最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« ポシャコ | トップページ | 鍋一番 »

2017年10月12日 (木)

SORAMIMI

事実だけを皆さんにお伝えして
その後どうなったか
あるいはどうしたか
もっと言えばどうしたいのかを
ずっと考えていました。

まず、生き返っているのじゃないかと
何度も寝床を開けては見てみる、
触って確かめてみるを繰り返していました。
しかし当然のことながらポシャコの魂はもぬけの殻。
ピクリとも動きません。

でもそろそろ認めないわけにはいきません。
腐敗することが何よりも抵抗があったので、
折しも季節外れの高温が続いていたので
仕方なく保冷剤を抱かせました。

保冷剤を入れてからは
埋葬のことを考えます。
ポシャコだったらどうしてほしいだろうか
考えてもピンとくる答えはありません。
取り敢えず、現場の土地に埋めることにいったんはしたものの
仕事があるため、朝早く穴掘りに行っても
間に合うか分かりません。
1mは掘った方がいいとサイトにも記述がありました。

それに烏にやられていたことを考えると、
他の動物にあばかれるのもかわいそうに思います。

あれやこれや考えていたら
眠れなくなりました。

夜に出した結論は
火葬にしてもらって骨壺を受け取って
時間のある時に埋めようというものでした。

翌日、どのくらい時間がかかるものか分からず、
また、寝不足もあって
仕事は休むことにしました。

ネットで調べたペット霊園に行くと
自宅の敷地に埋めるのはよくないと言われました。
しかし、そのことよりも
仲間といた方が寂しくないかもしれないと
霊園に安置してもらうことにしました。

こうしてお別れをしてきました。

そういえば、

まだ気持ちが逡巡していた
10月11日午後7時40分頃確かに猫の鳴き声が聞こえました。
この辺に猫を飼っているお宅はありません。
さよならと言いに来たのかな。
それともこんな目に合わせやがってかも。
どちらにせよ少しだけ嬉しい空耳でした。

見送りのことも含めて
ただの自己満足だったかもしれませんけれどね。

« ポシャコ | トップページ | 鍋一番 »

今日のポシャコ(猫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126356/65908970

この記事へのトラックバック一覧です: SORAMIMI:

« ポシャコ | トップページ | 鍋一番 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信