最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の31件の記事

2017年1月31日 (火)

甘酸っぱい思い出

こんにちは。
昨日うっかりしてご紹介しませんでしたが、
昨日頃より七十二候の「鶏始乳(にわとりとやにつく)」で
大寒の最後の候となります。
立春まであと少し。
鶏が日の長くなるのを感じ
産む卵が増える頃ということです。
 
 
 
 

タイトル通りの色っぽいお話ではありませんのであしからず。

まだ埼玉ダナーという苺が活躍していた頃のお話。

家族でレジャーに出かける時は
たいてい、母、妹、私の3人で出かけていた。
父が休日も出勤という仕事をしていたためだが、
それ以外にも出不精だったという要因もある。

しかし、春浅いその日に珍しく
4人で出かけた
果樹公園村。

ぽかぽかと暖かく、
おそらく満喫しただろうと思われる。

だろうと思われる訳は記憶に残っている思い出は二つだけだから。

その一つが苺ミルク。

今や関東で苺と言えば
栃木が全国区かと思われるが
当時は埼玉じゃなかっただろうか。

果樹公園村でも苺が売りになっていたのだと思う。

家で苺ミルクを食べるときは
スプーンでざっくりとつぶして食べていたが、
ジューサーで作った苺ミルク、
また、屋外で飲むそれは
格別な美味しさだった。
どろりとしていて濃厚。
その後、ジューサーがまだなかった頃は
家でこれでもかとつぶして食べたものだった。

もう一つの思い出は写真。
芝生の上でくつろぐ家族。
父だけ寝転んで大きなお尻を向けている写真。
その1枚だけで
如実にうちの家族としての在り様が
現れている。

今、手元にはないが、
脳裏にしっかりと焼き付いている写真だ。

あの写真どこへ行っただろう。
Dsc_0273
へへへ^^
「苺一会」の時と同じ写真。

もしお気に召しましたら、
ボタンを押してくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月30日 (月)

痛かった話

こんにちは。
今日の話は身体的にいた~~~~~い話なので、
苦手な方は読み進めないことをお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 

長く痛む最大は坐骨神経痛の時でした。

そして、瞬間最大の痛みは、
今でも忘れられない、自然気胸になった時でした。

仕事で外回りをしていた時でした。
急に何とも息苦しくなり、
職場には電話をし、
近くの病院に行きました。
すぐさまレントゲンを撮り
「左の」肺がつぶれていると
診断されました。
説明によると、左側は心臓のある側なので、
急を要するとのことで、
専門の病院に救急搬送されることになりました。
私には初めての救急車に乗るという
体験でした。

専門の病院に着いてからのことは
あまり覚えていませんが、
程なくして脇腹から管を通されました。
この時に初めて気づいたのですが、
「右」の脇腹。
誤診と言うのでしょうか?
最初の病院での診断が生かされず、
ちゃんと正しい側に穴を開けてくれてよかったです。

しかし、麻酔をしたのかどうか。
何か言われた気はしますが、
大人4人ほどで押さえつけられ、
管を通すときの痛みと言ったら・・・
それは今まで経験したどんな痛みよりも
大きなものでした。

これが私の瞬間最大の痛みです。

さて、手術の時は全身麻酔をするので
(100から逆に数えてと言われ、98までしか覚えていません)
痛くはありませんでしたが、
問題は麻酔が切れる頃でした。
手術当日の夜に、
感覚がよみがえってきた感じがしました。
肺を素手で握りつぶされているような・・・。
ナースコールしても痛いはずはないと言われ、
何ともやりきれなかったです。
一応痛み止めはもらいましたが。

手術を受け、今は何でもありませんが、
自然気胸は再発する場合もあるとのことで
それから14年、何ともないのでほっとしています。

その時の経験から、
もう二度と手術を受けるような
事態にはなりたくないと
強く思いました。

なにはともあれ、体を大切にしていくことが
一番です。

蛇足話:痛い痛いと言われていた
尿カテーテルを外すときは
それほどでもありませんでした。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月29日 (日)

「植物図鑑」

こんにちは。
陽だまりはぽかぽかでした。
 
 
 
 

ちょっと前に読んだ本である。
ここから有川浩さんの小説にはまっていく。

「植物図鑑」有川浩著、幻冬舎文庫。

ただし、内容は読んでみてくださいということで。

章ごとにメインになる野草があり、
物語は進んでいく。

雑草という名の草はない。
この言葉に少しばかりの感銘を受ける。
そういえば、欅坂46の「二人セゾン」にも
似たようなくだりの歌詞があった。
影響されたのかしらん。

さて、登場する野草であるが、
メジャーなものからちょっと外れていて、
それでもよく見かけるものがほとんど。
名前と姿が一致していないものが多かった。

イタドリは確かに田舎にいた頃によく食べた。
皮をむいて生のままで食べていたと思う。
ただ、呼び名は「すかんぽ」だった。

ヘクソカズラはこの小説で名前と姿が一致した。
花は華凛で洋風なイメージ。
名は体を表すというが、確かに臭い。
それにしてもこのネーミングは気の毒である。

野草の日本名には身もふたもないじゃないかと思われるものがある。
ヘクソカズラもそうだが、
ママコノシリヌグイとか・・・
もうすぐ咲き始めるだろうオオイヌノフグリにしても
もうちょっとましなネーミングはできなかったものか・・・。

と、楽しみながら読み終えた。
読んだ後、野草図鑑が欲しくなり
買ってしまった。
本当にそんな気にさせる小説である。

これから初春にかけて
食べられる草が多く出てくる。
何か手間をかけて
食べてみようかなと思う今日この頃である。

Dsc_0167_1
<ママコノシリヌグイ>
ちょうど画像がありました。
秋口に咲く花です。
小さなピンク色の花を付けますが
棘があるので別名「トゲソバ」とも言います。
見えてる葉っぱはほとんどが葛です。

A0960_006864
<ヘクソカズラ>
これはお借りした画像です。
花は愛らしいのに。

ボタンを押していただけると
励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月28日 (土)

土曜日は掃除の日

こんにちは。
風もなく穏やか。
 
 
 
 

私の仕事ではない。
父に課している仕事である。
これは部屋をきれいにすることが目的ではない。
第一にどうも時間の経過に疎い父が
曜日を少しでも頭に入れることができるように
との配慮からである。

デイケアには月曜日と木曜日に行っているが、
「今日行く日かさ?」と朝起きたときに聞かれることが多かった。
デイケアに行く日は分かっている様子なので、
今日が何曜日かということを
朝起きたときに
(できれば前日に行く支度もしてほしいのだが)
分かってほしいとの思うのである。

カレンダーを日めくりに替えた。
これは効果ありだった。
朝起きてすぐにめくれるように
ベッドの頭のすぐ上に吊るすようにしたことも
良い要因のひとつだろう。
1月1日から毎日
「日めくりはめくった?」と
言い続ける覚悟をしていたが、
私の方の三日坊主ではなく、
すっと日課に組み入れられたようだ。

