最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« 懐かしきポンコツ君 | トップページ | 母の残していったもの »

2017年5月15日 (月)

あの日見た花の名前を僕はまだ知らない

こんにちは。
タイトルがアレですが、筆者が秩父出身なだけで
本文は関係がありません。
期待した方、ゴメンナサイ。
さて、「立夏」も末候となりまして
「竹笋生(たけのこしょうず)」の頃となりました。
 
 
 
 

自然相手に仕事をしていると
自然をよく見るようになるのかもしれない。
野草の名前も結構覚えたし、
次はホタルブクロが咲くころだななんてのが分かるようになる。

5月の頭ごろ、畑の脇に白い花が咲いていた。
花の大きさはポピーの花ぐらい、
白い花びらは5枚でちょっと縮れている。
バラ科の花である気がしたが、
他の野草と一緒に生えていたので、
葉までは確認しなかった。

取り敢えず写真をとっておいたが、
家に帰ると
また気になりだし
調べ始める。
Dsc02157


取り敢えず画像検索。
「春の野草 白」で検索をかけると、
白くない花も含めてズラーっと並ぶ。
その中で

「カジイチゴ」

が一番似ている気がする。
やはりバラ科の野草である。
しかし、低木だという。
木っぽいのがあそこに生えていたっけ?

このカジイチゴ、名前のごとく
実がなり美味しいらしい。
もう花は終わったようなので
間もなくすると
美味しい実にありつけるかもしれない。

楽しみがまた一つ増えた。
もしカジイチゴだったら、
増やしてみよう。

別の日。

畑の入り口には
チェーンでバリケードが施してあるが、
その脇の葉っぱに
虫がとまっていた。

あまり見慣れない虫だ。
黄色い模様が入っている甲虫のようだ。
大きさはテントウムシをふたまわりくらい
大きくした感じ。

これも写真にとっておいた。
家に帰ってまたもや検索をかけたが
こちらは何かわからない。
Dsc02174

雨が降って2日畑には行かなかった。
3日後、行ってみると
まったく同じ場所に
その虫はとまっていた。

取り敢えず、
畑の入り口にいるので
「モンバンムシ」
と名付けておこう。

応援していただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 懐かしきポンコツ君 | トップページ | 母の残していったもの »

綿花・畑仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126356/65283122

この記事へのトラックバック一覧です: あの日見た花の名前を僕はまだ知らない:

« 懐かしきポンコツ君 | トップページ | 母の残していったもの »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

  • Link
    廻り道通信