最近のトラックバック

無料ブログはココログ

setting

  • setting

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の30件の記事

2016年9月30日 (金)

ブログについて

こんにちは。
もう9月も終わり
「はええなあ・・・」が口癖になっています。

おかげさまでこの7月に再開したこのブログも
3か月が経ち、
4000アクセス間近となりました。
これも何よりひとえに
見てくださる皆様のおかげ様です。

このブログのタイトルは
「深呼吸の必要」/My Little Lover
からいただいています。

映画の方は観ていないのですが
詞が気に入ってこう付けました。

「あなたへの道」のあなたは
終着点を意味しており
私の場合は人ではなく
ログハウスが出来上がった後の
生活を意味しているのだと思います。

でもきっと終着点では終わらず
その先も回り道をしながら
人生を歩んでいく気がしています。
(そこでブログを続けているかは
別として)

な~~~~~~んてな。

我ながらイタいブログですねえ。
ま、いいでしょ。
自己満足も多分にありますが、
読んでくれている誰かが

ちょっとでもほっこりとできれば
私はそれで意味があるかな
と思っています。

という訳で
当分お付き合いくださいませ。

Dsc_0181
こちらは本日の棉です。

なんと、まだ成長しています。


にほんブログ村

にほんブログ村

2016年9月29日 (木)

うまいもん認定中②(アイスコーヒー・千葉西千葉)

こんにちは。
家計簿をつけようととっておいてある
レシートの袋が破けそうです。

暑かったあの夏・・・。
大学生の頃、サークル活動の
帰り。

大学から歩いて行ける距離。
そこにあったコーヒー店「ふるどけい」
今はもうない。

何度も通ったわけではないのだが
忘れられないのがアイスコーヒー。

先輩たちに教えられて
水だしアイスコーヒーを頼む。

やがて運ばれてくる赤金のカップ。
一口飲むと汗が引いていくのがわかった。
カップは唇がくっつきそうなほど
キンキンに冷えていた。

店内を見回すと
なにやら大きなガラスの機械。
理科の実験室のようなその機械の終着点近くには
時折ぽたりとコーヒーの滴が落ちている。

水出しといってもその香りは
まったく損なわれてはいない。
むしろ、これほど香りのいい
コーヒーは飲んだことがなかった。

もうなくなって久しいと聞く。

もう味わえないのだ。

ただ、まだその店があったとしても
同じ味はそこにはないのだろう。

汗のにおいを気にする歳に
なってしまった。

うまいもん②は千葉は西千葉のアイスコーヒーにします。
A0027_000832
画像は初の借り物です。




よろしければ、押してくださると幸いです。


にほんブログ村

にほんブログ村

2016年9月28日 (水)

スズメバチにびびっちゃいけないじゃん!(駆除の話)

こんにちは。
日に日に日が短くなっていますね。
Dsc_0155

それは手伝ってくれる友がいたときの話。
しばらく間が空いた後、夏のことだったと思う。
楽しい仲間のひとつに数えたスズメバチ君が
玄関になるであろう所に
巣を作りやがりました。

二人で作戦を立て駆除することにしました。
その作戦とはこうです。

1.できるだけ密閉空間を作る。
(玄関ドアがまだついていないが、ベニヤでふさいで
万全だ。この日のために天井は張ってある!)

2.殺虫剤を買ってくる。
(できるだけ遠くに噴射できるやつがいいぞ!)

3.巣めがけて殺虫剤を噴射する。
(退路の確保を忘れずに!)

4.完全フル装備で巣を分厚いビニール袋に入れる。
(2人の連携がものを言う!
いやその前に初めからフル装備しなくちゃダメじゃん!)

5.ダメ押しで袋の中を殺虫剤で充満させる。
(動物愛護精神はどうした!)

