最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の31件の記事

2017年4月30日 (日)

結構イケる?綿菓子屋の野望

こんにちは。
「穀雨」の末候「牡丹華(ぼたんはなさく)」の頃です。
そして次はもう「立夏」。
早いですね。
 
 
 
 

巷ではポテトチップスが話題になっているらしいですが
その話題と逆行するように発売されるのが
「パインアメ味のポテトチップス」
(山芳製菓:130円:5/15発売)
どんな味なのか興味津々であります。
(そりゃパインアメの味だろう)
まあ、スッパムーチョとかもあるので
アリっていえばアリなのかも。
5902dfefcd6d8
ここまでが前フリです。

学校での夏休みのイベントと言えば
納涼大会でした。
(保護者会主催です)
教員も手伝いとして駆り出され
いろんな模擬店を出店します。
(中には芸能活動する先生もw)

私も甚兵衛にタオル鉢巻き、丸眼鏡のサングラスという
怪しい格好で営業いたしました。
担当模擬店は綿菓子屋。

ワタクシ、常日頃から考えておりました。
ありきたりの綿菓子じゃあ面白くない。
斬新な綿菓子を作ってやろうじゃああ~りませんか。

綿菓子はザラメを融かして作るお菓子。
そのような原理なら飴でもできるはず。
支給されたザラメもそっちのけで
コンビニへ走る走る。
(甚兵衛では行きませんでしたよ)

いろいろな飴を買って
試してみました。
殆どは酸っぱみは残るものの
フレーバーが弱い!
そこで採用となったのが
「パインアメ」でございます。

パインアメをビニール袋に入れて
木槌で数回殴ればザラメのようになります。

色こそ黄色くはなりませんが、
もう味もフレーバーもパイナッポー!
とろぴか~るな怪しさに
そりゃあもう、子どもたちは大喜びさ^^

在庫はすぐに切れ、
(パインアメって1個1個が小さいんだよな~)
今度はスーパーに買いに走っておりました。

さてこの綿菓子製造機、
借り物なんです。
いつも分解しお湯できれいに洗ってお返しするのですが、
いつもより念入りに洗ったのは
言うまでもありません。

翌年の担当がポップコーン屋になったのは
匂いが残っていたから?w

追:ポップコーンはチキンライスの素で
チキンライス味にしてみましたよ。
もちろん機械はきれいに洗って・・・。

気に留めていただけたら
応援していただけると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月29日 (土)

ありがとう、感謝です(201~300)

こんにちは。
GWのスタートです。
 
 
 
 

がっつりお給料をもらう仕事をしていたこの期間。
まさかの休載もありましたが、
読んでいただいている皆様のおかげで
また300記事の節目を迎えることができました。
何より感謝の一言でございます。

さて恒例の100記事区切りの
お約束。
アクセス数ランキング発表を行いたいと思います。

10位 嗚呼、古き良きサイゼリヤよ(4/25)
大学時代のよき思い出です。
チェーン展開が日本全国に広がりつつありますが
打てば響く感じのアクセスでした。

9位 身に着ける色(2/18)
本当は気に入りのオレンジ色のネクタイの画像を載せたかったのですが
この前日から仕事を始めていて
学校に置いてきてしまっていたという
エピソードがあります。

8位 高齢者の食について考えてみる(4/16)
嚥下障害は学校でもよく見られました。
医療的ケアの研修も役だったように思います。
しかし・・・むせてるのにどうして食べ続けるかねえ。

7位 引っ越し後も手つかずだった段ボール箱3箱を開けてみたら予想以上にカオスだった件について(4/18)
最長のタイトル名の記事です。
記事はエクセルでも管理していますが、
セルに入りきりません(入りきるようにするとほかの項目が見えなくなります)
予想以上にネタの宝庫だったことも付け加えておきますw

6位 気に入りだったブランド(3/4)
おしゃれには全く興味はないので
そんな私の書く記事に
どうしてこんなにアクセスがあったのか首をかしげています。

5位 なんかちょっと嬉しいスーパー(4/7)
直前まで載せようか考えあぐねた記事です。
かなりローカルなものなので^^
故郷の企業が頑張っていると
嬉しくなります。
この企業、秩父市に寄付もしているとか・・・。

4位 土地探しで分かった「自分を置きたい場所」(4/6)
できればかなり初期の記事は書き直したいと思っています。
これはその一環で「廻り道通信」へとつなげていきたいと思っています。

3位 皿洗いがお仕事です(3/29)
年度替わりで本当に仕事がなかったんです。
今頃は・・・また汚くなっているだろうなw
ポスターカラーは本当によく使いますよこの業界。

2位 記事にはしないと思っていること(2/20)
仕事上のちょっとほっとする話には
枚挙に事欠きません。
そんな話を披露したくて
序章として書いた記事です。

1位 「KUMIMOKU」と「ジョイパネ」の比較(12/20)
なんと!集計期間外にアップした記事が堂々の1位です。
CAINZさんとジョイフル本田さんでは
全国的にみると規模が違うので
ジョイフルさんには分が悪いかなと
思いますが(関東ではすごいんですけど)
どちらも通販で取り寄せできるはずです。
反響の大きさからそうするわけではありませんが、
今後、小屋を建てるのでそのレポートもお楽しみに^^

それでは!今後もよろしくお願いいたします(ペコリ)
A0023_000038
フッフッフ

気に留めていただけたら
クリックしてください。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月28日 (金)

第300話

こんにちは。
今年初めての入道雲を見ました。
A1380_001393
※画像はイメージです。

2月3月4月と右肩上がりにこのブログへの
アクセス数が増えています。
何とも嬉しい限りでございます。

理由ははっきりしています。
「ブログサークル」に加入し、
コメントしていたら増えました。
ブログサークルのお仲間様様でございます。

それまでどこの誰に発信したいのか
分からないままただ「面白そうな話」を
掲載してきましたが、
読み手の方々の顔は見えずとも
この話題なら興味を持ってもらえるかなと
考えながらアップするようになりました。

もう一つ嬉しいことは
滞在時間が伸びてきていることです。
(まるで小学生の作文w)
それまでは、滞在時間が1分ないページが多く、
お気軽に「ぱっと読めるブログ」だからいいかぁ。
と思っていました。

しかし、時間をかけて読んでもらっていると思うと
やはり記事作成にも力が入ってきます。
常連の皆様、
なんとなく文字数が増えている気がしませんか?
このブログ^^
(昨日はそうでもない)

なので最近ちょっと記事ストックが増えています。
ネタが浮かぶとすぐにメモをとっておき
(気まぐれですが)
それだけでは話題としてはもたないことが多く、
何かとかぶせて記事を作成することが多くなってきました。

とまあこんなしょーもないブログなんですが、
末永いお付き合いをお願いいたしまして
第300話を閉じたいと思います。
(明日は201~300の振り返りの予定です)

よろしければ
クリックしていただけると光栄です。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月27日 (木)

茶葉だけは潤沢にあるので玄米茶に仕立て直し

こんにちは。
耕運機の調子はどうだべ。
 
 
 
 

朝起きて、ブログなどのチェックを終えて
まずすることはお茶を入れること。
仏壇の母と自分の二人分。
実家を取り壊し、位牌を持ってきて
小さな仏壇を買いました。
その仏壇に毎日お茶を供えます。

お茶は一日おきに玄米茶と蕎麦茶のローテーション。
茶渋が目立たない鼠色の湯呑みの時は玄米茶。
白い湯呑みの時は蕎麦茶。
(11月~4月)

我ながらいいアイデアです。
湯呑みの色を見れば今日どっちのお茶を入れればよいのかわかります。

「そろそろ、玄米茶が切れる頃だな」
そう思っていたら食器棚の上に忘れられていた
煎茶を発見。
賞味期限も大丈夫そうです。

「これに玄米を足せば玄米茶だよな」
早速作り方を調べます。
簡単でした。玄米を煎るだけです。
買い物メモに「玄米」と書きました。

メモしたことを忘れないうちに、玄米を買ってきました。
(少量では売ってなくて、玄米茶を買った方が安かったけれど)
(それにもうすぐ冷たい麦茶の季節ですよw)

フライパンで炒り始めます。
IHだとどれが中火なのかまだよく分かっていません。
取り敢えず「3」にして
玄米は3握り。
香ばしい匂いが部屋中を満たしていきます。

煎るだけでは手持無沙汰で
前日ソラマメを買ったことを思い出し
さやから出して茹で始めたりします。

今夜はボンゴレ。
色味がないからこのソラマメも入れようか。
ミニトマトもあるから入れればイタリアンカラーです。

玄米はまんべんなく色づいてくるのではなく
色覚検査模様。
1時間ほどかけて炒りましたが、
とうとうポップコーンのようにはねる粒は
ありませんでした。
次はIHを2?4?にすればいい?
これ以上煎ると炭になりそうなので
そこで止め、まだ冷えていない玄米を
ひとさじ急須に。

煎りたてで香ばしさいっぱいの玄米茶ができました。
つまみ食いのソラマメを添えて。
A0006_001001

クリックすると
楽しい記事がいっぱいですよ^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月26日 (水)

カートと車椅子に関する小市民からの警告

こんにちは。
今回は最後にお知らせがございますので
最後までお付き合い願えれば嬉しいです。
 
 
 
 

小市民は皆外反小指(ソンナノナイ?)なのではないだろうかと疑っている。
小市民たる者、足の小指を何かにぶつけ
誰にも悪態をつけないまま痛みをこらえるのが
お約束。

気がつけば、私の健康カテゴリーの記事には、
足回りのことがとても多いことに気付く。
(足腰弱ってるのかなあ)
夏の名残の足の斑点」では
爪先を覆うエバロンサンダルのことを
書きましたが、
エバロンサンダルを履くきっかけになったことは
まだ書いてなかったですね。

小指を守るためにあのサンダルにしたのでした。

さて話を戻しましょう。
昨日の散歩の途中でやってしまいました。
いつも公園に着くと
父が歩行訓練に入るため
私は無人の車椅子を押して
歩いてほしい距離を設定し
そこに車椅子を停めておきます。

その途中、右足の小指を車椅子に
ぶつけてしまいました。
そもそもサンダル履きでの散歩がいけないんですけれどね;;

思えば・・・
やはり去年サンダルを履き始めた頃に
スーパーのカートで
いやというほど右足の小指を強打し
爪がはがれるほどであったのです。

それで爪先を覆うサンダルにしたのですが、
そのサンダルでもまさかの内出血・・・
(メラノーマかと焦ったのはナイショw)

今回は爪ははがれませんでしたが、
一晩たった今、内出血でどす黒くなっています。
(なぜに指の内側?w)
痛みはおさまっています。

私はもともと靴下、靴の類が嫌いです。
できれば裸足で外を歩きたいくらい・・・。
でもそうも言っていられないので
サンダルを履くのですが
このところトラブル多し!

