最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« どっちが得か | トップページ | 収穫前に反省会をしよう »

2016年9月 2日 (金)

レタスの使い切り方

こんにちは。スーパーに松茸、葡萄を見かけて久しいです。
栗はもう少し後でしょうか。

レタスはお尻を見て、なるべく赤くなっていないものを選ぶ。
そして持った感じが大きさの割に重いもの。
旬がいつだかはわからないが、安い時にいいものが多い。
そんな技を身に着けた頃。
目に留まったのはレタスを長持ちさせる方法。
それは、レタスの芯に爪楊枝を刺すというものだが
やってみると買った時のレジ袋に入れておくことで本当に
長持ちする。
(後は水けを拭き取るとかあるのだが、はっきり言って面
倒くさい・笑)
Dsc_0137_2

傷んでしまうのが惜しくてサラダ用カットレタスを買うこと
が常だったが丸のまま買うようになった。

最初は、サラダ。
昔、後輩の女の子に教わったサラダはとても簡単で美味
しい。
手でちぎって醤油とサラダオイルだけのドレッシングに刻
み海苔。
(あ、ドレッシングは醤油とオイル1対1です)
初めて食べたときは目から鱗。
ちょい足ししたらどうだろうとキュウリ、胡椒、ハムなどを
試してみたがやはりシンプルなのが一番の美味しいようだ。
まあ、ほかのドレッシングでも食べるけど。

次にスープ。
玉子、ゴマ油、鶏がらスープで中華風。
レタスは粗目の千切りに。
熱を通してもレタスの歯触りはいつまでもレタスのままだ。

最後はチャーハン。
焼き豚、玉子、ネギで作る。
これもレタスは粗目の千切りだ。
ここまですればたいてい一玉のレタスはなくなる。

こうしてレタスが冷蔵庫の底で溶けることはなくなった。

« どっちが得か | トップページ | 収穫前に反省会をしよう »

食・料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126356/64147198

この記事へのトラックバック一覧です: レタスの使い切り方:

« どっちが得か | トップページ | 収穫前に反省会をしよう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

  • Link
    廻り道通信