最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« ポシャコと休日 | トップページ | 一人と一匹の野良仕事 »

2017年10月 8日 (日)

待ち時間の間読んだ本

こんにちは。
二十四節気も「寒露」の候となりました。
初候は「鴻雁来(こうがんきたる)」の頃です。
 
 
 
 
 

待ち時間ができそうでした。
本でも読もうと
最近読書持久力のない私は
短い話がたくさん詰まった
エッセイを読むことにしました。

このブログもエッセイといえばエッセイといえなくもないのかなw
私もときどき書く食べ物のエッセイにしてみました。
もしかすると何か盗める技があるかもしれない・・・。

「いとしいたべもの」森下典子 文・画 文春文庫

何がいいって、
「食べたいなあ」と思う食べ物を得るのに
比較的安易に手に入るものばかりなところがいいです。
(松茸は除くw)
そんな22品の食べ物を懐かしい言葉とともに
綴られています。

ただ懐かしくなるだけじゃなく
食べたくなる。
これは本を購入した時から決まっていたことなのかもしれません。

オムライス
サッポロ一番味噌ラーメン
塩ジャケ
水羊羹
カレー
芋ようかん
どん兵衛
たい焼き
カレーパン
・・・その他いろいろ

どうです?すぐ買える(作れる)でしょう?
さて、読み終わって2・3日経ちましたが、
もうすでに2品食べています。

さてそれは何でしょう?
(正解は一番最後に)

読み進めてみると
著者の年齢は私よりも上であることが分かりましたが、
登場する食べ物の脇役を見ると
「あー、それあったねえ」となりました。
重なる部分も多いようです。

軽くノスタルジックに
ひたれるけれども今も変わらぬ味のものは
ややもすると日常の忙しさの中に埋もれてしまって
栄養摂取のために食べることになってしまう。

改めて過去に経験した味を探りながら
食べるのも良いものだと思いました。

さて文作の技は?
懐かしさで忘れていました。
もう一度読んでみようと思います。

(解答:芋ようかんとどん兵衛でした~^^)
6722

※プールサイドに座っていたら「たれぱんだ」と言われたことのある丸太です

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« ポシャコと休日 | トップページ | 一人と一匹の野良仕事 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126356/65890685

この記事へのトラックバック一覧です: 待ち時間の間読んだ本:

« ポシャコと休日 | トップページ | 一人と一匹の野良仕事 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信