最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« 暖かい日、白鳥を見に | トップページ | 最終の採集は大豊作 »

2016年12月20日 (火)

「KUMIMOKU」と「ジョイパネ」の比較

こんにちは。
客人あり。
もう「よいお年を」
って挨拶になるんですね。
 
 
 
 

このブログに検索で訪問していただいている
方で一番多いのは「KUMIMOKU」で検索されている
方々です。
あまりにも内容がなく申し訳ないのですが、
かといって専門的にどうこう言えるほど
(強度とか)
勉強しているわけでもないので
更新したとしても
お役に立つかどうか・・・。

ただ、「KUMIMOKU」だけだと
同じ話になっちゃいそうなので
今回は他社の類似商品である
「ジョイパネ」と比較してみることにします。

前置きが長くなっちゃいますが、
小屋を建てるにあたって
設計は自分でと以前書いたと思います。
でも、結局凝ったものは作れないし、
(作れるかもしれないけれど、時間がかかるし)
長方形のものが一番いいだろうと整地をしながら考えました。
そんな訳で再浮上しているわけです。

再浮上の途中で
ジョイフル本田にも似たような謳い文句の
商品があることを知り、
比較検討をしています。
ただ依然、その作りを参考ににするにとどまるかもしれませんが。

それでは双方見ていきましょう。
まずぱっと見。
「KUMIMOKU」(以降K)の方はどっしりとした感じ。
丈夫な小屋ができそうです。
気になるのは屋根のひさしの出が
短いこと。自分で何とかできそうですが。
「ジョイパネ」(以降J)の方は
洗練されている感じ。
素敵な小屋ができそうです。

次は素人目に見た強度。
Kは躯体に3寸柱?を使っているので
がっしりとしています。
柱と柱をつなげるのも材木の内部から
金具を付けてあるので(羽子板のかわり?)
問題なさそうです。
こちらは低いですが床下が存在します。
Jはべニアに垂木をぐるっとつけてあり
それを接合して箱型にします。
垂木には等間隔に穴が開いていて
ボルトで接合するようです。
パネルの大きさは数種類あって、
組み合わせ方によっては
窓のための開口部を作ることができるようになっています。
小屋であれば十分な強度をもっているものと思われます。
こちらは基礎次第ですが、床下は存在しません。

次はバリエーションです。
Kは床面積のサイズがいくつかあって
デッキ付きにすることもできます。
天井の高さはどうやら1種類のようです。
セットは躯体のみと壁付があります。
Jはやや自由な設計が可能です。
壁用パネルに2種類の高さがありますので
天井が高いものも作ることが可能です。

値段ですが実際に同じサイズでの計算をしたわけではないので
比較は難しいですが
Kは柱を使っている分高いかもしれません。

ざっとこんな感じでしょうか。
実物や説明書きを見てきただけなので
ひょっとしたら間違った情報もあるやもしれません。
それから、どちらも標準で鋸を必要とはしません。
(自分で部分的に変更する場合を除く)

自分でこれを使って小屋を作るなら
Kの躯体のセットを選んで壁材などは自己調達が
いいのかな?と思っています。

ちなみにどちらもネットで買うことができるようです。
逆に言うと実物を見たい場合、
大きなところに行かないと実物は置いていない
場合があります。
私はKをカインズホーム市原店、
Jはジョイフル本田千葉NT店で見させてもらいました。
やっぱり実物を見ないと不安ですからねえ・・・。

盗難は年末にやられているので
部材購入は年が明けてからにしようと思います。
すぐにできると言っても
やはりそこが心配です。

A0960_005720

応援していただけたら
嬉しいな。


にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

追記(’17 6/2記)

検索でお越しの皆様。
6/1に「KUMIMOKU」小屋キットを購入いたしました。
いよいよ実践編へと突入いたしますが、
4月に新しいブログを立ち上げまして、
そちらにレポートがあります。
ぜひともご訪問くださいませ。

ブログタイトルは
「廻り道通信」
でございます。

« 暖かい日、白鳥を見に | トップページ | 最終の採集は大豊作 »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126356/64650537

この記事へのトラックバック一覧です: 「KUMIMOKU」と「ジョイパネ」の比較:

« 暖かい日、白鳥を見に | トップページ | 最終の採集は大豊作 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

  • Link
    廻り道通信