小市民の皆さん!
裸足には敵がいっぱい。
隙を見せてはなりませぬぞ。
(靴履けよ!!)
A0027_001442_2

さて、小市民からのお知らせです。
この度、「廻り道通信」なるものを立ち上げました。
記事第1号(ご挨拶を除く)をアップしております。
拙いものではございますが、どうぞそちらもご贔屓に。
(これは警告ではありませんのでご安心をw)

最後までお付き合いありがとうございました。
クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月25日 (火)

嗚呼、古き良きサイゼリヤよ

こんにちは。
「穀雨」の次候、「霜止出苗(しもやみてなえいずる」の頃です。
気が付けば田植えが終わっている
田んぼも多いようです。
 
 
 
 

このブログにおいでくださった皆さん。
あなたの街にはサイゼリヤはありますか?

それはまだサイゼリヤが今みたいにチェーン展開をしていなかった頃の話。
既に何店舗か展開した後でしたが、
私が千葉県に来た頃は「街のレストラン」的な佇まいだったのです。

JR稲毛駅を降りて正面のビルの地下にサイゼリヤはありました。
大学の仲間とよく飲んだり食べたりしたものです。

当時からイタ飯屋ではありましたが、
夜はちょっとした洋風居酒屋な雰囲気だったのを覚えています。

階段を下りていくと
なんだかずいぶん大人になった気分がしたものでした。

それこそ大学に入るまではパスタ
(いえスパゲッティと呼んでいましたが)
はミートソースとナポリタンくらいしか
食べたことがなく、
「イカスミ?なにそれ」の世界でした。
都会に来たからにはw全部味わってやろうと密かに思っていましたが、
とうとう全パスタメニュー制覇の夢はかないませんでした。
(一人では店に入れなかったためw)

友だちと行くと
必ずオーダーしたのは
「あさりのワイン蒸し」
今はメニューにはありませんね。
「焼肉ハンバーグ」
味が変わっちゃった気がします。
(今でもよく食べますが)
そして、当時ちょっとかっこいいなと思ったのが
友だちが「裏メニュー頼もう」と言って
頼んだ「ホウレンソウのソテー」
その頃はメニューにはありませんでした。
(これは逆に今はありますね)

私もちょっとすかしてみたくなって
他の友達がフォークとナイフに苦戦しているのを見て
割りばしを頼んだ覚えがあります。

とまあ青春時代のよき思い出の場所が
なくなるのは寂しいものです。
(当然、その店舗は今はありません)
裏メニューを頼んだ友だちも
今では故郷に帰っていきました。
(その県にはサイゼリヤがないという)

もし今まだあの店があって昔のままの
雰囲気だったら・・・
一人で食事しに行こうと思うのでしょうか?
一人でもとても入りやすくなったサイゼリヤで
焼肉ハンバーグを食べながらそんなことを
考えていました。
A0002_011672
※画像はイメージです。このようなメニューはサイゼリヤにはありません。

気に留めていただけたら、
クリックしていただけると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月24日 (月)

ビニールシート消費王

こんにちは。
昼にトンカツ食べちゃいました。
 
 
 
 

屋根材をつけるまで大活躍のビニールシートですが、
こうも建築期間が延び延びになると
その消費量もかなりなものとなります。

ちょろいちょろい
(床下地張り完了からログを積み始めるまで)

基礎の高さが地面からは1メートル弱ありますが、
てっぺんがフラットなため管理はしやすかったこの頃。
雨が降っても箒で掃き出すぐらいで済んでいましたね。
家の中央に6mくらいの単管パイプを立ち上げ
テントにしたこともありました。

かき出すのにバケツ?
(1階部分のログが積み終わる頃まで)

ログが積みあがってくると雨が溜まるようになり
シートを外していざ作業に取り掛かろうとしても
まず中の水をかき出さなくてはなりませんでした。
もうそれだけで時間がかかり、
時にはかき出しただけで本日の作業終了~
となった日もありました。

ついにバケツじゃ手に負えなくポンプ導入
(部屋の間仕切り終了後)

この頃になると、いちいちシートをかけるのも面倒くさくなり
作業が続けられて天気が続くと判断した時には
シートを掛けないで仕事を終わりにしちゃったこともあります。
天気が急変して、朝仕事に行く前に慌ててシートを掛けに行ったこともありました。
また、間仕切りができて
雨水がたまるところも
数か所に分断されるようになり
もうバケツじゃあ手に負えなくなり、
ポンプを導入しました。
(コンクリート練りの時に買った沢水取水のポンプを転用・電動)

再び上面がフラットに、でも油断は禁物
(ロフト床下地張り完了後)

ロフトの床下地を張ってから
少し楽になりましたが、
約半分は吹き抜けです。
水のたまる場所は1か所になりました。
ポンプ使用です。

もう水には悩まされない?
(屋根骨組み完了後)

上の面が傾斜になったので
もう水たまりには悩まされない?
と思いきや、壁と屋根骨組みの間に
水が溜まっていました。
中から見ると大きな水風船が垂れ下がっているかのようでした。
外からシートを引っ張ると
お約束の自分が水をかぶるという事態に陥り
すっかりしょげて着替えをしたなんて話もw

今度は風かよ
(屋根下地張り完了後)

屋根の下地張りが済むと
さすがに水の心配はなくなりました。
しかし、今度は風で大きくはためくようになり、
シートがこすれるところがすぐに破けたり
ロープで固定していてもほどける事態になりました。
また、この頃からあまり現場に行かなくなり
穴が開いたまま放置ということもあったと思います。
A0960_005721
※画像は全くのイメージです。

一体何枚?

さて、こうして現在に至るわけですが、
各項目ごとに少なくとも2枚以上はビニールシートを買っていると思われます。
後半になるにつれ覆うべき面積も増え、
より大きいものが必要になりました。
屋根下地張りが終わると市販されている一番大きいものでは足りず
2枚掛けています。
気が付けば軽く軽トラ一杯分くらいのビニールシート
(穴が開いてボロボロ)
が今処分を待っています。

だんだん高所になる

建築が進むにつれビニールシートを張るのにも
手間がかかるようになります。
屋根が形になってくると
てっぺんに単管パイプを渡し
その上を滑らせるようにして
張っていました。
(作業の時はめくる)
張り方は、長いロープを用意して
端に結び付け、おもりを屋根の向こうにえいやっと
投げる方式で張りました。

こんなふうに大活躍のビニールシートですが、
使い終わればただのゴミです。
リサイクルで庭の雑草除けに張ろうとも考えましたが、
放置しすぎで桑やら葛やらが根をはびこらせ
使い物にならない始末。
処分するのに途方に暮れているのでありました。
Dsc_0217

気に留めていただけたら
クリックしていただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月23日 (日)

写真素材を撮りに行き、運動不足も解消しようと思ったら蛇にはばまれた話

こんにちは。
肉じゃがを作ります。
 
 
 
 

なんか自前の写真が少ないなーと思いまして
段ボール箱整理の際に出てきたデジカメをもって
写真を撮りに行きました。

行き先は「いちはらクウォードの森」(市原市民の森)です。
Dsc02114
鯉のぼりが迎えてくれました。

なんだかチェンソーの音が大音響です。
それもそのはず。
ただいま「いちはらアート×ミックス」開催中で
ここクウォードの森も会場になっていました。
アートには縁がないので素通りなのですが、
敷居が低くなっているのもこのイベントの特徴です。

このクウォードの森、結構好きでよく来ています。
四季折々の景観が見られる場所で
まだ行ったことはありませんが
冬はイルミネーションも設置されます。
お隣のチェンソーの音はチェンソーアートらしく、
丸太んぼを刻んでいました。

足湯も売りでしたが、今はやっていないようでした。
その右手奥に写真展示をしてあり、その奥にはやはり
アートミックスの展示があるようでした。(有料らしいです)

表はこのくらいにして森の中へと入っていきます。
もう桜は終わっていましたが、
枝にちらほら残っている花がありました。
トンネルを2つくぐると
まず目につくのは
「マムシ注意!」の看板。
思えばこれが警鐘だったのでしょうかw

ここから植物をどんどん撮っていきますよ。
最初は・・・
「あっ、ワスレナグサだ」
パチリ。
キュウリグサよりも花が大きいので
(それでも1センチ足らず)
違いの分かる男には初級編です・・・
と思ったら家に帰って調べると違いました。
トホホ。
Dsc02107
これは、近所で撮ったキュウリグサ。かわいい花です。
ほんとにキュウリグサかな、不安になってきたw
Dsc02116
これがクオードの森で撮ったワスレナグサと間違えた花。
ヤマルリソウというそうです。

そしてずんずん進んでいくと
何やら奇怪な花が・・・
マムシグサの一種のようです。
(これも帰ってから調べました。これも警鐘だったのでしょうかw)
Dsc02134
花が見えにくいですが、かなりのインパクトです。
ヒガンマムシグサというそうです。

後は小川に沿っている木道をぽくぽく進みました。
Dsc02133
ところどころにマムシグサが鎌首をもたげていました。
それを見かけなくなると
山道です。
木道も終わりです。

ユキノシタ(の葉っぱ)を撮影して
Dsc02144
運動不足解消モードに入ります。
少し行けば、林道万田野線に出るはずです。
(万田野線は気に入りの梅が瀬へと続く道です)