月曜日、デイケア。
火曜日、ごみの日(自分の替えパンツをバケツからごみ袋に入れて縛るまでをする)
水曜日、何もなし。
木曜日、デイケアとごみの日。
金曜日、何もなし。
土曜日、ごみの日と掃除。
日曜日、何もなし。

といった具合だ。
毎日何かすることも考えたが、
あまり縛りが多くても
嫌々することになるのでやめている。

ごみの日は多分頭にまだ入っていない様子だが、
デイケアに行く日を聞くことは格段に減っている。
ちなみに掃除をする日は自分で土曜日と決めた。
土曜日=掃除の日というのは定着しているようだ。

掃除の内容は、自室の掃き掃除(掃除機を使うこともある)
汚した便器の拭き掃除。
汚した床の拭き掃除(特にダイニングテーブル下、モップを使う)
などであるが、正直後で私がきれいにしないと
いけない程度のきれいさ加減だが、
これも自分が汚したという意識をもってほしいからである。
(どうも衛生観念も乏しい、元々だが)
住まいが賃貸なので余計に気を使う。

とまあ、こんな様子で1週間が過ぎていく。
曜日ですることを決めてから
少し楽になったような気がしている。
Dsc_0295

応援していただけると
励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月27日 (金)

春ゼロ番?

こんにちは。
江角さん、引退ですか。
「ショムニ」好きだったのにな。
 
 
 
 

♪雪が溶けて川になって流れて行きます~
しょっぱなから失礼いたしました。
全国的なのでしょうか。
この強風。

ん?もしかして春一番?

さて、春一番とは・・・
1 強い南寄りの風
2 前日よりも暖かい
3 立春から春分の間に吹く
と、春一番になるそうです。(関東地方の場合)

1番は洗濯物も外に干せず、車も揺れるほどだったのでクリア。
2番は昨日の最高気温が10度。ふと車の温度計を見ると16℃(午後1時)、なのでクリア。
で3番・・・惜しいっ。あと1週間ほどなんですけどねえ。

では、勝手に命名!今日の風は「春ゼロ番」です。
もし立春よりも前にまたこのような風が吹いたら
マイナス1・2と繰り下がっていきます。

とはいえ、日本気象協会の人も「寒中なのに春一番?」
と言うくらいの気圧配置。
今年の春は早いかもしれませんね。

とにもかくにも、風に吹き飛ばされたり、
飛んできた物に当たったりしないよう
お気を付けください。

街も黄色っぽく
「はたまた黄砂か?」
とも思いましたが、
単に畑の土が舞い上がっていただけでした。

てなわけで、イオンモール幕張新都心に行ってきました。
最近父の散歩に行けていないので
その代わりです。

着いたのは11時ちょっと過ぎ、
混む前に食べちゃおうと
和食の店に入りました。
食べたのは、カキフライとブリの刺身の定食。
カキフライはとてもジューシーで
美味しかったです。
先に出された小鉢3つも
とても美味しかった。

で、ぐるりと回って
帰ってきました。
いつもながら運動しているのは
私の方のような気になります。
A0960_006180


応援していただけると
励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月26日 (木)

綿繰りをしながら

こんにちは。
寒くなってから、散歩に行ってないなー。
明日は幕張にでも行こうか・・・。
 
 
 
 

お金がもらえる仕事の方が
暇になっちゃったので
今日は綿繰りを全部済ませてしまおうと。
(綿繰りとは綿から種を外す作業です)
さてやるぞ!
カラカラカラ・・・痛っ!
のっけから歯車に掌、咬まれちゃいました。
血豆にならないといいのだけれど。

それにしても
日本の手仕事は理にかなっていることを
また改めて発見しました。
種まきの頃に種が欲しくて
綿繰りしたときは
うまく綿を外せないようなこともありましたが、
天日で干した綿を使える冬という季節は
するすると綿も外れてくれるような
印象でした。
これがまた、農閑期という
グッドタイミングなんですね。
本当によくできたものです。

午前中で2015年産の綿を終えました。
袋にきちんと2015年・種と2015年・綿と書いて
おきました。
今年はこの種と2016年の種を蒔いて
発芽率などの違いを見てみようかと思います。
多分、路地蒔きとなりますので
管理がしやすいと思います。
(去年は苗移植だったので、いつの間にか区別がつかなくなっていました)

しかし、綿の種多いな~
綿栽培している人(団体)が
種を無料で配るのが
分かる気がしました。
これほどの種、とても蒔き切れません。

次は糸にする作業ですが、
ちょっとワークショップにでも行って
学ぶ方が近道のような気がします。
Dsc_0293
今日の分はこれで半分。
種、多いよ・・・。

よろしければ
ボタンを押していきませんか。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月25日 (水)

みっくちゅじゅーちゅ

こんにちは。
本日より七十二候の水沢腹堅(さわみずこおりつめる)の頃です。
北海道では流氷が接岸したとか。
それにしてもすっかり食い物のブログと化している今日この頃。

 
 
 
 

たまに飲みたくなるサンガリアの「みっくちゅじゅーちゅ」
たまに飲みたくなるのじゃなくて
いつも行くスーパーにはたまにしか売っていない
からたまなのである。

ほんの気まぐれで立ち寄ったセリエに
それはあった。

そもそも、ミックスジュースなるものを知ったのは
割と最近。
自分でも作ってみたが、
本場の味がわからないので
出来の良し悪しがわからない。
大阪に行ったら、飲む機会を得たかった。
やっと念願が叶い、
海遊館のジューススタンドで飲むことができた。
(喫茶店の味はまた違うんですかね?)
生ジュースと言っていいのか悪いのか
やはり作りたては美味しかった。

話をみっくちゅじゅーちゅに戻そう。
この飲み物はサンガリアが作っているが
サンガリアと言えば、
かつての奇想天外なCMばかりが思い浮かぶ。
近年さっぱりTVを見ないので
わからないが今もその路線なのだろうか。

ところがだ。
何とびっくり、社名の由来が
すごくまじめだった。
唐の詩人杜甫(よく知らない)「春望」(ほとんど知らない)の
「国破れて山河在り」(聞いたことはある)から来ているそうだ。
会社の所在が大阪だけにネタ含みかと思っていた。
(CMの件もあるし・・・)
これから大阪の認識を改めねばならぬ。
(大阪の方、ごめんなさい)

というわけで今回も
「みっくちゅじゅーちゅ」
美味しくいただいた次第である。
Dsc_0292
既に空き瓶でございます。

ちょっと面白かったら
応援をお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月24日 (火)

茂原のカインズも大きくなったものだ

こんにちは。
ホームセンターは楽しいな♪
 
 
 
 

時間ができて
よく晴れた空の下、
ふと今の海の色が気になって
一路外房へ。

よく通ったこの道も年月が過ぎてみれば
沿道の建物がそこかしこで
変わっている。

やがて大きな建物は見えなくなり
田んぼばかりとなる。
そこからは変わらぬ風景を
見せてくれる。

突き当りが海だった。
海の色は淡いブルーの波を前線に
どこまでも青く広がっていた。
波の色の淡さに少しだけ春の訪れを
感じさせるものがある。
やっぱりそうだった・・・。