作戦は成功し、無事スズメバチの巣を
駆除することができました。

しかし、お勧めしません。
無謀です。
この時は幸運にもうまくいきましたが、
必ずこのようにうまくいくとは限りません。

たぶん。巣が夏ミカンの大きさだったのと
オオスズメバチではなかったことが
幸いしたのだと思います。
秋だったらもう駄目ですね。

良い子のみなさんは真似せず
業者さんに頼みましょう。

その日の仕事はそれだけで
終わったことを付け加えておきます。
(はー、疲れた~)


よろしかったらぽちっとなお願いします。
励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

2016年9月27日 (火)

うまいもん認定中①(唐揚げ定食・東京大塚)

こんにちは。
採血の時にじっと針を見ている
丸太です。
定期通院で採血をしてもらいました。

出先で食べたうまいもん。
今はその店があるのかどうかも
分かりませんが、
その土地での思い出とともに
語ってみようではありませんか。

ん?
タイトルに①とついているぞ。
シリーズ化か?
(このブログ定番の寄り道です・笑)
なんてことはさておき
第1回目のお話は
浪人中のお話、
30年前ですから

お店はないでしょうね。

大学入試を見事に玉砕し
両親に無理を言って
浪人させてもらった
この年。

友人も何人か同じ道を辿っていました。

私はといえば少しでも家計の負担にならぬよう
秩父から大塚の予備校まで
毎日電車で通っておりました。

そろそろ毎日友人と会えた頃が
懐かしくなった頃
ばったりと出会いました。
今ではもう名前も忘れてしまった友人に。

その友人に連れられて
大塚駅の近くの店で食べたのが
唐揚げ定食。

自分の作る唐揚げを含めても
いまだかつてない美味しい唐揚げ定食でした。

唐揚げももちろん美味しかったのですが
舌を巻いたのは千切りキャベツの細さ。
シャキシャキなのにもさもさしてなくて
おかわりがあればしたいほどでした。
それもキャベツの芯があれば
薄切り器で切ったのだと思いますが
芯がなく歯触りもよかったように
覚えています。

この時から揚げ物の付け合わせの
キャベツは芯を取り除き
包丁で細く切ることを
決意しました。

めったなことでは料理したものを
褒めない父も
「えらい細いキャベツだな」
と言っていました。

そういうわけで
我が家の千切りキャベツは
とても細いのです。

めでたく2人とも大学生になれたのでした。

うまいもん①は東京は大塚の唐揚げ定食にします。

2016年9月26日 (月)

みそまんじゅうとかき氷

こんにちは。
いつ降り出すかわからないのは困る。


昭和40年代頃、住んでいた近所に
時折、移動販売が来ていました。
夏にはかき氷、冬にはみそまんじゅうを
売っていて小遣いから買って食べたものです。

たぶん同じ業者だったんじゃないかなと思います。

後で知ったのですが
このみそまんじゅう、群馬のものなんですね。
まだ中華まんなど知らなかった時代、
その場で食べるほかほかのみそまんじゅうは
格別のおやつでした。

知らない人には
どう説明すればいいかな。
大きさは中華まんの半分くらいの大きさで
それが4つ串にさしてあって
ふかふかの生地、
餡が入っていなくて
味噌だれをぬってあって
それを焼いてある。
でしょうか。

かき氷はいちごやメロンのシロップを
かけるものしか知らなくて
この移動販売で
練乳やら小豆やらをかけて食べると
美味しいことを知りました。
今でさえ長瀞の方の天然氷のかき氷が
有名ですが、当時長瀞にあったのかなあ・・・。

埼玉県でも秩父地方は文化圏が違うと言います。
産業や風土など
群馬県の影響を受けている
ように思います。
養蚕、こんにゃく、からっ風など。

みそまんじゅう屋さんも
群馬から来ていたんでしょうかね。

今でも来ているのでしょうか。

2016年9月25日 (日)

秩父ってどんなとこ?