金網と木でできた坂を上ると山深く入った気持ちになりました。
Dsc02145
「いっちょ登るかぁ」と足を踏み出した時に
それは見えました。
今年初のヘビさん目撃です。
(去年はずいぶん遅かったのに今年はずいぶんと早い)
ヘビが道をふさいでいたので
運動不足解消モードは
音を立ててしぼんでいくのがわかりました。

踵を返すとすぐさま来た道を戻り始めました。

急に尿意を感じました。
きっとヘビさんはこの先にトイレがなく引き返した方が良いことを
教えてくれたに違いありません。
いいヘビさんだw

頭が小さく茶色だったので
マムシではなかったと思いますが、
引き返して正解です。

腹も減ってきました。
きっとヘビさんはこの先に食いもん屋がないことを・・・(以下略)

うっすら汗もかいたので
(ヘビが怖くてビビった汗じゃないゾ)
運動不足解消にもなったことと思います。
これでいいのだ。

車に戻ってすぐさま高滝湖まで引き返し
「ジャンボエビフライ定食」を食べたら
(この間高滝湖に来た時は定休日だったので食べたかったのダ)
再び運動不足モードに入ってしまいましたよ。

気に留めていただけたなら
クリックしてくださると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月22日 (土)

【介護】家庭でもできる作業療法?(なんだこのクエスチョンマーク)

こんにちは。
体力増進は大事です。
晴れ間を利用してちょっと山登り。
 
 
 
 

はじめに

高齢者介護の場面で特別支援学校での経験を
生かすことができる場合が多々あります。
違いは生活年齢だけかなと思っていますが、
実は生活年齢の違いは決して無視できない要因ですから
ちょっとした配慮は必要になります。

始めようと思った経緯

家にいればTVばかりをベッドに横になって見ている生活。
その人の生き方と言ってしまえば
それまでなんですが、
弊害は大きく、筋力の衰えなどにつながり、
しまいには生活動作さえもままならなくなります。
(運動しても衰えはあるのですが右肩下がりは少しでも
緩くしたい意図はあります)
しかも、TV番組は飽きることもあるようで
後で天気や日付を聞いたりしても
まともに答えられない。
ただ目に映るものを刺激としているだけのような
様子もあります。
結構な頻度で見ているのが
子供向けのアニメ。
視覚刺激と考えると
頷けるものがあります。

さすがにそれじゃあまずいだろうと
学校でも取り組んでいた
エコクラフトを取り入れてみたらどうだろうと
考えました。

エコクラフト:梱包用の平たい紙紐を編む手工芸です。
今はいろいろな色が出ていて
すっかりおなじみですね。

父は以前神棚を自作したほどですから
まあ手先は器用でした。
ものづくりに関しては
まだ興味関心はあるようでした。

エコクラフトがすぐれている点は
2色の紙紐を使うことで
発揮されます。
編む手順がわかりやすいのです。

最初手順を伝える時も
「次は青でその次は赤ね」と
簡潔に伝えることができます。

高齢者の場合失敗から学ぶことはあまりないと思っていい

人によるとは思いますが、
誰でも失敗すればモチベーションは下がりますよね。
うちの父もうまくいかないと
すぐに投げ出すタイプですw
学校だと意図的に失敗しないような
場面を作り出すことが必要な場合に
前もって成功へと導くセオリーがありますが、
高齢者で身内というシチュエーションだと
若干違ってきます。
こちらとしてもそのシチュエーションでの経験は乏しいので
どうしても失敗→対処と後手になるのは否めませんでした。

基本は取り組みやすさなのです。
そしてどの点が取り組みにくいのかは
人それぞれですから
取り組んでいる様子を見ることが必要になってきます。
(そういう時間が取れることはラッキーではありました)

見ているとどうやら1本1本の紙紐が動くので
苦労しているようでした。
そこで簡単な補助具を作ることにしました。
それがこれです。
Dsc02147
よく見るとだいぶ目を飛ばしてるな・・・

これで上に伸びる紐を固定でき、
少しはやりやすくなったかなと思います。

うまくいかなかったその訳は・・・

この作業は、うまくいっているかのように
見えました。
うまくいかなくてほどいてというのを何度も繰り返しても
嫌になる気配がありません。
一時期は
私「これ売れないかねえ」
父「売れねえよー」
なんていう会話もあったのです。
しかしいつの日かぷっつりとやらなくなってしまいました。

その訳は最初から分かっていたのです。
この作業は、もともと
朝食の時間を守ってくれなくて
守れなかった時に行うという
約束でした。
つまりは罰なのです。
じゃあ、時間を守るようになったのか。
答えは否です。

罰で行うような作業を誰が好きになるでしょうか。
答えは明白ですね。
それでも、いつか罰ではなく
自分からやり始めるだろうと
踏んでいたのです。
実際、時間を守った日に
自分から道具材料を出してきて
取り組み始めた日もありました。

そもそも罰を設定する時点で
間違いなのですが、
やり始める動機付けとして
それしかなかったと思ってしまった訳なんですね。

では、どうしたか

というわけでもう少しでできるはずだった
ごみ箱カバーは
未完成のまま終わりました。
いつかまたやるかなと黙って見ていますが、
その気配はありません。

このことを反省点にして
散歩への移行はうまくいきました。
冬の寒い時期はできませんでしたが、
デイケアのない日はほぼ毎日
散歩に行っています。
今では当時よりも早い時間に朝食を食べ終えています。

とまあうちではその動機付けに
失敗しただけなので
同じようなシチュエーションの方は
取り組んでみるといいかもしれませんよ^^

もしも役に立ったという方は
クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月21日 (金)

(扉のない)ログハウスの夜

こんにちは。
散歩に行こうと思ったら
雨が降ってきて
取りやめたらやんだ。
 
 
 
 

さて昨日は無用に煽った感が大きかったですが、
写真を載せることはできませんでした。
1個前のデジカメで撮影しているはずですが、
なぜかデジカメは破壊され、
メモリーカードの姿が見当たりません。
(呪いか・・・?w)

気を取り直してまいりましょう。
臆病者の私ですが、
「慣れれば平気さ」と
平日、勤務の後にアパートには帰らず、
現場へと向かいました。

扉はないですが、
電気(仮説電柱による)ガス(カセットボンベ)
水(ペットボトル)通信(電話線もひいていました)
はあります。
さらに、TV、電子レンジもあり、
とても文化的な生活ができます。
しかし、扉がまだ取り付けてない・・・。

明かりは電池のランタンのみ、
投光器はありましたが、
誰もいないはずの現場に明かりが漏れていたら
不審者だと思われるので
点けませんでした。(見る人はいないだろうけれど)

早めの夕食をとって
TVなど見て早めに寝ることにしました。
ランタンを消すと真っ暗です。
急に心細くなってきます。

研ぎ澄まされなくともいいのに
視覚がさえぎられると
聴覚がさえてきます。

少しの物音でも気が付いてしまいます。

盗難にあったこともあり、
ねぐらにしてはいないだろうなとか、
口封じされたらどうしようなどと
いらん事ばかり考えるようになります。

また、ランタンをつければ余計なものが見えそうな気もするし、
耳をふさげば危険を察知できないかもしれません。

もう完全にテンパりました。

ふいに足場にしている単管パイプが何かのはずみで
ギィィーッと音を出したりします。
「あれは単管パイプの音以外の何物でもない」
と自分に言い聞かせるのがやっとでした。

当然眠りに就くことなどできないと
思いましたが、最後の記憶は午前1時の表示を
見たとき。

やっと夢の世界に踏み込むことができたようです。

朝がきて朝日を浴びながら思いました。
「生きてるって素晴らしい!」
いつの間にかつけっぱなしのTVでは、
やたら爽やかなアナウンサーが「おはようございます」と言っていました。
(TVはワンセグのお風呂TV、小さいやつです)

そして、そのまま出勤。
眠くて散々な1日になったのは言うまでもありません。
(ハッ、オチがない・・・。)
A0960_006452
※画像はイメージです

応援が励みになります
よろしくお願いします


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月20日 (木)

心霊写真の正体見たり

こんにちは。
季節はまたひとつ進み、二十四節気では「穀雨」
七十二候では「葭始生(あしはじめてしょうず)」の頃となりました。
 
 
 
 

土地の契約が済んで、もう少し整地するからと
夢への一歩を踏み出したのに
お預けを食らってしまいました。
(整地してもらわないことには住めないのだけれど)

主に小川を渡る橋の架け替えと
土地に至る道の整備だということでした。

その間、進捗状況を見に何度も足を運んだものです。

なんでも不動産屋=地主さんは
その場所を小さなパーク(公園ではなかったようです)
にする計画でいたらしく、
ミニ分譲地として宅地を6区画
(どのように区割りされているのか自分の土地以外は
さっぱりわからない)
ちょうど私の土地の隣に水をひいて小さな滝を作ったりという
構想でいたらしいです。
(ま、その構想も入居者がいないということでおじゃんになったようです)

まそんな土地だけれど、
まさしく自然破壊の一端を担うことになるわけで
少しは後ろめたくもあったわけです。

せめて建築前の姿を残しておこうと思ったのかどうなのか
まだ何もない(一応道はある)場所の写真をバシバシ撮っておりました。

当時まだ、フィルムのカメラとデジカメが五分五分の活躍をしていた頃かと思います。
なぜなら両親はその場所をフィルムカメラで撮っておりました。
私はデジカメです。
ですので五分五分(サンプル数2w)・・・

後で写真を見ると・・・・・

写ってはいけないものが写っていました。
それも無数に!(ぎえぇぇぇぇぇぇ~~~~)

何か白い球体のようなものが
無数に、それも何枚もの写真にふわふわと浮かぶように
写り込んでいたのです。
しかもなんとなく透けている感じがします。
「いわくつきか・・・!;;」
「そういえば、雨がぽつぽつ降り出してきた時だったな」
雨のシチュエーションとは心霊写真にうってつけです。
それではコマーシャル。
8962

「あ、そうか!」
なんのことはない。
どうやら雨粒がフラッシュに当たって
そんな効果を出したというのが正解のようです。

なにせどみそ(上越地方方言:臆病者の意)なもので
夕方近く作業をしているとガサガサ音がしてびくっと
音のした方向を見るとタヌキだったり、
扉もないのに「ぎぎーっ」と音がすると驚き、
注意して聞き耳を立てると杉の木が風に揺れて出す音だったり、
チキン野郎は年中ビクついています。