そこからホームセンターに向かう。
何か新しいアイテムがないか
見に行くためである。

茂原のカインズは敷地面積は
あまり変わらないと思うのだが、
広くなったと感じる。

フードコートができたのも
つい最近のことだ。

建材のエリア、
茂原にはないと思っていたKUMIMOKUの展示があった。
屋外にあったとは・・・。

ペットはやはり小型犬ばかりで
見て楽しむもの。
ウズラが3羽時折羽を広げていた。

飲み物は安い。
いつも買っている缶コーヒーは1本あたり60円しない。

介護用品で父に試してみたい杖があったが、
またの機会にしよう。

そこで昼になったが、
フードコートの飯は油っぽそうなので止めておいた。
止めたついでに脇にあった農産物直売所で
目を付けた安いブロッコリーを買うのも忘れてしまった。

結局何も買わず、
店を後にした。
時間がゆっくり過ぎているような気がした。




励みになります。
応援をお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月23日 (月)

豆のばあちゃん

こんにちは。
まずはレポートを。
甘党の呑兵衛」のシャンパン仕立ては
結局カプリコにしました。
(チョコレートの割合が一番高そうだったためw)
一口目、「ん?普通のチョコだな」
二口目、「おお!シャンパンの香りが鼻腔に立ち上ってくるぅ」
二個目からはちゃんと初めからシャンパンの風味がしました。
 
 
 
 

冬の北海道には二度ほど行っている。
一度目は5歳の時、法事で。
二度目は18歳の時、大学受験でである。

5歳の時は父に連れられて
電車と青函連絡船を使った。
初めて船に乗り、かなり揺れたが、
ゴロゴロするのが面白くて
酔う暇もなかった。

かなり前の記憶なので
あまりはっきりとはしないが、
ゴロゴロしたのだけはよく覚えている。

北海道はとにかく寒かった。
どのくらい寒かったかというと
おねしょをしてしまうくらい。
おねしょ癖はなかったが、
多分寒くてしてしまったのだろう。
これは都合のいいことに記憶にはない。

もう一つ覚えていることがある。
祖父母の家には豆がざるに入れておいてあった。
いろんな模様の付いた豆で
祖父母が採ったものではない。
「珍しい豆だなあ」としげしげと見ていたのを
覚えている。

着いた翌日だったか
その豆をくれたばあちゃんがやってきて
珍しそうに、もの欲しそうに見ている
私にお土産として豆をくれた。

そのばあちゃんが誰だったのかわからない。
親戚縁者ではなかったと思う。
きっと近所に住んでいる
ばあちゃんだったのだろう。
名前もわからないから豆のばあちゃんと呼んでいた。

そして、豆の名前も忘れてしまった。
大きな豆で白いところと
まだら模様のところがある豆。
北海道限定なのだろうか?

食べた記憶ももうない。
なぜかふと食べたくなってしまった。

大学受験の話はまた今度^^;
50241
もうじき、節分ですねぇ。

よろしかったら
応援をお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月22日 (日)

セイフティブランケット

こんにちは。
風強めで体感気温マイナスの気分。
 
 
 
 

漫画「PEANUTS」のライナスが肌身離さず
持っている毛布の事である。

私の場合、枕カバーだったのだろうか。
さすがに持って歩くことはしていないが、
母が縫ってくれたキルティングの
生地はもう擦り切れて
ところどころ綿が見えていた。

そう、過去形である。
すっと愛用していた
そば殻の枕も加齢臭には勝てなかった。(笑)
何年使っただろう。

しょっちゅう頭痛に悩まされていた私を見て
枕をそば殻にすればいいんじゃないかと
母が買ってくれたものである。

そば殻は出してみるとなんだか油っぽい気がした。

そば殻の入手方法を知らず、
安売りのそば殻枕を3つ買って、ばらし
詰め直した。
(後日、やたらと枕が固く、半分近く減らしたのだが)
その時にさすがにこれではと
ボロボロになった枕カバーも
新しいものに替えた。

頭の収まり具合に違和感を覚え
柄の違う枕カバーに涙した・・・
というのは噓だが、
しばらく寝つきが悪かったことは
事実である。

そんな程度の
セイフティブランケットぶりだが、
枕カバーはまだ捨てずにとってある。

その枕カバーはスヌーピー柄である。(うわ、恥ずかし)
A0006_000969

よろしかったら
応援をお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月21日 (土)

甘党の呑兵衛

こんにちは。
日がだいぶ伸びてきました。
 
 
 
 

総じてチョコレートが好きだ。
ということはザッハトルテの件で
露呈してしまっているが、
今回は洋酒入りチョコレートの話。

例の日が近づくにつれ、
店でチョコレートを買うのを
躊躇ってしまう男子であるが、
(最近は年のせいかそうでもない)
洋酒入りチョコレートには目を光らせている。

ラム酒、ウイスキー、ワインなど
チョコレートに入れて美味しい酒は
数々あるが、
吾輩、シャンパンを練り込んだものが
お気に入りだ。

チョコレートの種類が一気に増える
今だからこそ
手に入れることができるものがあるのだ。

そうしたらふと目に着いた広告。
なんだと!ポッキーに限定で
シャンパン仕立てが出ているとな?

ポッキーと言えばプレッツェルの
部分が損した気分になるので
あまり買わないが
これは買いではないか?

とよくよく見ると
カプリコ、アーモンドプレミオにも同様の
ラインナップが。

今度人目を憚って買って来よう。

でも、逆はだめです。
美味しいお酒を飲みながら
チョコレートはまずないです。
だから決して呑兵衛ではありません。
240pxpockysticks

よろしかったら
ボタンをぽちっと
お願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月20日 (金)

菜の花と桜エビのペペロンチーノ

こんにちは。
本日より大寒。七十二候では款冬華(ふきのはなさく)の頃です。
悪天候でしたが、原付で出勤。
途中から雪が顎に当たって痛い痛い。
 
 
 
 

以前、日帰り温泉太陽の里の近くの
「椎の木」というイタリアンのレストランに行った。
(長生郡長生村)
そこで食べた季節のメニュー
「菜の花と桜エビのペペロンチーノ」がとても美味しかった。
見よう見まねで作ってみることにした。

材料
パスタ
菜の花
桜エビ
ピンクペッパー
ニンニク
ビーフコンソメ
オリーブオイル

途中までは某ファミリーレストランの
レシピで材料だけ入れ替えた。

しかし、ここで問題。
この辺では、菜の花と桜エビ(釜揚げ)が同時には出回らない。
菜の花を優先し、
桜エビは干したものをお湯で戻して使うことにした。

オリーブオイルを温め、
ニンニクをスライスしたものを入れる。
ニンニクの端が少し焦げてきたところで
菜の花、桜エビを入れる。
菜の花がしんなりしたら
ゆでたパスタを入れ
軽く炒める。
最後にコンソメをお湯で溶かしたものを入れ
ピンクペッパーを散らす。