こんにちは。
やっと晴れたと思ったら
洗濯大会です。


大学に入るときに秩父を出た私ですが
自己紹介の時に出身地を言うと
意外と知らない人が多いのに
驚く。

さすがに同郷の友人は知っていたが、
他の友人は怪しかった。
「山梨?」「長野?」「群馬?」
と言われたものである。

しかもそれを言ったのが
関東の人間であった。

我が故郷は意外と知られていないのだと
思わされた。

当時、まだ秩父発信の情報といえば
祭とせいぜい東京から近い自然というものくらいだった
ような気がするので
仕方ないのかなと思う。

しかし、この「東京から近い自然」というのが
曲者である。

これを扱った番組では
「山奥」というイメージを抱くらしい。
秩父の盆地に住んでいた者にしてみれば
それは「奥秩父」なのである。
しかし、確かにそれも「秩父」である。

最近あまりテレビは見ないが、
時々見かける山深い映像は
「奥秩父」となっていることが多い気がする。

それに、例えば鉄道で秩父に入ろうとすれば、
秩父鉄道にせよ、西武鉄道にせよ
否応なしにどんどん山に入っていく感覚が
やってくる。
しかし、その先は盆地なのだ。
当時の秩父市の人口は6万4千ほどだと
記憶している。(平成の大合併前)

・・・と、当時はそう思っていた。

ログハウスの場所を選ぶときに
ふと、そこで仕事を辞めて
秩父に建てようかと思ったことがある。

結局先々のことを考えると
そこは踏みとどまったが、
結局選んだ場所は
海よりも山を感じられる場所になった。

「ああ、育った場所に帰りたいんだな」
その時にそう思った。

友だちとこけつまろびつした山があり、
泳げる(今は知りませんが)きれいな水の流れる川があり、
それだけでも行く価値のある場所を
私は知っている。

「また、のんびりしにいくんべえ」

2016年9月24日 (土)

旅に出られない日には

こんにちは。
明日くらいから天気も良くなりそうです。


ずっと家にいると
煮詰まる感じになることが
よくあります。

そんな時、
「見知らぬ景色を見たいな」
と思うのです。

長く千葉県に住んでいるので
主な所は行き尽した感があります。

にわかに外に出たいと思っても
雨だったり、用事があったりと
ゆっくり時間を
取れないこともあります。

そんな時は
GeoGuessrというサイトで
遊びます。

グーグルストリートビューを使って
それがどの地点かを当てるものです。

日本国内限定のものも
ありますので
私は主にそれをプレイします。

日本各地の画像が現れ
どの場所か
推察するのが楽しいです。

全5問出題されるのですが
ほとんど1問以上が北海道のことが多いです。
降雪のための道幅表示があれば
まず北海道だと見立てます。

標識、看板の市外局番、海の位置などで
見当がつきますが
厄介なのは林道だった場合。

標識の下の方に○○県とか
表示があればいい方で
最悪、道をたどって大きな道に
出るまでクリックを続けます。

大体高得点を上げるようになってきましたが、
それよりも
見知らぬ景色を見るのが
楽しみだったりします。

いつか行きたいなあ・・・

2016年9月23日 (金)

お天道さんのにおい

こんにちは。
少し肌寒いです。
温かいシチューが食べたくなりました。


7月まで父はシーツを汚すことが多く
シーツと防水パッドの洗濯が
毎日の日課だった。

少しぐらいの汚れでは
洗濯に出そうともしないことも
頭に来ていた。

寒い季節は仕方がないのかな。
去年は6月頃まで洗濯をしていたので
そのうち収まると
思っていた。

が、もう7月だった。
よくよく話を聞いてみると
夜用パッドをしなくなってしまったという。

理由は面倒くさいから。

その日から定時に声を掛けることにした。
そこからぱたっと朝の仕事が一つ
なくなった。

父のシーツを洗濯していた頃は
自分のシーツがなかなか
洗濯できない。

雨の日は電気代を気にしながら
浴室乾燥をかける。

自分のシーツには
ふわりおひさまの香りの
消臭剤をかけてみる。
好みのにおいだ。
おひさまににおいはないと思うが。

黄緑色のギンガムチェックのシーツを
洗って干した。
取り込んで布団に掛け
うつぶせに倒れこんでみる。

まるで草原に寝転んだ気分になった。
お天道さんのにおいは
こうでなくちゃな。

今日も雨。
お天道さんのにおいが恋しい。

2016年9月22日 (木)