さて、次回はそんなどみそな丸太さんが
まだ扉のないログハウスに泊まった時の
お話です。
その夜、いったい何が起こったのか・・・


クリックしていただけると
ログハウスが建つかもしれません「え?」


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月19日 (水)

「北海道田舎移住日記」

こんにちは。
風は強めですが
今日はカーテンを洗いました。
なんとなく部屋が明るく感じます。
 
 
 
 

昨日の段ボール箱から出てきた
1冊をご紹介いたしましょう。

「北海道田舎移住日記」はた万次郎著:集英社文庫

この本を手に取った動機は簡単に推測がつきます。
まずタイトルに「北海道」「田舎移住」と
2つも興味をそそる言葉が並んでいる。
これは買わずにはいられないでしょう。
それにわんこもにゃんこも出てくる出てくる。

こんな暮らしができるのかと
思い切り羨ましいと思いました。
この方、漫画家ということですが、
この本は絵がそこここにちりばめられたエッセイ?(日記)です。

もちろん漫画の出版もあります。
「ウッシーとの日々」というタイトルですので、
そちらも興味のある方はどうぞ。
(ウッシーとはわんこです)

作者がおおらかな大地で
(時には厳しい時もありますが、特に寒さ)
おおらかな暮らしをするその様子がよく分かります。
北海道(それも結構北の方)での田舎暮らしがどのようなものなのか
知りたい方にはうってつけではないでしょうか。

さて、ここに登場するウッシー君、
もう亡くなっていると思いますが、
作者はペットロスだったのでしょうか。
一時期メディアにあまり出てこなかったように思います。

もしかすると私がカオスな箱にしまったとたん、
記憶から抜けただけかもしれません。
というのも、この本から
作者のサイトを知り、
ずっと拝見させていただいていたのですが、
多分PC買い替えあたりのタイミングで
ぷっつりと見なくなってしまっていました。

昨日本が出てきて、あのサイトはどうなったかな?
と思い検索してみると
ありました。
「はたまん文庫」というサイトです。
こちらは漫画で1ページの量が少なめですので
これからちびちびと遡りながら
拝見させていただこうと思っています。

そうそうそういえば一時期、北海道の風景の絵一コマだけといった
こともありましたね。
今は「トト」というわんこさんと一緒みたいです。
(楽しみがなくなるのでまだそんなに閲覧していません)

それにしてもカオスな箱から取り出してみると
全ページが変色してる;;
もっと書物は大事にしなきゃですね。
20051208

よろしかったら
クリックして行ってくださいね^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ムムム・・・なんかあるぞ

2017年4月18日 (火)

引っ越し後も手つかずだった段ボール箱3箱を開けてみたら想像以上にカオスだった件について

こんにちは。
桜もほとんど散っちゃいましたね。
 
 
 
 

私は書類を探している。
もうかれこれ1週間も。
しかしどこにもない。
そこで禁断の「引っ越しの時(4年前)にとりあえず詰めた段ボール箱」を開けてみることにした。

このページに行きついた方は
JITTERIN'JINNさんの「プレゼント」を聴く感じで読んでいただけると
楽しめるかと思われます。
それではいきます。

まったく記憶にないギフト券3000円分

多分何かの電気製品に付いてきた単3単4の乾電池2本ずつ

あまり自分は写っていない写真 相当数

開けてないエクセル2003のソフト

まだ作ってない家の模型

まだ作ってない船の模型

この箱の中ではОパーツと呼べる草刈り鎌

正月のビンゴ大会で当たったミニチュアのクリスマスツリー

使いかけの蚊取り線香の缶

白い錆の出ている1円玉

何も情報が入っていないUSBメモリー

コード類が一切ないGAMECUBE

いつ使おうと思ったのかわからない携帯用トイレ

もう使うこともないだろうフロッピーディスクドライブ

同じくテレカ

貯めてから使おうと思っていたクオカード

もう行かない病院の診察券

母が書いたラベルの貼ってある有田焼の湯呑みの木箱

レザークラフト試作品のペンケース

風呂で1回だけ楽しんだ家庭用プラネタリウム

2本買ったうちの1本のフォーク

買ったのはいいが今一つ使い方の分からないパイレックスのガラスの鍋

たぶん見たページは数ページのw学習指導要領

神社に納め忘れたお守り

なんでこんなにたくさんあるのかと思わせる未開封の樟脳の袋

備長炭だと思ったら竹炭

20年近く借りっぱなしの「星の王子様」

多分もう食べられない安房水産高校で作られたマグロの缶詰

箸を洗うのも面倒くさかった頃の割り箸立てに使っていた直径15センチの缶

重宝なのだがやたらコードの長い小さな掃除機

あんどもあー。

そして書類はでてこない。
Dsc02113

クリックしていただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月17日 (月)

セーラー服を着せないで

こんにちは。
東京湾にクジラが来たって?
 
 
 
 

最初はセーラー服のダイレクトメールでした。
これが就職期の新卒女子就職ガイドまで続きます。
(その後はとんとなくなりましたが)
セーラー服のダイレクトメールが届いたときには
内心怒りましたが、
何度も続くと
「またか・・・」と
諦めの境地です。

どうも、名前(本名)の女子力が高いらしい。

いいこともありました。
振り込め詐欺の類の電話は
実家に掛かってきたことがありません。
(知らないだけであるのかもしれませんが)

職場がらみの名簿はそこら中に出回っているようで
それを見て掛けてきているらしいです。
(職業柄、この上ないターゲットらしいと聞いたことがあります。
実家の電話番号の項目はないのにどうやって調べているんでしょうかねえ)
いつの頃からか
この名簿に記載する住所や電話番号を
皆さん省略するようになりまして
私もそれに倣いました。

若い頃はこの名前が軽く嫌でした。

もっと前にはロンパールームという幼児向け番組の
「鏡よ鏡よ鏡さん」のくだりで
妹の名前が呼ばれた日には嫉妬を覚えたくらいです。
(ついぞ私の名前は読んでもらうことはありませんでした。
見ていた限りではw)
妹の名づけのときの名前候補にもちょっと当時にしては
ぶっ飛んだものがありましたが
それにならなくてよかったと
彼女は胸をなでおろしていましたっけ。

大学時代は代辺なるものが横行していましたw
生物学の教授は
ついに名前を憶えてくれなくて
講義が終わるまで(半期だったと思います)
女子だと思われていたふしがあります。
なので、代辺などはできないなぁと思っていました。

とはいえ
大人になってよくよく自分の名前を
眺めれば、
名字から名前までで
きちんと意味の通る
ものになることを
発見して
そこまで狙って考えたのかどうかは別にしても
自分の名前に誇りまで覚えるようになりました。
改めて感謝です。

あとは名前負けしないようにこれからも生きていかなくてはですね。

取り敢えず、セーラー服を着ずに済んでよかったですw
C52b9fc8f2db3a02f332e607c8d78b5e

この記事に最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
よろしかったらクリックしてくださいね^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月16日 (日)

高齢者の食について考えてみる

こんにちは。
暖かいの通り越して
暑いくらいで今半袖ですw
 
 
 
 

食事の時、父はむせることが多いです。
肺炎にでもならないかとひやひやしています。
そこでどんなふうに食べているのか
よく見てみることにしました。

食べ方が汚いのは
もう半ば諦めています。
若い頃には魚をとてもきれいに食べていたのを
覚えていますが、
今は見る影もありません。
食べこぼしがかなりあるので
最近エプロンをつけるようにしました。
それでも魚を食卓に出すと
骨が床に落ちています。
(なるべく骨のない切り身を買うようにしていますが、
若干高いのです)

手を使って食べることも増えました。
橋とスプーンを出すと
持ち替える機転が利かず
ずっとどちらかを使って食べています。

・早食いです。
・一口量もかなり多いようです。
・食べるときに時々やたら鼻息が荒いことがあります。
・殆どのものをすすって食べます。
(空気を吸い込んで食べ物を口に入れる感じ)
・むせても食べ続けようとします。
・以前だとむせる食材が決まっていましたが、
 最近は何でむせたのか不明なことも多いです。
・入れ歯を使用しています。
(ほとんど総入れ歯)
・そっくり返った姿勢で食べています。
・小脳梗塞を患ったことがあり、
 今では小規模な梗塞があちこちにあるだろうと医師から言われています。

総合的に考えて、
脳の機能低下による嚥下障害と思われますが、
自分でむせる原因を作っていることも多いように思います。

これらを考慮に入れて行った対策が以下のようになります。

まず第一段階として
食物が肺に入ることで起こる肺炎の危険性についての話を
本人にしました。
理解できたようには思えませんでした。
(その後も繰り返しむせ続けているので)

次にむせる原因となる食材をチェックし、
なるべく外すように心がけました。
不思議なのは野沢菜漬けです。
野沢菜漬けが食べたいというので
買ってきて出したのですが、
むせました。
細かく刻めばよいかなと思って刻んでも同じでした。

ゴマ、青のり、鰹節、七味唐辛子は
納得です。
でも細かいものばかりですね。
これらは細かいものゆえにむせやすくなるようです。
しかし、これをやっていくと食べられるものが
限られてきてしまいます。

次に姿勢を改めるようにしました。
足の機能が落ちてきているので
座り直すのも多少困難を伴うのですが
考えようによっては足のリハビリにもなります。

それから、食事の前のお茶を習慣化しました。
これは本人と話をして効果があるんじゃないかということで
始めました。

これらのことをしてやっとむせるのがなくなってきたように思います。
どれが効果的だったのかは分かりません。

しかし、もう一つ別の要因もあるのかなと
今密かに思っています。

それは心理的な面。

デイケアに行って、昼食をとってきますが、
むせたという話は聞いたことがありません。
家でむせたと連絡帳に書いても
様子を見ましょうということで
食事の時は気を付けてくれているようですが
一切むせたという記述がありません。

また、一緒に外食をすることがありますが、
むせたことは一度もありません。
(そんなに頻?には行っていませんが)