できあがり。

おお!まさに春の食卓。
一足先に春が来たようだ。
春の料理は少しの苦みとともに
春を連れてきた。

というのは今日の話じゃなくて
1年前の事。

今日のランチは
明太子のパスタ。
これは家庭教師をしていた時に
そこのお母さんから
教えていただいたものだ。

「コツはたらこをニンニクのみじん切りで
炒めるのよ。」

以前ふるまったことがあるが
大好評だった。

食べることで思い出すことって結構あるものです。
O0800045012812420794
相変わらず見た目美味しくなさそう・・・。

励みになります。
ボタンを押してくださいな。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月19日 (木)

役立つツール

こんにちは。
せめてツールの話を。
 
 
 
 

過去には電気を通していたのですが、
現場にパタリと行かなくなって
電気料金支払いも滞り、
(住んでいるところに転送をお願いしてあったのに)
今現在では電気が通っていない状態です。
改めて電気を通すのは、
小屋を建ててからとしたいので、
小屋を建てるときに使う道具はどうするか。

多分なかったか、あっても高かったんだと思います。
充電式丸鋸。
これがあれば、充電を家でして、
現場で使えるわけです。
あとはインパクトドライバーがあれば
(充電式・これは前からありますね)
何とかなると考えています。

ところでこの充電式丸鋸、
買うときに注意が必要です。
大手のものはセットで売っていることが多いのですが、
ホームセンターのプライベートブランドのものは
本体、バッテリーパック、充電器とすべて別売りです。
全部揃えないと動かないわけですが、
足し算をすると結構な値段になってしまうことが
あります。

そりゃ、性能がいいのかもしれません。
大手メーカーのものは確かにそうでしょう。
でも本宅に取り掛かれば、テーブル式の丸鋸は
必須アイテムだと考えていますから、
ここに金をかけたくない。
そこで私はコメ〇のものにしました。

ツーバイ対応と書いてありますから、
多分大丈夫でしょう。

なにより、充電式であれば
コードを誤って切断したということがないのが
魅力です。

以前はブラック&デッカーを
よく使っていたのですが
いつの間にか見なくなりました。
(レベルマーカーなんて優れもの<当時>もありました)
素人がちょこっとすごいものを作るには
魅力的なツールが満載でした。
価格も低め設定だったように思います。

と思って検索をかけたら
まだあるようですね。
ホームセンターがこぞってプライベートブランドを出しているので
見かけなくなったんですね。
A0003_001502

もし気に入られましたら、
応援をお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月18日 (水)

ありがとう、感謝です(101~200)

こんにちは。
雉が今年も鳴きました。
 
 
 
 

昨日の記事が200記事目でした。
では101~200までのアクセス数ランキングを
見ていきましょう。
後日談もつけちゃいますよ~。
前回はカウントアップしていましたが、
今回はカウントダウンで。

10位 全部あげちゃあだめですね(1/8)
まだ記憶に新しいですね。
あれから飴は買っていません。
最近はお茶をよく飲むようになりました。

9位 今週から働いているはずだったのに(10/28)
はい、先週から働いています。
でもまさか、原付で通うことになるとは
この時にも考えもしなかったことです。

8位 携帯電話の失敗談(12/18)
そそっかしいわりに携帯関連の
失敗は少ないと自負しています。
それもこれも持ち歩かないせい?
・・・不携帯電話だw

7位 炊飯器での調理(11/20)
放っておけるのが何よりの
魅力ポイントですね。
炊飯器が二つなかったらやらなかっただろうなー。

6位 せめて玄関を華やかに(12/28)
鉢植えを買う予定がすっかり忘れて
何もなしとなってしまいました。
前回は(正月じゃないけど)
エニシダにしたのですが。

5位 月命日には花を(10/16)
なんか申し訳ない気持ちです。
というのは検索でちらほら来てくださる
ページでなんの参考にもならないからです。
部屋に仏花を飾るのはちょっと抵抗があって・・・。

4位 クリスマスケーキ(12/23)
某誰かさんからクレームが来ないか
ひやひやしていましたw

3位 リビングの掃除中に炊飯器がやってくれたこと(12/29)
炊飯器調理の関心が高いですね。
今度はシフォンケーキでも焼いてみようか
と思っています。

2位 リタイヤの50代が考える老後の趣味(11/27)
リタイヤってなんか関連あったのか?
あんまりないですね。
一眼レフ欲しいです。

1位 一人暮らしに戻る日 (10/19)
父が亡くなったと思われた方、
ごめんなさい。
今もぴんぴんしとります。

・・・!
このブログのメインの(?)セルフビルドカテゴリーの記事が
ひとつも入っていない!?

これは由々しきことです!
と思ったら、7/1から今日までの集計で
ついにカテゴリーページのセルフビルドが
全記事中1位になっとります。
ありがとうありがとう(泣)(トップページのぞく)

それでは!今後もよろしくお願いいたします(ペコリ)
50281


よろしかったら
応援のほど、よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月17日 (火)

ファミレスの24時間営業廃止に思う

こんにちは。
洗濯物がよく乾きます。
 
 
 
 

時はだいぶさかのぼって
私が小学生の頃、怖いテレビ番組を見ては
思い出して眠れなかった時期がありました。

そんな時、なぜか心はファミレスに飛んでいき
「まだ、起きて働いている人がいるんだ」
と思うことで、怖さを紛らわせていました。
当時、まだ24時間営業ではなかったように思いますが、
私が寝る時間には営業していたはずです。

そんな私が大人になって
某ファミレスで深夜勤をするとは
夢にも思いませんでした。

千葉のファミレスは夏場が一番混みます。
床が海の砂でじゃりじゃりになると
フロアスタッフに聞いたことがあります。
(私はキッチンスタッフでした)
某ファミレスは外房には店舗がなく、
海水浴場から離れている千葉市の店舗でもその様相でした。
8月はバイト代が12万を超えたのを
思い出します。(30年前のことです。今だといくらになるんでしょう)

深夜勤ならではの面白い話も
いろいろあります。

その中からふたつ。
フロアにお客さんがいなくなって、
バイト仲間が客席で怖い話をして
盛り上がってきたまさにその時、
テーブルの上の紙(キャンペーンメニューなどが書かれたもの)
が次々と丸まり「キャ~~~~!!!」となったことがありました。

なんのことはありません。
テーブルを拭いた水分が紙の片面を膨張させただけで
次々に丸まったのは空調の影響かと思われます。
でも、怖い話の最中だったので
盛り上がること、盛り上がること。

私がバイトしていたファミレスは交差点にあり、
はす向かいにも別のファミレスがありました。
当方は24時間営業。
そしてはす向かいの店は午前2時閉店でした。
(午前2時にお客さんがが増えるのをココ〇ラッシュと呼んでいました)
そして、私はやらかしてしまいました。
午前2時頃、ライスがなくなってしまったのです。
(炊くのを忘れていました)
急いで洗米するものの間に合うはずもなく
幸いいた社員さんを
はす向かいの店にご飯を借りに行かせる羽目になりました。
怒られたのは言うまでもありませんが、
ライバルなのに貸してくれるんだぁ。と思ったことの方が
記憶に残っています。