勝っちゃった

こんにちは。
今日はホットコーヒーを淹れて飲みました。


父の生きがい探しは続く。

何もしないでぼーっとTVを見ている。
それが楽しみではないことは
傍から見ていてもわかる。

他にすることがないから
TVをつけているのだ。
(例外は相撲くらいか)

父は囲碁ができる。
囲碁の相手をしてやろうと思った。
私がこれまで囲碁をしたのは
たった一度きりである。

囲碁セットを買った。
囲碁入門の本を買った。

さらっと読んで
一局お願いした。
嬉しそうだった。

最初は
「そこ取られちゃうぞ」
などと言っていたが、
中盤からアドバイスがなくなった。

2時間ほど時間がたった。

勝ち負けもよくわからなかったが
私が勝ったらしい。
「あっ、まずい。拗ねて囲碁から
遠ざかったらどうしよう」
そう思った。
残念ながら私も負けず嫌いだった。

3日ほど過ぎ、
買ってきた囲碁の本を
父は今読んでいる。

負けず嫌いなのは
父譲りなのかと思った。

2016年9月21日 (水)

買い物のローテーション

こんにちは。
日本ブログ村に参加していますが、
ちょっと設定をいじってセルフビルドの方にも
割り振ってみました。
セルフビルドの方から来た皆さん。
はじめまして。


異変が起こっている。
買い物に行く間隔が長くなっている。

友だちにプロビオヨーグルトを勧められてから
ずっと毎日食べ続けている。
もう1か月以上になるだろうか。
体調はもともと悪くはないので
体の変化は分からない。

しかし、最近そのヨーグルトを
切らすようになった。
1回の買い物で買うのは4個。
今までの感覚から
4日に1回買い物に行っていることになる。
いや、買わずに済ませることもあったので
実際は3日に1回買い物に行っていたかもしれない。

しかし、1回の買い物で
使う金額があまり変わっていない。

確かに食は細くなっている気がする。
(体重はさほど変わらないのだが)

知らず知らずのうちに
食材を上手に使う癖がついたのだろうと
思い返してみる。

肉にせよ魚にせよ
1回の調理で全部使うことが
なくなった。
全部使うときは
煮物など日持ちのするものを作って
数回にわたって食べるようにした。
今まで材料がないと
走って買いに行っていたものも
代用品で済ませることが多くなった。

こんなことが原因なのかなと思う。

貧乏生活も
こういうことの積み重ねで
乗り越えていけることを
知った。

とりあえず、次回から
ヨーグルトは6個買うことにしよう。

2016年9月20日 (火)

KUMIMOKUの検討

こんにちは。台風は大丈夫でしょうか?

