故郷を感じさせる
山間となったのです。
(そんなに深くはないんだけどね^^)

また、こんな一面もあります。
確かにあの時期は人に影響されないで
生きていきたいと思うこともありました。
だから、山奥の仙人のような生活に
憧れたといっても
あながち嘘ではありません。
ところがある不動産屋では、
「道(県道)のどっち側がいいか」と聞かれ
「こっちがわ」と答えていました。
「理由は?」と聞かれ、
「人がいそうな気がするから」と答えていました。
自分の身の置き場所は
あの頃から人の中なのだと思っていたのかもしれません。
(隣の家は見えない場所になったけどね^^)

とどのつまり、私は
ある程度人のいる山に住みたいのです。

A1800_000007
画像はイメージです。
(実は白川郷^^同じ縮尺で写真を撮ったら家の数は
多分10分の1以下ですw)

クリックしていただけると
小躍りして喜びます。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年3月14日 (火)

殆どのものはホームセンターで揃うのだが

こんにちは。
待ちきれない方のために
(そんなひといるのか?w)
ちょっとビルド関係の記事を。
 
 
 
 

近年ホームセンターの充実ぶりには
目を見張るものがあります。
セルフでログハウスを建てるなら
多分大き目のホームセンターで
事足りると思っていました。

時には店頭のものでは数が足りないこともありましたが、
注文すれば取り寄せてくれました。
(突然必要になったものはちょっと工期が遅れ、困りましたが)

しかし、中にはホームセンターでいくら探しても
ないものもありました。

それが、あまりログが重なっていないところに使う
六角頭の長いねじボルト。

ログをしっかりと
組ませるための縦方向に通すボルトです。
短いのはホームセンターにあったのですが
継ぎ足して使うことなどはできませんので
(ここが素人ビルダーの発想w)
ちょっと困ってしまいました。

こういう時は
金物屋さんです。
(建築資材専門の方が望ましい)

実は、大きなホームセンターに行くよりも
近くにその金物屋さんはありました。
ボルト類の品揃えがホームセンターよりも豊富で
目的のボルトもすぐ数が揃うほどでした。

灯台元暗しとはよく言ったもので
あんなに探し回ったのに
こんなところにあるなんて
と肩を落としたものです。

そして何より営業時間が
朝早くからやっていることも
大きなプラス材料。

ま、ホームセンターも
建築関係は朝早くから店を開けているところが多いのですがね。

それではほかの建築資材も
そこで調達か?
と思うのが自然ですが、
そうしなかったのは
やはりコストパフォーマンス。

特に電動工具系などは
良いものなんでしょうが
だいぶ高めです。

やはり上手に使い分けて
いくのがいいみたいです。

A1180_001175

※お借りした画像です。

もし気に入ってもらえたなら
応援クリックをお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月19日 (木)

役立つツール

こんにちは。
せめてツールの話を。
 
 
 
 

過去には電気を通していたのですが、
現場にパタリと行かなくなって
電気料金支払いも滞り、
(住んでいるところに転送をお願いしてあったのに)
今現在では電気が通っていない状態です。
改めて電気を通すのは、
小屋を建ててからとしたいので、
小屋を建てるときに使う道具はどうするか。

多分なかったか、あっても高かったんだと思います。
充電式丸鋸。
これがあれば、充電を家でして、
現場で使えるわけです。
あとはインパクトドライバーがあれば
(充電式・これは前からありますね)
何とかなると考えています。

ところでこの充電式丸鋸、
買うときに注意が必要です。
大手のものはセットで売っていることが多いのですが、
ホームセンターのプライベートブランドのものは
本体、バッテリーパック、充電器とすべて別売りです。
全部揃えないと動かないわけですが、
足し算をすると結構な値段になってしまうことが
あります。

そりゃ、性能がいいのかもしれません。
大手メーカーのものは確かにそうでしょう。
でも本宅に取り掛かれば、テーブル式の丸鋸は
必須アイテムだと考えていますから、
ここに金をかけたくない。
そこで私はコメ〇のものにしました。

ツーバイ対応と書いてありますから、
多分大丈夫でしょう。

なにより、充電式であれば
コードを誤って切断したということがないのが
魅力です。

以前はブラック&デッカーを
よく使っていたのですが
いつの間にか見なくなりました。
(レベルマーカーなんて優れもの<当時>もありました)
素人がちょこっとすごいものを作るには
魅力的なツールが満載でした。
価格も低め設定だったように思います。

と思って検索をかけたら
まだあるようですね。
ホームセンターがこぞってプライベートブランドを出しているので
見かけなくなったんですね。
A0003_001502

もし気に入られましたら、
応援をお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

  • Link
    廻り道通信