そんなことをファミレスの24時間営業廃止のニュースを見て
思い出しました。
A0150_000134


よろしかったら
ボタンを押していきませんか。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月16日 (月)

雉始雊

こんにちは。
冬来たりなば春遠からじ。
 
 
 
 

ここ1年余り、二十四節気七十二候を気にしています。
今は小寒、そして昨日ごろから「雉始雊」です。

「雉始雊」(きじはじめてなく)は
読んで(読めないけど)字のごとく
雉が初めてなく頃、とされています。

今住んでいる場所は
4年目となりますが、
どんどん新しい住宅が建っています。
去年までは空き地で「ケーン、ケーン」と
鳴いていたキジは
今年も鳴いてくれるでしょうか。
今のところまだ声を聞いていません。

散歩をしていると
時々キジに出くわすことがある土地です。
お互い驚くのですが、
嬉しいサプライズでもあります。

その派手ないでたちからか
見るのはオスばかりで
メスの方は見たことがありません。
見たことがあるけど地味なので
分からないだけかもしれませんが。

さて七十二候の方ですが、
立冬から冬は始まり、大寒を過ぎてもなお
寒い日が続きます。
七十二候では、春を待つ言葉が
多く使われているように感じます。
「まだまだ寒いけどもうすぐ春だよ」
と囁いているような気がします。

水仙が咲き、
芹が茂り、
雉が鳴いて
鶏が卵を産み始める。

これらが、冬の間に名前を連ねているんです。

まさに自然の織り成す
生命の息吹ですね。

そして、言葉にして
毎日の生活に張りをもたせる。
たまには暦にじっくりと向き合ってみませんか。
A0960_005758

応援を
よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月15日 (日)

里芋わさびコロッケ

こんにちは。
寒波到来のため、引きこもりです。
 
 
 
 

正月に里芋をどれだけ食べようとしたのか
ずいぶん余ってしまいました。
何作ろう?

そうだ、コロッケ作ろう。
お得意のわさびコロッケにしよう。
いつもの通りクックパッドを見ると
揚げないコロッケのレシピがありました。
よし今回は揚げないコロッケだ。
途中までこの手順でいこう。
わさびを入れるところからオリジナルだ。
里芋、全部消費してやる~。

では、作り方~。

里芋をむきます。
(里芋は2袋、これが一番骨が折れます。)
う~~~む、むいていると手がかゆくなったぞ。
一口大に切って、レンジ500wで15分加熱します。
その間に玉ねぎをみじん切りにしたものと
挽肉を炒めます。
(ここまで油は使わず)
その後はパン粉を炒めます。(サラダ油で)
里芋がやわらかくなったら、
挽肉、玉ねぎと混ぜ合わせます。

===ここからオリジナル===
塩胡椒は控えめにして
麺つゆを入れます。
そしてわさび(今回はチューブ)を入れて混ぜます。
つなぎを付けて
パン粉をまぶしたら
オーブンで焼きます。

で、出来上がり―。

余談:
パン粉がないのに途中で気付いて
慌ててコンビニに走ったことと
ちょうどザッハトルテがあったので
買ってしまったことは
内緒です。

わさびコロッケは
ジョナサンで食べたのが最初で
美味しかったので
時々作っています。
でも里芋で作ったのは初めてでした。
揚げないのでわさびの風味が飛ばず
美味しかったです。
また、油が少なめなのでヘルシーです。

Dsc_0290
わっ、汚い盛り付け;;

よろしければ
応援のほど、お願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月14日 (土)

コイン!コイン!!コイン!!!

こんにちは。
そういえば
ABBAの曲に「マネーマネーマネー」というのがありましたね。
 
 
 
 

あけられない貯金箱の中身が減る怪

取り出し口がない貯金箱。
貯めるぞと意気込んでコインを入れるのですが
子どもの頃から誘惑は多いわけで
ちょくちょく中身を出して使っていました。
取り出し方法はどこでその知識を得たのか
厚紙を投入口に差し込んで
逆さにするというものでした。
その方法を知った時は
なんて画期的なんだと
思いワクワクしながら
取り出しましたが、
やがて使えばなくなるということを
思い知らされる羽目となり、やらなくなりました。



貧乏学生が見栄を気にすると

いつも、財布の中の小銭がいっぱいになると
瓶や缶に入れるのは今でもしていることですが、
貧乏学生のM君、とうとう手持ちの札が
なくなりました。
コンビニで何か買おうかしら
と思っても10円玉ばかりでは
見栄えが悪い。
なんとかこれを100円玉にできないだろうかと
思い付いたのは自動販売機。
入れたコインがそのまま戻ってくるのもあったのですが、
当時住んでいた近くの
自販機は100円玉になって返ってきていました。
ジュースを買わずに
返却レバーを押すだけの行動は
恥ずかしいのですが、
幸い人通りも少なく
また、お釣りができるのだから
いいことをしているのだ。
という気持ちで何度か利用させてもらいました。
その100円玉を持って
コンビニでパンを買い、
飢えをしのぎましたとさ。
銀行行けよって話だよなぁ。

いつも(今でも)心のよりどころとなっている
小銭を入れた缶の中には
今では結構500円玉も入っているはずだと
密かにほくそ笑んでいるのでありました。

8394150x150


よろしかったら、
ボタンを押してくださいね。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月13日 (金)

セミが付きました

こんにちは。
夕焼け空がまっかっかでございます。
 
 
 
 

夏の洗濯物の話ではございません。
実は、今週から働き始めております。

いまいちセミリタイヤの定義がわからないのですが、
今までは何も収入がなかったのでただのリタイヤ。
でもこれからはセミが付くのだと理解しております。

正規で働いていたときと
同じ職種で
(詳しくは書けません。ごめんなさい)
それゆえ好待遇です。
しかも、午前中のみの勤務で
介護にも影響しません。
(あまり)
いつも大したことはしていませんが(笑)

実に1年と9か月ぶりですので
とても緊張しておりましたが、
意外にも以前の勘はあっさりと戻ってきました。

さて、ちょうど寒中とぶつかり、
しばらくは建築の現場には行かないことにしました。

仕事にも慣れて少し暖かくなったら
再開しようと思います。

とはいえ、やはりたくさんの人の中にいると
疲れはあるようです。
初日、2日目といつもはしない昼寝をしてしまいました。
その一方、やはり孤立はいけないなとほっとしている部分もあります。

そんなことを考えながら、
今日も颯爽とバイクで通勤です。
(さぶぅ)
A0960_006844
^皿^

よろしければ
応援してください。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月12日 (木)

匂いだけが残っている記憶

こんにちは。
まだ里芋がたくさんあることを発見。
何を作りましょうか。
 
 
 
 