なかなか現場に行けないコンディションである。
行けないなら行けないなりの
少しでも前進する何かをしたい。

綿花関係であれば、
道具作り、糸から布までにする工程の勉強。
住関係であれば、
小屋作りの計画、セキュリティ対策、
外構の計画などだろうか。

とりあえず小屋は一度作っているし、
ログハウスも大体の体躯施工は経験済みなので
作ろうとしている小屋に使う部品を
見に行くことにした。

DIYも大掛かりなものは下火になってきたのだろうか。
以前どこに行ってもあったツーバイ用の金具が
その種類を減らしている。
まだ行ってない大きなホームセンター。

それはカインズホームだ。

ここになければジョイフル本田千葉ニュータウン店かなと
思ったが、こう雨続きなら、
どちらもきっと行くことになるだろうと
思いつつ。

行ってみるとその部品はあった。
やはり縮小気味ではあるが
目的の金具はあった。
それを確かめるだけでよかった。

しかし、入り口付近目に留まったものがあった。
それが「組木」という商品名で
売り出されているちょっとした小屋だった。
キットになって売り出されている。

確かに物置としてはこれで十分そうであった。
値段もまあまあの線である。
これに自分で考えた強度をつければ
仕事場にくらいなるんだろうか?
ここで悩む。

小屋の役割は、工具の収納、できれば資材の一時置き場
そしてその役割を終えれば次には
綿関係の仕事場と考えている。
あとはログハウスの本格施工が再び始まれば
休憩所として使いたいし、
万が一ログハウスを断念したとしたら
住居のベースになるかもしれない。

そうするとどうするのが適切か・・・。

今はまだ悩んでいたい。
そう、長雨が止むまでは。

<追記>
検索でお越しの皆様。
6/1に「KUMIMOKU」小屋キットを購入いたしました。
いよいよ実践編へと突入いたしますが、
4月に新しいブログを立ち上げまして、
そちらにレポートがあります。
ぜひともご訪問くださいませ。

ブログタイトルは
「廻り道通信」
でございます。

2016年9月19日 (月)

ソーセージエッグマフィンもどき

こんにちは。
小屋作りの部品を探しています。


マックはあまり行かないのですが
朝マックのメニューは好きです。

マックグリドルは美味しいんですが
糖質が気になります。

余裕のある朝には
ソーセージエッグマフィンもどきを
作ることもあります。

我ながら一番近いかな
(それでもだいぶ遠いのですが)
と思う材料を
お伝えしようと思います。

まずキモのソーセージ。
これは市販のものは見つからないです。
セブンイレブンの
あらびきソーセージステーキを使います。

玉子、チーズはブランドを気にしません。
あるものを使います。

パンはパスコの超熟イングリッシュマフィンを使います。

フライパンは大きめのもの
玉子はまんまるな型に割り入れて
ソーセージ、マフィンも一緒に
焼いてしまいます。
目玉焼きの型は油を塗っておいても
玉子がこびりつくのが玉に瑕です。

玉子は半熟気味が好みです。
食べるときに黄身がだらーっと
流れ出たとしても。

セットについてくるハッシュポテトは
冷凍食品を使いますが、
1回の食事にせいぜい1個。

残りは匂いがついてしまう前に
食べきらなくてはなりません。

作る手間に比べて
食べるのはあっという間です。

こんな朝は決まって
のんびりです。

2016年9月18日 (日)

「チャンネルはそのまま」

こんにちは。今日は最後にまさかの
画像が。

佐々木倫子さんのセンスが好きですね。
私の笑いの壺はここらへんにあります。
抱腹絶倒というのではないんですが
「フフフ、あるある」という
類の笑いです。

今回ご紹介するのは
「チャンネルはそのまま」
佐々木倫子さんのお仕事にまつわる
一連の漫画の中の1作品です。

作者の住んでいらっしゃる
北海道が舞台となっております。
地方TV局のお仕事のお話です。
主人公が恵庭出身ということで
すっかり親近感を
もってしまいました。

このお仕事シリーズ、
毎回部外者にはわからない
裏側を垣間見させてくれて
「へー、そうなんだー」と
感心させられてしまいます。

(とはいっても脚色はあるのでしょうが)

こんな人、実際にはいないだろうなあ。
というくらいおバカなことをしでかす
女子が主人公です。

こんなキャラが職場にいたら
迷惑を被っていても
許してしまうだろうなー。
(職場はもうないんだった・・・)

尺を視聴者にわかってもらうために
自らマンボウの横に横たわるところなんか・・・。
きっと「視聴者にわかってもらおう」と
その思いだけが特化した行動で
あると思うのですが・・・。

はたと考えると
自分もそういうことをしでかしそうで
怖いです(笑)

とても直情的でいいですね!