家にいるときだけむせる。
思い当たるフシはただ一つです。

確かに親子関係は昔からそれほど良くはないです。
父からすれば、すっかり小うるさい同居人になり下がっていると思われます。

むせないように注意する息子がいる。

このことがむせる原因になっているのかもしれません。

いやあ、介護って難しいですね。

しかし、観察していて思ったのは
やはり蛙の子は蛙、
自分もすすりながら食べることがあることに気付きました。
まだむせることはないですが自分も気をつけようと思います。
A1180_003083
※画像はイメージです。

気に留めていただけたら
クリックをお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月15日 (土)

春のうららかな日のおかどちがいな実践

こんにちは。
いつも父のシーツを洗う毎日、
今日はやっと自分のもふもふパッドを洗うことができました。
ついでに枕カバー、掛けカバー、クッションカバーもね。
 
 
 
 

彼は将来の希望に燃えて
予備校に通っておりました。
自分の夢をかなえるためには
片道2時間の電車通学など
へっちゃらでした。

でも時には息抜きも必要です。
彼は春のうららかなある日に
午後の授業をサボタージュして
再び2時間かけて
自分の家に戻ることにしました。

「東京は怖いところ」
そんな刷り込みがあったのかなかったのか、
東京で遊ぶことなど
頭の片隅にも
ない田舎者でした。

家の最寄りの駅で降り
のんびり将来のことなどを
考えながらてくてくと歩いていました。

眠気を誘うような春の陽気、
田んぼはしろかきも終わり、
稲の苗が植えられるのを待っていました。

のんびり歩いて行くうちに
ふと彼は
「教育者を志すのであれば、人の気持ちをわからねばならない」と思い立ちました。
「目が見えない人の気持ちはどんなだろう」
「早速実践だ」

ちょうちょが舞う田んぼ道、
アスファルトで舗装されている道を足の感覚だけを頼りに
目をつぶって歩き出しました。
「幸い誰も見ている人はいない」

とても怖いものでした。
目を開けたいけれど我慢して
(半ば意地みたいになってきました)
歩く速度も変えずに前に進みます。
まっすぐ歩いていたつもりでした。
急に体全体ががくんと下に移動しました。

左足から生ぬるいぬるっとした感覚が上ってきます。
そこで初めて目を開けました。
やはりまっすぐ歩いていました。
道が曲がっていたのです。

いつの間にか近くにいた農家のおじさんは
「何やってんだ、おめえ」と
言いたそうに彼を見ていました。

春のなんだかうれしくなるような空の下、
恥ずかしさだけを彼に残して
風が吹いていきました。

「あ‘’~~~~~恥ずかしいったらありゃしねえ!!!」
「秋にすればよかった」(え。違う?)
Dsc_0345_2

興味をひかれましたら
クリックお願いします^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月14日 (金)

4月生まれは損?得?

こんにちは。
本日頃より「清明」の末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」です。
本日も最後までお付き合いいただければと思います。

 
 
 
 

唐突ですが4月生まれです。
プレゼントは前後6か月受け付けています。

小学校入学時に4月生まれは生まれてから約84か月経っています。
それに比べて3月生まれは約73か月です。
生活してきた時間の差は13%もあります。
これを単純に18歳に置き換えると
4月生まれ=18歳、3月生まれ=約14歳となり
その差が大きいことが分かります。
(実際はそんなに単純なものではないのですが)
つまり、4月生まれはアドバンテージがあるわけです。

先ほどの計算を4月生まれの18歳時を実際の歳で計算すると
4月生まれ=216か月、3月生まれ=205か月となり、
生活してきた時間の差は5%にまで縮まります。
つまり4月生まれは生きてきた経験を生かすという観点では
逃げ切り先行型となります。

まあ、生活してきた環境などの
諸要素はありますから、
一概には言えないとは思いますが、
影響は多少あると思うのです。
これを得と考えるのか、損と考えるのかは
人それぞれだと思いますけれども。

それではかなり時間が経つとどうでしょう。
私は定年までは勤めませんでしたが、
教員の定年は年度で切り替わるので、
実際は60歳の誕生日を迎えた年度末が定年退職となります。
4月生まれは60歳になってからほぼ1年働くことができるわけです。
ポジティブに表現していますが、
誕生日を迎えてあと約1年も働かなくてはいけないと思うのか
あと1年も働けると思うのかは
また、人それぞれでしょう。
ま、教員だけですかね。だからピンポイントでもあります。

と、ここまで書いてきて、生まれ月によって
損得はないという結論に落ち着きそうですが
絶対得をする場面があります。

4月といえば新しい出会いの月。
当然、自己紹介をすることが多い月です。

4月生まれは自己紹介で誕生日の言及をする場合、
祝ってもらえることが多いですw
(4月上旬だとちょっときついかも)

大学入学時が顕著でした。
一浪した私は
大学生になってすぐ20歳の誕生日を迎えました。
20歳とはアルコールが飲める歳です。
誕生祝いに新しい友とビールで乾杯ができたのです。
だからというわけではないかもしれませんが、
それで交友関係も増えたと思っています。
(実際の誕生日はそうはなりませんでしたが)

さて、4月生まれの諸君!
このチャンスを逃がす手はありませんぞ!
(すっかり自己紹介の機会もなくなった50代のおじさんよりw)
A0006_000216

ちょっと気になったら
クリックしてみましょう。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月13日 (木)

その気にさせないでw(タンポポコーヒーの作り方)

こんにちは。
いつしか、UPの時間も明るいです。
 
 
 
 

昨日の記事の反響があったので、
早速TPP(タンポポコーヒープランタープロジェクト)を
実行に移すことにしました。
最初に

「嘘をついておりました!」
ごめんなさい。
実はプロジェクト発動前から
家の庭のプランターには
既にタンポポが咲き乱れていたのでした。
ほったらかしの功罪でございます。
否。この日のためにタンポポを育てていたのです。
(嘘を重ね、恥の上塗り)

ゴホンゲフン・・・
とにかく、庭も少しきれいになり、
コーヒーも飲めるとは
一挙両得であります。
(タンポポ以外の草も抜いたよ、ヤレヤレ)

やはり思った通り、プランターのタンポポは根こそぎでも
抜きやすかったです。
(あんまり長くはなっていませんでしたが)
採集できたタンポポはおよそ10本。
洗ってざく切りにしました。
Dsc02092

で、ここからが秘密兵器の登場です。
じゃじゃ~ん。
「レンジオーブン~(ドラえもん風)」
100度の設定にして70分、太い根がまだしっとりしていたので
さらに30分かけて乾燥させました。
(天日だと3~4日必要です)
Dsc02094

次にフードプロセッサーでこれを粉砕します。
これが意外と細かくならない・・・。
それに細かくなり過ぎたものが
結構飛び出していることに気付きました。
コーヒーミルの方がいいですかねー。

約10本の根がかなり目減りしています。
しかし私は経験者、予定範囲であることは分かっています。
Dsc02097

さて、お次は焙煎ですが、これも低温にて煎り上げていきます。
コーヒー色になるとよいとか。

・・・・
・・・・・
・・・・・・

かなり時間がかかりました。
なかなかコーヒー色にはならないので
しびれを切らして
コーヒーを淹れてしまえ^^
Dsc02101

琥珀色のひと時・・・。
ここはやはりブラックでいただきましょう。
味は(アンマリシンヨウシナイホウガイイヨ)
まず落雁っぽい香りが鼻に抜け
苦味はコーヒーそのもの。
酸味はあまりないですね。
大量生産したくなりました。

オーブンで乾燥させたため
電気代が余計にかかってしまいましたが、
原材料費ただですよ!奥さん!

みなさんも野趣あふれるこのコーヒー、いかがですか。

マスター!
クリック一つお願い^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月12日 (水)

君はダンデライオン

こんにちは。
カウチポテト族の憂鬱・・・
 
 
 
 

高滝湖の周りも春爛漫でしたよ。
桜はもちろんのこと菜の花、タンポポ。

タンポポを見るとつい在来種か外来種か調べようとしちゃいます。
このタンポポ、やはり外来種に押され気味のようです。
花の下の部分、がくが反り返っていなければ在来種です。
気をつけて見られるときには
見るようにしていますが、
実に外来種が多く、少しがっかりしてしまいます。
(実は交雑も出現していて、見分けを難しくしているとか)

しかし、高滝湖で見たタンポポは在来種でした。
この後の写真を見ていただければわかるのですが、
がくが反り返っていません。
Dsc_0363
うわ、わかりにく・・・

なんだかちょっと嬉しいですね。
こんな時。
よくぞ、花を咲かせてくれたね^^

そういえば、タンポポといえば、
タンポポコーヒー。
(すぐ食の話にもって行ってしまうw)
一度チャレンジしたことがあります。

カフェインレスで体にも良いとか。
コーヒー=胃をこわすという図式が私の中にはあって、
タンポポコーヒーはどのくらいコーヒーなのか
確かめてみたくて
タンポポの根を掘りました。
ぶっとい根を張っていそうなのを狙って
掘るとかなりの手間。
ホントかなり太かったのと
掘るのに手間がかかり過ぎなので
1本で止めてしまいました。

1杯くらいは飲めるかな?
私の目論見は根が乾燥する頃に
打ち砕かれました。
乾燥で縮んでちいさーくなってしまいました。
(もちろんきちんと洗ってから干すのですよ)
どう見てもこれでコーヒーを淹れたら、
超アメリカンになりそうでした。
味なんてわかるレベルじゃありませんw

ここで失望して放っておいたら
カビまで生える始末。

本当だったら、
乾燥させた根をがりがりとフードプロセッサーで
粉砕して、焙煎し、ティースプーン2杯くらいで
美味しいコーヒーが飲めたはずなのに・・・。

ものの本によると
根10本くらいでようやく1杯分とか。

足りないわけです。

でもここでいいことを思いつきました。
タンポポのプランター栽培!
プランターならば、根を掘る手間も省けて
花も楽しめるという
一石二鳥ではありませんか。

というわけで、タンポポコーヒープランタープロジェクト
(略してTPP)スタートです。
そんなに気負わないでやってみましょー^^

気に留めていただけたら
ボタンをクリックしてくださいな。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月11日 (火)