どのくらい前の記憶なのか、
どの場所での記憶なのかはまったくもってあやふやだが
(結構こういう記憶たくさんあるんです)
匂いだけがしっかりと記憶に残っているということがある。
(鼻はあまりよい方ではない)
多分友だちと一緒に牛を見に行ったのだと思う。
牛糞の匂いがきつくて
ならばすぐその場所を離れればいいものを
ずっとそこにいた。
その後風邪を引いたから
冬だったんじゃないかな。
今でも
(そんなにめったにあることじゃないが)
牛の匂いを嗅ぐと
鼻がむずむずする。

折り紙

たった3か月しか行っていない
幼稚園での記憶。
棚に置いてあった折り紙の匂い。
多分、折り紙というよりは
一緒に置いてあった糊の匂いなのだろうけれど。
しばらくして母と一緒に買い物に行って
おもちゃ屋に寄った。
ふとその時、あの折り紙の匂いがして
折り紙を買い物かごに入れてしまった。
黙って入れたので母に怒られた。

それほど特別な匂いではないけれど
「あ、前に嗅いだことがある匂いだ」
と微妙なニュアンスまで一緒に甦る。

その匂いを嗅いで起こした行動に
あまりよい結果を生んでいないが
なぜかとても懐かしい気持ちになる。

あれは11月。
朝起きて外に出て空を見上げた。
どんよりと雲は重く、空気は冷えてピンと張りつめていた。
「あ、雪の匂い」
その日の夕方ごろから
雪は降った。
もしかしたらこれも記憶に残っていたのかもしれない。

今ではとんと記憶を呼び覚ますような匂いには出会ってはいないけれど、
冬のどんよりした天気の時は
空を見上げて匂いを嗅ぐ癖だけが残っている。
A0790_000294
よろしかったら、
ボタンを押して応援を。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月11日 (水)

果物アラカルト

こんにちは。
着込んで朝からバイクに乗っています。
寒いけど、今大丈夫なら
一年中大丈夫ですな。
 
 
 
 

買い物に行くと言ったら
非常に珍しくリクエストが来た。
それはあんぽ柿。
1つ350円もするのを数日前に食べていて、
(昨日食べたと言っていた・どうも時系列の記憶がやばいらしい)

「あるかなあ、あんぽ柿、美味しかったの?」
「うん」
「あんぽ柿高いから、お金ちょうだい」
財布ごと渡された。
「じゃあ400円もらってくね」
「たけえなあ・・・」

スーパーに行くとあんぽ柿はあった。
個包装で1個200円くらい。
でも以前のものとクオリティを下げたくなく、
探すと化粧箱に入ったものを見つけた。
7個入りで2000円である。
これならいいかと
買って帰り、
3時のお茶うけとして1個出した。
「はい、2000円のあんぽ柿」
「!」
うふふ、出したのは1個だが、
7個でだよ~~~ん。
とは言わなかった。
味わって食べてほしい。

実は私はと言えば柿が苦手である。
果物と認めていないところもある。

ところがだ。
日本の菓子はこの柿から始まったというではないか。
しかし、発祥がどうあれ苦手なものは苦手なのだ。

だからバナナを食べよう。

ファミレスのサラダバーから学んだ
超簡単なデザート。
バナナを3㎝くらいに切って立て、
上からホイップクリームとチョコスプレーを乗せ、
これでもかとチョコソースを垂らす。
なんでバナナとチョコレートは相性がよいのだろう。

実はバナナも果物としては微妙だったりする。
当落線上といったところか。
多分このバナナと柿の間に
私のボーダーラインがあるらしい。
それは酸味。

柿は頑として酸味をもたないので
私としては敬遠するしかないのである。
時にはなますにして応戦するのだが。
A1380_000866

気に入っていただけたなら
ボタンを押していってね。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月10日 (火)

夢じゃないと思うんだが

こんにちは。
つ~か~れ~た~。
 
 
 
 

今日は不思議な体験の話をしましょう。

不便だと思いつつも、
結局学生生活の殆どを
過ごしたアパートを
出るときの話です。

就職が決まらなくて、
結局ファミレスでのバイトを始めましたが、
深夜勤で距離もあったので
引っ越すことにしました。
(その時点ではまだ学生でした)

荷造りを終え、
この部屋も最後の夜だなあと
感慨深くもありましたが、
すぐに眠りに就きました。
しかし、深夜に目が覚めてしまいました。

アパートのあった街は
当時あった工場の明かりの影響で
台所の窓が一面真っ赤になることが
ありました。

アパートは台所と居室を障子戸で仕切ってあり、
窓が真っ赤になるときは
障子にそれが透けて見えていたものです。

そしてその深夜、布団に入ったまま、ふと障子の方を見ると…

体格のいい人が仁王立ちしている
シルエットが!
真っ赤な光源に浮かび上がる
シルエットはこうして言葉にすると
怖いはずなのですが、
その時は少しも怖く感じませんでした。

そのまま再び眠りに就いてしまうほどでしたから。

科学的に説明しようとすれば
台所の外(通路になっていました)に仁王立ちした人がいた
ということかもしれませんが、
(その方が怖いかも)
台所の窓は流しよりも上にあり、
シルエットは全身でした。
確実に台所にそのシルエットの主が存在していたということになります。
また、
夢だったというオチなのかもしれませんが、
夢にしては鮮明だし、
そうでない方が面白い。
怖いのは嫌だけれど、
怖くなかったし
禍々しくはなかった。

土地の神様的な誰かが
見送りに出てきてくれたのかな。

おかげさまで無事引っ越しも済み
厄災も起きていません。
なんだったんだろ、あれ。
A0960_005950

よろしかったら
応援などしてくださいな。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 9日 (月)

昭和40年代の子どもの楽しみ(秩父地方版)

こんにちは。
アルミの鍋の鍋焼きうどん。
IH対応のものが出てるんですね~。
アルミじゃないのかな?
 
 
 
 

小学校低学年の頃、書道教室に行っていた。
記憶に間違いがなければ、
その書道教室は駄菓子屋も兼ねていた。
習字を習った後に駄菓子屋で
菓子をよく買っていたものだ。
店の正式な名前などは憶えていない。
ただ、十円店と呼んでいたような気がする。
そう、十円玉何枚か持っていれば
そこで買い物ができた。
その界隈で子どもができる数少ない経済活動だ。

きなこ飴、黒棒、麩菓子、フーセンガム
ヨーグルト、スーパーボール・・・。
今も売っているが、目にするたび懐かしい気持ちになる。

中には当たり付きのものもあったが、
私の成績は芳しくなかった。
いや、例外はある。
ミリンダという瓶ジュースだったか
続けて5本くらい当たったことが1回だけある。

その店には鉄板焼きをするところがあった。
確か「焼き天」と呼んでいたと思う。
50円だったかな。
平たく言ってしまえば
お好み焼きのクレープである。
薄い生地に3つだけ具が選べて
自分で焼いて食べる。
焼きあがったら
1センチ角くらいに切って
爪楊枝で食べていた。
具はソーセージみじん切り(たぶん魚肉)
カレー粉、桜でんぶ、カレー粉、紅しょうがなどがあったと思う。
焼き方や食べ方を教えてくれたのは
少し年上の子どもだった。