1~3巻はブックオフで100円に
なっていたので即買いでした。
それ以降は値下がりするのが待てず
3巻を読んだ後すぐ買ってしまいました。

きっとまた忘れた頃に読みたくなる
漫画です。


母の月命日には、花を飾っているのですが
今月はうっかりしていて
今日になってしまいました。

花を選んでいると
見慣れた花の見慣れない色。
ネタで買ってしまいました。
Dsc_0178
まあ、彼岸花という名前で売っていたのでは
ないですけれどね。

2016年9月17日 (土)

映画館から遠ざかっていた者の報い

こんにちは。少し涼しい日が続いていたので
こんな日はとても暑く感じますね。

2時間ほどの拘束時間を嫌って
映画館には足を運んでいませんでした。
これは家で見るDVDでも同じで
2時間あればほかのことを選ぶ方でした。

映画は嫌いではないです。
ホラー以外なら
すぐにのめりこんで観る方だと思います。

実際、時間ができてみると
これまで見たかった映画を
レンタルで借りてきて
見たりしています。

そんな私が一番最近に見た映画は
「トロンレガシー」

その前に見たのが
「インディジョーンズ最後の聖戦」

ですので如何にスパンが長いかがわかってしまいます。

「トロン」は3Dで観ました。
それが問題だったのです。

平日の昼間に行ったので
映画館はガラガラでした。
ま、それが救いでもあったんですが。

3D眼鏡を購入しました。
眼鏡に装着するタイプのものを。
しかし、私の眼鏡には合わなかったのです。
それでも見ることはできました。

しかし、映画のかなり序盤のところで
ずり落ちてしまいました。

手探りで探しても見つけることができません。
とうとう最後までノン3Dで見る羽目になりました。

ストーリーが追えないわけではないので
それなりに楽しめましたが、
眼鏡をつけていたら
もっと楽しかったことでしょう。

そんなこんなでまた映画館から
遠ざかって6年が経とうとしているのです。

2016年9月16日 (金)

お待たせいたしました

こんにちは。今日の散歩は
少し遠出をしました。

お待たせいたしました。
このページを待っていた2万人の方。
いつなのかやきもきしていた
そこのあなた!

ついに写真撮影に成功いたしました。

場所は昭和の森。
千葉市は土気にございます。
小食土(やさしど)廃寺跡にひっそりと
咲いていました。

ここで訂正とお詫び。
勘違いから白い花は赤い花の後だと
とある場所で申し上げましたが、
白い花の方が先のようです。
謹んでお詫び申し上げます。

あー。赤い花が咲いたなー。
白はその後だから
まだいいかー。
と思い昨日それとは別の秘密の花園を
チェックしに行くと・・・。

まさかの枯れた白い花。

家に帰ってサイトで確認すると
白い花の方が先じゃありませんか!

急いでほかの場所に咲いていないか
調べると
あるじゃないですか。
白い花情報。

千葉市の公式サイトでした。
「千葉市さん、ありがとう」

というわけでどうぞご覧ください。

Dsc_0171
白い彼岸花です。
少しだけ枯れかけていました。(右の方)
左側の蕾は赤い花のようです。
第1駐車場に車を停めましたが、
第2駐車場の方が近かったです。
場所は、小食土廃寺跡ですが、
ちょっと広いです。
目印としては、外周サイクリングロードでは
ない側、パンパスグラスのある広場の奥の方でした。
ちなみに、パンパスグラスはこちら。
Dsc_0169


2016年9月15日 (木)

どみそな丸太君(少年期篇)