飽食の二人

こんにちは。
雨が強い降りです。
幸いなことにこの辺では
花散らしの雨にはなっていないようです。
桜の木の下を車で通っても
花びらひとつつきませんでしたよ。
 
 
 
 

むかあし、むかし、
あるところに兄さと妹さがおった。
おったというても二人は離れて暮らしておったから、
あるところは二つじゃ。
妹さは田舎に、兄さはすこうし都に近いところじゃった。

一緒に暮らしていた頃はあんまり裕福とは
いえんかった。
でも喧嘩しながら、笑いながら暮らしておったそうな。

そんな妹さが都の役人の試験を受けに行くっつうで、
兄さのところに泊まりに来た。
兄さは勉学の途中だった。

二人は晩飯食うんベぇと
橋のたもとの茶屋に向かったそうな。
いいところを見せたい兄さは
どんどん飯を頼んでしもうた。
あんまり裕福な暮らしはしてなかったから
ここぞとばかり
御馳走を並べたのじゃった。

最初のうちは喜んで食うていた二人も
だんだん口を聞かんようになっていったそうな。
そりゃ明らかに食い過ぎじゃ。
しかし貧乏性が身について残すこともできん。
明日は役人の試験じゃというに・・・。
腹壊しちゃ本も子もなくなりはせんかいのう。

どんな時でも「腹八分目」じゃ。

えちゃぽん。
A1080_000072


なんてことがあったんですよ。
橋は寒川大橋、レストランはココスでした。
(そういえば水で流れる三味ずしっていう店もあって
どっちにしようか悩みました)

もう橋の近くのその店は二つともありません。
ですが、複数人数で食事をするときには
「おなかいっぱい」になろうとする癖は
まだ抜けていないようです。

妹は高校までバリバリの体育会系で
試合の帰りなどレストランで食事をする
ことがたまにあったようで、
私は指をくわえてその時の話を聞いたものでした。
(それが伏線となって食べ過ぎたのもそのせいかも)

妹の二人の子どもも巣立つ少し手前です。
それはそれで幸せなのじゃないかなと思います。

最後の「えちゃぽん」は
母が昔話をしてくれた時、
最後につけていた言葉です。

クリックしていただけたら
幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月10日 (月)

ダチョウの肉はもう食べない

こんにちは。
ダメだな~
またうっかりしてました。
昨日頃より
清明の次候、「鴻雁北(こうがんかえる)」でございます。
 
 
 
 

うぐいすラインを通って高滝湖へはよく行きます。
正確にはよく通るなんですけどね。
ここ15年くらいは目的地はもっと先の
梅が瀬渓谷です。
(これがまたいい所なのでいつか紹介いたします)

久しぶりに高滝湖を目的地にしてみました。
最近ブログで使う画像が借り物ばかりで
オリジナルのものを撮っておきたいということが一つ。
それにたぶん今日で見納めになるだろう桜を見たい気持ちが一つ。

朝はまだ青空がのぞいていたけれども
だんだん雲の厚みが増してくるのをみて
青空バックの桜を撮るのは早々に諦めました。

洗濯を済ませてから行ったので
着いたのはちょうど正午ごろ。

月曜日ということもあって
管理事務所の建物のゲートは閉まっていました。
この事務所の2階にレストランがあります。

ダチョウの肉料理を食べたことがあります。
それがこの2階のレストラン。
事前に調べた情報だと
今はダチョウの肉は出していないようです。
今日は空いていたならエビフライでも食べたでしょうか。
(証拠写真w)
Dsc_0370

あまり日常的に食べるものではないけど
これまでに物珍しさに食べた肉は3種類。
ワニ、トドそしてダチョウです。
あ、USJで七面鳥の肉も食べたっけ。
(欧米人は普通に食べるか・・・)

ダチョウの肉を食べた感想は「固かった」です。

たぶんもう食べることはないでしょう。
美味しくないからではなく、
馬好きな人が馬肉を食べないのと似ているかもしれません。

きっと「ぼろぼろな駝鳥」を読んだからです。

でも本当のところはどうだかよく分かりません。

食と命の問題は簡単なものではないことだけは
わかります。

クジラを食べることが保護団体から
バッシングを受けていますが、
「あんな頭の良い動物を食べるのか」
に対して
「頭の悪い動物なら食べてもいいのか」
と反論した漫画のキャラクターを思い出します。

せめて、ダチョウ以外の肉を
感謝しながら食べることにいたしましょう。

クリックしていただけると
非常に喜びます。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 9日 (日)

日本産の嗜好品

こんにちは。
霧雨が降っています。
 
 
 
 

さて問題です(いきなり!w)
次のうち日本で産していないものはどれでしょう。
1 紅茶
2 コーヒー
3 メイプルシロップ

答えは~
無しです。(イジガワルイ…)
どれも日本での産出があります。

では紅茶から。
緑茶の国ですから、
紅茶は作ってないのでは?
美味しいか美味しくないかは別として
緑茶の木で紅茶を作ることは可能と聞いたことがあります。
同じ種の木なんですね。
もちろんそれぞれに品種改良はされているでしょうから、
改良を重ねてそれぞれの特性を作り上げているのでしょう。

しかも、驚くべきことに
日本は紅茶の輸出国だった時期もあるのです。
明治から昭和にかけて輸出されていたようですが、
やがて競争に勝てず生産量は0にまで落ち込んだこともあるようです。
それが再び2000年頃から再び注目されることとなってきているようです。

次にコーヒー。
沖縄や小笠原で栽培されていることは
博識な方ならご存知でしょう。
お存知の通り
コーヒーの木は熱帯地方での
生育が適しています。
コーヒーベルトというのがあって
実は沖縄や小笠原でも少し外れているとのことです。
しかし「日本産のコーヒー」にこだわった
コーヒー農家さんの
努力で何とか栽培できるまでに至ったようです。

これだけでも驚きなのですが、
実は本州でもコーヒーを栽培されているところがあるようです。
商業ベースにはなかなか乗っていないようですが、
茨城県にあるようです。
(ちょっと資料が古くなってはいますが)
もちろん露地栽培は無理なので温室での栽培ですが、
ここまで日本のコーヒーにこだわる辺り
ロマンを感じてしまいます。

最後にメイプルシロップです。
(本日のイチオシでございます)
もちろん押しも押されぬカナダの名産品ですが、
日本でも生産されています。

その中のひとつが秩父市で生産されています。
(はい!ここ大事w)
日本にはまだメイプルシロップについての
規定はなく、カナダ人に言わせれば
「そんなのメイプルシロップじゃない」と
言われそうですが。
(樹種も違いますし)

本来ならば、味をみてご紹介するのが
筋だと思いますが、
実は知ったきっかけは
里帰りして墓参りの時に寄った
昼食をとったところ。
ポスターが貼ってあって、
この樹液サイダーがそばにありました。
「サイダーじゃなく樹液なら買ったのに」
後悔先に立たずでございます。

だから味についてコメントするのはやめておきましょう。

NPO法人「秩父百年の森」のプロジェクトのひとつで
「和メープル」と名を冠しています。
現在は品切れ中のようですがもし手に入るのなら
ゲットして味わってみたいものだと思います。
(サイダーは在庫があるようです)

なお、メーカーさんは「武甲酒造」さん。
そういえば実家の台所には
日本酒「武甲」の一升瓶が鎮座しておりました。
そのほか「源作印」のワインなどもございます。

是非とも味わっていただきたいと存じます。
まるでコマーシャルw
Maple_2

ここまでお付き合いいただいて
ありがとうございます。
よかったら
クリックしていきませんか。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 8日 (土)

アップルパイアラモード


こんにちは。
雨の中の満開の桜・・・。
 
 
 
 

簡単にできて美味しいだろうと思ったが
そうもいかないようだ。

昔、ココスでだったと思うが、
アップルパイアラモードなるものを
食べてかなり衝撃的だったのを
覚えている。

どうして食べる経緯になったのかは
覚えていないが、
なぜ熱いものと冷たいものを
一緒に食べるのかが
どうも引っかかっていたように思う。

だからたぶんではあるが勧められたのだろうと思う。
自分からはきっと食べない。

ところがいざ食べてみると
病みつきとなった。
(といっても頻繁に食べるわけではないが)
やはりレストランでデザートを頼むのは
抵抗がある。

そういえば、レッドロブスターでは
今でも「アップルコブラ」というデザートが
食べられるらしい。
その「アップルコブラ」はアップルパイではないのだが、
かなり似た味である。

高じて自分で作るようになった。
とはいえ、アップルパイを焼くほど
ではない。

市販のケーキで作るのだ。
チープなつくりは本物に迫れるか。

いつもそれを作るときは
スーパーに売っていた
ノーブランドのアップルケーキを使っていた。
私は「やたら重たいケーキ」と呼んでいる。
これが一番近いと思った。
結構なボリュームで、
多分半分にしても
食事を1回抜きたくなるくらい食べでがあった。
しかし、今回はそのケーキは手に入らなかった。
いや、似たものを見つけたから
作ったという方が正解か。

それはヤマザキの「しっとりりんごのケーキ」
(100円でした)である。
Dsc_0342

リンゴのケーキをパイ生地で包んである。
これを1センチの厚さに切って
シナモンをふりかけ
チンして温めた。
その上にバニラアイスをのせて食べた。

それはそれで美味しいのだ、
美味しいのだけれどやはり本家とは違う。
そんな感じ。
まあ、同じだったら商売あがったりだわなw

さて次に本家を食べられるのはいつになることだろう。

クリックしていただけると
いたく感動いたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 7日 (金)

なんかちょっと嬉しいスーパー

こんにちは。
動物のニュースには(特に犬)
敏感です。
 
 
 
 

以前住んでいた場所の近くに
つい行ってしまうスーパーがあります。
以前からちょいちょいこのブログにも登場しているのですが、
そのスーパーの名前は
「ベルク」
JR浜野駅の近くにあります。
(その昔パチンコ屋だったところ)
この辺はスーパーのちょっとした激戦区で
「サントク」「せんどう」ちょっと先になりますが、
「ベイシア」もあります。
昔は「ヤックス」だけだったのに・・・
(駅の反対側)