引っ越しのため幼稚園を3か月しか行っていなかった
私は、そこで子ども社会の一端を学んだ気がする。

ショッピングモールの駄菓子屋を見て
ふとそんなことを思い出した。

そういえば、子供たちが集まる店って
少なくなりましたね。
A1380_000347


よろしければ
応援してくださいませ。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 8日 (日)

全部あげちゃあだめですね

こんにちは。
田作りがカチカチです。
 
 
 
 

運動も兼ねて父をスーパーに連れて行きました。
喉が痛いというので
空気も乾燥しているからなあと
飴を買うことを勧めました。
好きなのを選んでいるのかいないのかわからないのですが
目について手に取ったのは
味覚糖の純露。

家に帰っていつでもなめられるように
キャンディポットに全部入れて
いつもいる場所の炬燵の上に
置いておきました。

2時間ほどして様子を見に行くと
残っている飴はもう数えるほど。
さすがに食べ過ぎだと言いましたが、
その場はそのままにしておきました。

そして夕飯ができて呼びに行くと
残った飴は1個。
わずか4時間ほどで一袋マイナス2個を
なめたことになります。
(計算が合わない?1個は私が懐かしくなってなめましたw)

以前、宅配弁当を2人分注文し、受け取ってもらった時に
(私は外出していまし


た)
家に帰ると、
おかずだけ2人分食べてしまっている最中で
(しかも、ベッドで寝ながら!
しかも、言ってもやめなかった!)
激しく怒ったことがありましたが、
それに匹敵するものです。

認知症に類する症状なんだろうと思いますが、
ここ1年でその2回だけです。

冷蔵庫をあさることもないし、
おかわりもめったにしない。
つい先週、「昼飯まだ?」と昼飯を食べた1時間後に聞かれたが
その1回だけ。

そう考えると
ずっといいと思うのですが、
手の届くところに食べ物は
置かないようにしようと
改めて思いました。
(幸か不幸か行動範囲は家の中でもかなり狭いです)

好きな時に好きな物を
食べる。
そんなことはできなくなってしまいますが、
自分でコントロールできない限り
仕方ないですね。

こうしてひとつ、またひとつと
生活上、管理をしなければいけないことが
増えていく今日この頃です。
A0790_000258

よろしかったら
ぽちっとな、お願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 7日 (土)

奥久慈、雪と清流

こんにちは。
恐る恐る体重計に乗ると
現状維持。やった!
 
 
 
 

あれは何年前の事だろう。
一個前の車で1月6日(日付だけ覚えてる)
奥久慈に行きました。

千葉県は半島と高低差があまりないという土地柄で
清流が少ないです。
有名どころの養老渓谷も清流というには
少しピンと来ませんでした。(失礼)
これはおそらく
秩父という水のきれいな土地に育ったせいなのだと思うが、
透き通った水の流れる川を見るには
少しの遠出が必要です。
渓流である必要はないんですが、
きれいな川の流れを見たい。
そんな思いをいつももっています。

奥久慈は夏に訪れたときに
水がとてもきれいだったのを
覚えていて、
ちょくちょく出かけていきます。

で、真冬に清流を見たかったのかどうか
記憶は定かではありませんが、
お得意のコースで茨城県の北の方へと行きました。

茨城県は北関東に属すと思いますが
栃木県や群馬県のように
雪のイメージはありませんでした。
その時は特別だったのかな。
渓谷の入り口からもう雪は積もっていました。

それでもなんとかなるべぇと
ずんずん進んでいくと(いつものパターンです)
道幅がだんだん狭く、
民家も見えなくなっていきました。
積雪のせいで、余計に道幅は狭く感じました。

それでも最初は路面は舗装面が
見えていましたが、
それもやがて雪へと変わっていきました。
少し傾斜もついてきました。

木々が生い茂る
坂の手前でこれまでかと
引き返すことにしました。
でもその前に。

凍えそうな空気の中、
道の少し下を流れている水の音に
心惹かれ少しの間眺めていました。
木の陰の黒と雪の白のモノクロの世界。
辺りは水の音だけ。
まさに心洗われるような
景色でした。

とここで終われば
いいのですが、
雪道のUターン程恐ろしいものはないと
身をもって知ることになります。
坂道、道幅が不明、側溝か崖があるかもしれない、車が来たらどうしよう。
不安材料てんこ盛りです。

何度も何度もハンドルを切って
ようやく向きを変えることができて
気が付けば日没間近。

わざわざ北茨城まで行って
したことは雪と渓流を見たことだけ。
でも、そんな旅が好きなのかもしれません。
A0070_000060
どこの渓流かなー、いいなー。

よろしければ
応援をお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 6日 (金)

クルミ入り田作りごまめ抜き(すでに田作りではないんじゃ・・・)

こんにちは。
気温は低いですが、
風がなく、陽だまりは暖かだったです。
 
 
 

 

おせちに飽きた後に揺り戻しがあり、
また食べたくなります。
特にそう思うのは甘い物系。
お多福豆や伊達巻などです。

でもスーパーに行っても品切れの場合が多いですね。
最近は買えるようになってきましたが。

そして、実は田作り(ごまめ抜き)を作ろうと
クルミは買ってあったのです。
結局田作りには手を出せずに
除夜の鐘を聞いてしまった訳ですが、
ここで作ってみようと
思い立ちました。

ごまめ抜きなので
田作りではないんですが、
醤油を入れるので
キャラメリゼでもない。

材料
クルミ          ・・・75g
砂糖(三温糖を使いました)・・・大さじ2
みりん          ・・・大さじ2
醤油           ・・・大さじ1と1/2
酒            ・・・大さじ1
です。

まず、クルミを煎ります。
焦げないように注意。(5分くらい)
次にクルミを別の容器にあけ、
調味料を火にかけて溶かします。
トロトロになって来たら
クルミを入れます。
これだけ。

簡単でした。
野菜、果物、ナッツ類と
人間の器官と形が似ているものは
その器官に利くという話を聞いたことがあります。

するとクルミは頭です。
(ちょっとグロい)
体内でDHAに変化するそうです。
昨日の話ではありませんが、
記憶力よくなるかな?
でも、食べ過ぎには注意だそうです。
Dsc_0289
冷まし中です。

よろしかったら

応援をいただけたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 5日 (木)

初夢分析官

こんにちは。
いよいよ寒の入り。
北風が口笛吹いて寒さを呼んでます。
 
 
 
 

「はい、次の方どうぞ」

「あの~、夢を見たんですが」

「(ここは夢を判断する相談所だ。夢を見たから来たんだろうが)
ほお、それでどんな夢を?」

「それが~、よく覚えてないんです~」

「それは困りましたね(私が)」

「なんだか~、灰色のものが~」

「ふむふむ」

「立方体のものが目の前にあって~」

「ふむふむ」

「なんか赤かオレンジ色の部分もあって~」

「色付きですか。もしや、ストレスが溜まっているとか(やっと相談らしくなってきたぞ)」

「ん~、そんなことはないです~」

「!(ひらめいたぞ)分かりました」

「なんなんでしょう~?」

「はい、あなたはマインクラフトのやりすぎです」

というわけで、もう5日なので
初夢と言えるかどうかは
分かりませんが
夢を見ました。
一鷹二富士三なすびには程遠いですが
思い当たるフシは
ありありです。

三が日はたいしてすることもなく、
テレビを見る習慣がない私は
マインクラフト三昧でした。

色付きの夢は諸説あるようですが
疲れているとか、ストレスをためているとかという説や
見終わった後で色の記憶を補填しているとかいう説があります。
私の場合、赤が記憶に残ることが多いです。

とはいえ、めっきり夢を見ることが少なくなった気がします。
もしかすると記憶力が衰えているのかもしれない。
夢の内容より、脳の老化の方を心配した方が良いようです。

あと、ゲームのやりすぎも(笑)

よろしかったら、
応援の方お願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 4日 (水)

初めてのツーリング

こんにちは。
日なたは暖かです。
 
 
 
 

大学に入ってまずどうにかしなければならなかったのは
交通手段。
何かの間違いで大学から遠いところにアパートを借りてしまった。
しかも電車に乗るのはあまり得意ではなかった。
そこで友達が勧めてくれたのが
原付のバイクで通うこと。

大急ぎで原付の免許を取り、
バイクを手配した。
多分スクーターに乗るんだろうな。
と思いきや、これまた友だちの勧めで
YAMAHAのDT50に。
オフロードのバイクである。
(バリバリではなかったと思いますが)
友だちは密かにそのバイクで
九十九里の浜辺を走るのを
思い描いていたらしい。
(実行に移したかは忘れた)
原付=スクーターと思っていた
私にとっては目から鱗の
走り心地。
まだ見たことのない景色を見たいと思った。

そんなこんなで、
なんちゃってバイク乗りになった。
バイクに乗って房総を走り回った。
(暴走はしていない)

そんなある日、友だち数人が
温泉旅行を計画していた。
私も誘われたが、経済的に困窮しているとの理由で
断った。
行先は伊豆らしい。
細かい行き先を聞く前に断ってしまったが、
あれは修善寺だったか。
それだけを頼りに私はサプライズを
決行した。

原付で行くのだ。

高速が使えない原付では、
非常に時間がかかる。
おまけに制限時速30㎞なのだ。
(ひょっとすると、もうちょっとスピードは出したかもしれない)

それでもどこをどう通ったか
修善寺という地名の場所には着いた。
まだ、寒さの残る頃である。
全身、すっかり凍えていた。

しかし、どうやって現れようかと
サプライズの場面を想像して
道中を来たが、
目的の場所を見つけることはできなかった。
仕方なくなく、踵を返した。

こうして、初めてのツーリングは
目的地を見つけられないという結果に終わった。
しかも、家目前で反則切符を切られてしまうという
オチもついたのであった。
1l

よろしかったら
ボタンを押していきませんか。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 3日 (火)

やっとチャーシューの出番

こんにちは。
どこかに行きたい病がうずうず。
 
 
 
 

やっぱり、刺身とか悪くなりやすいものから
正月料理は食べてますから、
日持ちのするものは後回しになります。

大みそかに作ったチャーシューが
やっと今日の昼食卓に上りました。

でも、手を抜きたいので
そこはチャーシュー丼で。

モモのブロックと
バラ肉のブロックの
2種類作りましたが、
本日はモモの方で。

薄くスライスして、
刻みネギ、大葉、野沢菜を添えました。

野沢菜の塩気で何もかけなくても旨いです。
てか、濃い味に少し食傷気味・・・。

まだ、たくさんあるので、一度は
チャーシュー麵にしようかな。
煮汁で煮玉子も作りたいところですね。

晩御飯は冷凍のホタテがまだあるので
酒蒸しにでもしようかなと考えています。

あ、ご飯は炊かなくちゃ。
何のかんの言って
洗い物など手の抜けないところも
ありますね。

三が日も今日で終わりです。
A1840_000035
これです。食べたいのは。

よろしければ
ボタンを押してくださいな。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 2日 (月)

収穫用コンテナって素晴らしい

こんにちは。
確実に正月太りしそうです。
 
 
 
 

今は450円しないくらいでしょうか。
収穫用コンテナにはよくお世話になっています。

引っ越しの時にとっておきたい本を詰め込んで
今は貸倉庫に眠っていますし、
現場での作業の合間には
ひっくり返して椅子にもなります。
段ボールよりは高いですが
丈夫です。
ふたはできませんが。

バイクにつけるリアボックスを考えたときに
これが浮かびました。
実は、このコンテナ、
カラーバリエーションもあるのです。
さすがに主に売られている黄色では
ちょっと気恥ずかしい気がして、
違う色を選びました。

取り付けは簡単です。
金具とボルトで
しっかりと固定しました。
取り付け用金具なのに
本体のコンテナよりも
値段が高かったことは内緒です。
それでも純正のリアボックスを付けるより
ずっと格安です。

カブにコンテナ、
田舎のおっさん装備で
おしゃれのおの字もありませんが、
収納力抜群。
とても重宝しています。

今日も冷たい風を切って
買い足しの餅と、稲荷ずしを
積んで走りました。
(なぜ稲荷ずしかというとあっさりしたものが
食べたくなったからです)
E74d928b76ef155159c6af3e7fa22f73

よろしければ
ボタンを押していきませんか。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年1月 1日 (日)

うちの雑煮の出自

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の雑煮は
子どもの頃から食べ慣れている
ものにした。
一人暮らしの時は
餅があまり好きではないため
あまり作らなかったが、
父が来てから三度目の正月は
餅を喉に詰まらせないよう
細かく切った餅を入れている。

餅は焼いて煮る。
つゆは醤油だし。
ここまではよくあるのだが
とにかく具沢山なのである。

慣れ親しんだ具とは、
しいたけ
牛蒡
人参
大根
芋がら(今回割愛)
里芋(これは記憶曖昧)
こんにゃく
油揚げ(今回割愛)
なると(今回割愛)
そして、豚肉。

インターネットで調べてみても
豚肉は極少数派。
しかも、出自がわからない。

母は新潟。
父は北海道。
だが、調べた限りどちらにもそのような内容の
具はない。
もちろん、家族で暮らした秩父地方にもそんな雑煮はない。

いったいどこから生まれたものなのだろう。
食べながらいつも不思議に思っている。

餅を喉に詰まらせると困る者と
餅が好きではない者の世帯では、
あまり食べないだろうと
小さい餅を少しだけ買ったが
朝、昼と食べたらなくなってしまった。

2日目はあっさりと
ブリと小松菜の雑煮にしようと
思ったのに。
45986934c5a8fb703f5953d39f031efc_2
うちの雑煮は絵的に美しくないので
イラストをお借りしました。

よろしかったら
ボタンを押していってくださいな。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信