面白いことにここにあるスーパー、
「せんどう」を除き地元企業ではありません。
「サントク」は東京、「ベイシア」は群馬にそれぞれ本社があります。
そして「ベルク」は埼玉県鶴ヶ島市に本社があります。

埼玉というだけで、あまり私には縁もゆかりも
なさそうなのですが、
実はこの「ベルク」、創業は
秩父市なんです。

秩父駅前に1号店があった
(現在はない)
頃はまだ「主婦の店」という名前でした。
実家では宮側のスーパー、宮地のスーパー、熊木のスーパー
(のちに公園橋のスーパーも仲間入り)と呼んでいて
どれも「主婦の店(ベルク)」でした。
(宮地店、熊木店はまだあります、公園橋店はすでにベルクになってからだったと思います)
以前の記事に味噌ポテトのことを書いていますが、
帰省の際は必ずこのスーパーで
買い求めています。

子どもの頃から慣れ親しんだ
スーパーが違う場所で暮らすようになって
近所にできたとあれば応援せずにはいられない気持ちです。
それに、さすが秩父市創業のスーパーだけあって、
「しゃくし菜漬け」も売っているのです。
(秩父の名産漬物です)

そういえば最近「ヤオコー」(本社、埼玉県川越市)でも
「しゃくし菜漬け」は見かけますね。
何とも嬉しいです。

「ヤオコー」が登場したついでに
このスーパーにまつわる話も一つ。
実はこの「ヤオコー」も秩父市のスーパーだと思っていました。

なぜならば現在秩父市にただ一つ残るデパートの名前が
「矢尾」だからです。
秩父市にはヤオコーがなかなかできなかったのは
「矢尾」デパートがあるからだと
ずっと思っていました。

誤解だとはっきりとわかるまでに
かなりの時間を要しましたw
今では秩父市にも「ヤオコー」ができ
(ウニクス内)
こちらもよく使います。

さてさて、かなりローカルな話で
申し訳ありませんでしたが、
人は安いだけでは店を選ばないということではないでしょうか。

「味噌ポテト」、こっちの店でも売ってくれないかなあ・・・
A0002_0012571
※画像はイメージです。

クリックしていただけると
嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 6日 (木)

土地探しで分かった「自分を置きたい場所」

こんにちは。
新しもの好きで
マクドナルドの
「グラン クラブハウス」
食べちゃいました。
 
 
 
 

土地探しには結構手間をかけたと思っています。
セルフビルドという制約の中で
眼鏡にかなう物件は思いのほか
なかったように思います。

まず、当時は今のように職を退くことは
考えていなかったので、
まず千葉県だろうなと。
(郷里のことは少しだけ頭をよぎりましたが、
いくら隣県といえども秩父じゃあ野田や市川でも通勤は不可能です)
そして、千葉県の中だと
あまり南の方や東の方は現実的じゃないなと
当時の職場から判断しました。

そうなるとエリアはかなり狭まってきます。
当時よく
「田舎暮らしの本」を
購読していましたが、
物件紹介も載っている
ページを見ながら
当てはまるエリアにある物件には出かけて行ったのを
覚えています。

そしてかなり具体的になってきた頃、
不動産屋にも行き、
条件から当てはまる物件を探してもらいました。

海なし県から千葉に来て
もちろん海の見える家はいいなあとは思っていましたが、
条件を話すときに
不思議と「山」というキーワードが出てきていました。

社会に出てから、
人口の多いところで暮らしてきました。
やはり、生まれたところへ還っていくというのは
あるのかもしれないなと思います。
(ちょっと早すぎだけどw)

そんな訳で結局決めた土地は
どこか育った故郷を感じさせる
山間となったのです。
(そんなに深くはないんだけどね^^)

また、こんな一面もあります。
確かにあの時期は人に影響されないで
生きていきたいと思うこともありました。
だから、山奥の仙人のような生活に
憧れたといっても
あながち嘘ではありません。
ところがある不動産屋では、
「道(県道)のどっち側がいいか」と聞かれ
「こっちがわ」と答えていました。
「理由は?」と聞かれ、
「人がいそうな気がするから」と答えていました。
自分の身の置き場所は
あの頃から人の中なのだと思っていたのかもしれません。
(隣の家は見えない場所になったけどね^^)

とどのつまり、私は
ある程度人のいる山に住みたいのです。

A1800_000007
画像はイメージです。
(実は白川郷^^同じ縮尺で写真を撮ったら家の数は
多分10分の1以下ですw)

クリックしていただけると
小躍りして喜びます。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 5日 (水)

面白工作教室

こんにちは。
今日、つばめが飛んでいるのを見ましたよ。
 
 
 
 

これは学校で知った工作です。
(結構目から鱗でした)
工夫次第でいろいろアレンジできますので
ぜひお試しください。

用意するもの
牛乳パック(よく洗ってくださいね。ジュースでもいいですが
スープなどアルミコーティングしてあるものは不可です)
和紙、布など
アイロン
アイロン台
ハサミ
接着剤
以上です。

なんだか簡単そうでしょ?

学校では、コースターを作っていましたので
それで手順を記します。
1折り目が入らないように縦に2センチの幅で
 牛乳パックを切って帯を作ります。(計8本)
2和紙の下に牛乳パックの帯を並べる。
 (アイロン台の上がよいでしょう。)
 帯と帯の間は少し隙間があった方がきれいに仕上がると思います。
3和紙の上にいらないような布を敷き、アイロンをかける。
 牛乳パックのラミネートがくっつき汚れますので、
 いらない布がよいでしょう。
 アイロンの温度設定は高い方がよいです。
 アイロンをあてる時間が短いとラミネートが溶けず
 接着できませんので注意。(和紙の厚みにもよりますが、5秒から10秒くらいでしょうか)
4帯のもう一方の面も同じようにアイロンで和紙を
 接着する。
5縦4本、横4本を編み込む。
 縦と横で和紙の柄を替えるときれいだと思います。
6余った部分を切り落とし、端の重なっている部分
 12か所に接着剤をつけてくっつけてできあがり。
 余った部分を折り戻し、編み目に差し込む技もありますが、
 コースターとして使う場合は、使い勝手が悪くなるので
 お勧めしません。が、同じ要領でかごを作る場合は
 その技を使うと良いですね。

また、帯を細めにして結ぶと箸置きなんかも作れちゃいます。
あとは箱ものですかねー。
うまく作ると接着剤なしで箱を作ることができます。
小引き出しなど作ってもよいかもしれません。

自分で作って写真を撮るとよく分かったと思うのですが、
アイロンがなく(正確にはレンタル倉庫の中と思われる)
かないませんでした。ごめんなさい。

くれぐれも小さいお子様が作るときには
親御さんがついていてくださいね。
夏休みの工作にもいいかもしれません。
それでは。

A1750_000018

クリックしていただけると
とても嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 4日 (火)

春!散歩、再開

こんにちは。
本日頃より、「清明(せいめい)」でございます。
また七十二候の方は「玄鳥至(つばめきたる)」です。
また本記事の最後に重要なお知らせ(w)がございますので、
最後までお読みいただきいただきたいと思います。
 
 
 
 

時間もできましたし、暖かくなってきたので
散歩を再開しました。
父のリハビリも兼ねてのことなのですが、
リハビリメニューは軽めにしました。

もっと歩けなくなっているかと思いきや
そんなこともありませんでした。
昨年散歩を始めた頃は
杖だけで歩くのに
数メートル歩くと
杖を持たない方の手を膝に抑えるような
格好になるので
きついらしいことがすぐにわかります。

日曜、今日と膝に手を当てる
様子はありませんでした。
歩く距離は三分の一くらいの設定ですが。

もう暖かい春風が吹いているのに
「寒い寒い」言ってました。
私の方は少し汗ばむほどです。
運動不足のせいもありますが、
ゆるい傾斜でも車椅子を押すというのは
結構な運動になるものです。

野の花をゆったりと観察できました。
名前が一致するのはタンポポ(たぶん西洋)
ボロギク、カラスノエンドウ、オオイヌノフグリ、ハコベ・・・。
野原にヒバリも春を謳歌していました。

桜も咲いていました。
ソメイヨシノではないですが、
咲いているその脇に車椅子を停め、
誕生日を迎えた父の記念撮影をしました。
(82歳です)

途中で自動販売機のところに寄り、
歩行のリハビリが終わったところで
飲みました。
二人ともまだホット飲料です。

自動販売機にホット飲料が姿を消す頃には、
歩行距離も元に戻り、
「寒い」などとは言わなくなることでしょう。

Dsc_0340
久しぶりに外で写真撮ったw

☆お知らせ☆
このたび、特化ブログを
運営する運びとなりました。
タイトルは「廻り道通信」でございます。
(回の字を替えてみた)
プラグインなどの導入がまだですので
まだアクセスできません。
公開の折にはまたお知らせしようかと存じます。
なお特化テーマは「田舎暮らしに至る経過」を
またぬる~く、いた~く書いていこうかと思います。
さしあたってはログハウス建築と
綿花栽培が二本柱になると思います。
こちらは雑談として残す所存でございます。
(こっちの方が更新頻度は高いと思われますw)
それでは「廻り道の途中で」ともども
よろしくお願いいたします。
☆お知らせおわり☆


クリックしていただくと
たいそう喜びます。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 3日 (月)

昨日と今朝の朝食より

こんにちは。
桜の歩みが遅いです。
 
 
 
 

昨日の朝ご飯はアボカド納豆飯でした。
一人当たり100円しない(ご飯を除く)
リーズナブルな朝ご飯でした。

父は納豆を出すと
嫌がり、味噌汁だけでご飯を食べようとします。
何をするにも手間をかけるのが
面倒くさいようで
納豆を混ぜ混ぜするのが嫌なようです。
納豆の味はむしろ好きだと思うので
どれだけ面倒くさがり屋なんだと思います。

そこでアボカド納豆が美味しいと聞き、
試してみることにしました。

アボカドはさいの目切り、
納豆はそのまま
これに細く刻んだ大葉とごま油をたらします。
味付けは納豆についてくるたれで。

「う~~~ん、まいう~」
これは私のつぶやきです。
父は美味しいとも美味しくないとも言わず
もくもくと食べ終えました。
ここで納豆混ぜ混ぜしたのは自分で
あったことを気づかされました。
「しまったぁぁぁぁ」w
ホント、美味しいところだけ持っていかれました。
脱力です。

干物のアジを買ってあったから
今朝は高級猫まんまを作りました。
何のことはない
セブンイレブンの鯵ほぐしご飯のまねっこでございます。
自分で作るようになってから
すっかり買わなくなりましたが。

アジってアジフライとか干物で
よく食べますが、
あの大きさが成長しきった姿だと思っていました。
あれだと一人1匹はないと
さみしい思いをしますが
今朝の干物は半身で二人分まかなえるほどの
大きさでありました。
(ヒョットシテアジッテイロンナシュルイガアルノカ?)

干物にゴマがふりかけてありましたが
さらに追加してエクストラごまでございます。
野沢菜は束になっているものを
10㎝ほど切って
しっかりと漬け汁を絞りましょう。
絞ったらみじん切りです。
この野沢菜、細かくしてもむせてしまう人がいるので
どうかなと思ったのですが、
ご飯に混ぜるのでたぶん大丈夫でしょう。
仕上げに鰹節をぱらっとかけます。
これで高級猫まんまの出来上がり~。

二人とも塩気が薄いのが好きなので
これでよかったのですが、
濃いのがお好きな方は
鰹節に醤油をかけてから
混ぜてくださいね。

ふぅ。おいしかった。
ごちそーさま。
どうやら、むせずに食べられたようです。

仕事が終わって少し朝食にも手間をかけられるようになりました。
Dsc_0337

クリックしていただけると
大喜びです^^


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 2日 (日)

「お父さん」がロッキングチェアになった話

こんにちは。
記事更新時刻を
以前に戻したいと思います。
 
 
 
 

缶コーヒーをよく飲む。
いろいろ飲んでみたが近年では
もっぱら「BOSS贅沢微糖」である。
本当ならばコーヒーと言えば
ドリップコーヒーなのであるが、
車に乗っているとき、
ちょっと喉が渇いたときに
ドリップを待つほど呑気ではない。

それにジョイフル本田で箱買いすると
実に安い。
最安値で1本当たり58円の時もあった。
わざわざ車で買いに行っても
お得である。

最近では箱で買うとトートバッグが付いてきた。
自分で使いもしないのに
たくさん集まってしまい、
処分に困るほどだった。

その前は全員に当たるカッティングボードやら
皿やらバウムクーヘンやら
応募しては楽しんでいた。
サントリーさん太っ腹w

時を移してさらにもっと前、
食玩っていうのかなあれも、
コンビニで買うBOSSにおまけが付いていたことがよくあった。
大抵は趣味から外れていて
躍起になることもなかったが、
どストライクのおまけが付いていたことがあった。
それがお父さんストラップである。

BOSSジャンを着ているお父さんのストラップで
確か5色あった。
5色全部欲しくて
毎日出勤途中にコンビニに寄って
買い求めたものである。

5色が1個ずつあればよかったので
余ったものは同僚に差し上げた。
これがまた好評だった。

当時同学年の担任の先生は
いたく気に入ってくれて
私が異動の時に
ロッキングチェアをいただいた。
「何かお返しをと考えていたのよ」
ということであった。

「お父さん」がロッキングチェアに。
インスタントすぎるわらしべ長者のような話である。
A0002_002222

応援していただけると
励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年4月 1日 (土)

歌の花束を(渡辺美里さんの曲より)

こんにちは。
ちょっと遅くなっちゃいました。
 
 
 
 

ユーチューブの動画は貼れませんが、
(技術的な方法は知っていますが貼っていいものかの区別がつかないのです)
及ばずとも、言葉を使っての
紹介をさせていただきます。
本来は桜ソングのつもりでしたが、
花は全部取り上げてみたいと思います。

全部で8曲ありました。
やはり代表的なものは
「桜の花の咲くころに」(1991年)ですね。
アルバム『ribon』の3曲目です。
つまりはシングルカットされていないんですね。
同じく桜が登場する
「卒業」(1991年)『rucky』はシングルで出ているのですが
人気投票するとこちらの方が上になるという・・・。
いかにアルバムアーティストだったかがわかりますね。

私の一番の気に入りは
「Life」(1996年)です。
アルバム『Spirits』の11曲目です。
このアルバムは全曲大好きで
もし無人島に持って行くとしたら
真っ先に持って行くと思われます。
しかし、この一つ前のアルバムくらいから人気に陰りが出てきていて、
知らない人も多いのかなと思われます。

ちなみに「さくら」という文言は出てきません。
「薄紅色の花びら」ですから、桜に間違いないと思われます。
美里さんの曲は桜を悲しいもの、儚いものととらえている
のが多いのですが、
この曲はそれだけではなく、未来への希望も込められている
気がしています。
「あともう少しだけ頑張ってみるよ」
の箇所にいつも勇気をもらっていました。

他にも
「はじめて」(1993年)『BIG WAVE』
「もっと遠くへ」(2000年)『Love Go Go‼』
「風待草~かぜまちぐさ~」(2007年)『ココロ銀河』
「シンシアリー」(1995年)『She loves you』
「その手をつないで」(2007年)シングルのみ
があります。

ひまわり

全部で7曲ありました。

代表的なのは
「すき」(1989年)『frower bed』(シングル化)でしょうか。
これはキーボードで弾きたくて
楽譜を買った覚えがあります。
イントロで挫折しましたがw

この他の曲もそうなのですが
美里さんの詞はまるで映画を見ているような
表現が多いという論評を読んだことがあります。
花は出てこないのですが「Pain」(1996年)『Spirits』などは
まるでパノラマを見ているかのような箇所があります。

夏の情景にやはりひまわりが似合いますね。
ご本人、夏生まれなのでひまわりも多く登場しています。

他には
「たった一度の人生だもの」(2000年)『Love Go Go‼』
「東京生活」(1996年)『Spirits』
「マイセルフ」(1998年)『ハダカノココロ』
「真夏のサンタクロース」(1994年)『Baby Faith』
「LOVE IS HERE」(1996年)『Spirits』
「風待草~かぜまちぐさ~」

あとは
コスモス
「I wish」(1994年)『Baby Faith』
「はだかの気持ち」(1991年)『Lucky』
の2曲
バラ
「風待草~かぜまちぐさ~」(2007年)『ココロ銀河』
「Kiss from rose」(2008年)『Dear My Songs』
「Boys kiss girls」(1990年)『tokyo』
「メリーゴーランド」(1992年)シングル『Song is beautiful』
「やるじゃん女の子」(1989年)『frower bed』
の5曲
以降、1曲ずつです。
はまゆう「十六夜の月」(2000年)『Love Go Go‼』
すみれ「画用紙」(1991年)『Lucky』
グラジオラス「グッときれいになりましょう」(1996年)『Spirits』
レンゲ「Tokyo Calling」(1988年)『ribbon』
ほおずき「夏だより」(2007年)『ココロ銀河』
チューリップ「やるじゃん女の子」(1989年)『frower bed』

そして何度か登場している「風待草~かぜまちぐさ~」(年)『』この風待草というのは
梅の事なんですね。「梅」だと演歌になっちゃいそうですが、
「風待草」だとJポップになる。
穏やかな中に芯のある素敵な曲です。

さて、渡辺美里さんの曲の中から
花が登場するものをピックアップしてみましたが、
最近のアルバムはちょっと聞きそびれているので
もっとあるかもしれませんね。
印象でしかありませんが、
桜からバラへ。
デビューから最近に至るまで
そんな変遷を遂げている気がします。
(花の登場回数ではなくあくまでイメージですが)
元に戻ってほしいとは思いませんが、
桜やひまわりの方が好きだなぁ。
そんなことが遠ざかっている理由なのかもしれません。

A1370_000431


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

旅に出るための灌水システム~

こんにちは。
今日は2本の記事を
予定しています。
(エイプリルフールじゃないですよ^^)
夕方ごろにアップいたしますので
そちらもどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

私が住んでいるのは
いまだアパートですが、
1階で庭付きですw
この庭があったからここに即決したようなもので
庭では、綿花の苗を育てたり
野菜を作ったり
梅干しを干したりできます。

去年は長めの旅行には行けませんでしたが、
一昨年は夏にちょっと旅に出ていました。
そこで困ったのは
植物の水やり、
そこで留守でも水をやれる灌水システムを
作りました。

☆用意するもの☆
水缶(20l)
塩ビ管(直径30mmのもの90cmほど)
T字管(ホースと水缶を接続するもの)
ゴムホース(通常のもの数十センチと直径5mmほどのものを20m)
プラシチックの管(5mmの管をつけられるもの)
洗濯ばさみ(プランターの縁につけられる大き目のもの)
脚立(水缶を置くのに適しているもの)
結束バンド(水缶固定用)
父(庭には降りることができない)
以上です。
このうち買ったのは
水缶、塩ビ管、T字管、ゴムホース(細い方)のみで
あとは家にあったものを使いました。

父は留守番ですが、
庭に下りるのは困難ですし、
掃き出し窓から落ちることも予想できたので
やはりシステムが必要です。
水缶のコックを窓から乗り出さないで
ひねることができるように
工夫しました。

まずは水を分岐させるための工作です。
塩ビ管を中央で切ります。
そしてT字管に接続します。
等間隔に穴を開け細いゴムホースを
付ける管を差し込んでいきます。

T字管の残った穴は水缶からの太いホースに
接続します。

あとは細いホースを必要分だけ切り、
長さを調整しながらプランターに導きます。
プランターに洗濯バサミをつけておくと
水の重みでホースがたわむこともなく
安定します。
塩ビ管も固定した方がいいですね。
これで、約10個のプランターに灌水することができました。

後は父にコックをひねってもらい
水がなくなればじょうろで水缶に水を入れてもらえば
いいわけですが、
忘れることも予想できるので
電話は必須でしょう。

こうして1年目の綿花とアーティーチョークは
無事育ったのでした。
副産物として父のリハビリにもなりましたよ。

A0001_000210
なんだか春を通り越して夏の様相w(イメージです)

もし、気に留めていただいたなら
クリックで応援の程
お願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信