こんにちは。今朝以前の記事を
補足しました。あまりに申し訳なくて・・・。

「どみそだなあ!」
上越地方出身の母にはよくそう言われました。
怖がり、弱虫の意です。

当時、「木曜スペシャル」なる番組があり、
中でも一番怖かったのは
UFOに関する特番でした。

怖いもの見たさで見るのはいいんですが
見た後しばらく眠れなくなる。
目を閉じてしまったら
何か起こるのはないかと。

夜一人で外を歩くのは
まずできませんでした。

そんな「どみそ」な丸太君ちでは
学研の「学習」と「科学」を
各家庭に配る仕事を始めました。
いわゆる「学研のおばちゃん」です。

もちろん手伝わされました。
当時1冊配ると40円くらいじゃなかったかと
思います。
一緒に配りに行くと小遣いをもらえました。

母も昼間は別の仕事をしていたので
配りに行くのは
私が学校から帰った後になり

人口密度の低い田舎のこと
担当範囲は広く
配り終えるのは夜になってしまうことも
ままありました。

そんなある夜
見てしまったのです。
宇宙人を。(オイオイ断言するなよ・笑)

後ろ姿でした。
体全体がまるでそれ自体が発光するように
ぼうっと光っていました。
金属が光るような冷たい光でした。

でも、どみそな丸太君ではありましたが、
その時は少しも恐怖を
感じなかったのです。
もしかするとUFO特番の前だったのかもしれません。

後で母に話すと見ていないと言います。

さて、あれは本当は何だったのか?

そんな経験を積んで
丸太君は「どみそ」を克服したかと思われましたが・・・
(つづく)

2016年9月14日 (水)

鹿島灘を眺めながら北に行こう

こんにちは。散歩コースにも
彼岸花が咲き始めました。

東関東自動車道を下りてその後は
国道51号を行けば海沿いの道となる。
しかし、この辺も変わったものだ
鹿島神宮に行くのに
渋滞を避けられなかったし、
いつからか町は市に変わり
サッカースタジアムもできている。

ほんの少し海が見えるところもあるが、
視界に広がりを見せるのは
大洗町に入ってからだ。

道路は高いところを走っているから
海の遠くまでよく見える。
そういえばこの辺で
やたらとでかいかき揚げを食べたっけ。

もう少し行くとまた海が視界からは消え、
海に近い道路を行くには
245号線を行くことになる。
ま、また海が見えるのは
かなり北上してからになるのだが。

東海村を過ぎ
日立市に入るとおさかなセンターがある。
ここもいつの間にか
道の駅になっている。

もうすぐ目的地だ。
びっくりドンキーがあった場所より少し先。
坂を上ったところ。
パーキングがある。
そこで降りて海を眺めるのがお決まりだ。
どこからどう下りたか
海岸まで行ったこともあった。

しばし海を眺めた後
道を戻っていく。
大甕(おおみか)駅入り口の交差点を右に折れ
適当な駐車場に車を置き
駅前の運平堂に入る。

目当ては大甕饅頭。
真っ白な生地に包まれた
俵型の饅頭。
甘さも程よく
素朴な味を楽しめる。

以前、同僚の先輩と
饅頭談義が花咲いたことがあり、
約束した饅頭を
渡せたのは退職間際だった。

そして、少しいい気持になって帰路につく。
帰りは行きよりも少しだけ海が近い。

Dsc_0162

2016年9月13日 (火)

大きなテントで(床下地張り完了の話)

こんにちは。今年は台風が多いですね。
1号はかなり遅かったのに。

基礎を作り上げた後は土台で囲み
根太を入れていった。
ほぞ穴を開ける工法ではなく
ツーバイ金具を使った。
土台は防腐剤がもう処理済みであったが
根太は自分で塗った。
そして根太の間に断熱材を入れていった。
床の下地はOSB合板にした。
ここまでできたところで
まるで舞台のような構造物が出来上がった。
日は暮れ始めていた。
幸い蚊取り線香を用意していた。
ブルーシートもすっぽりと覆うことができるものを
買ってあった。

ブルーシートを四隅で留め、
床の中央に足場用の単管パイプを立て、
ブルーシートを押し上げた。
それだけでテントになった。
風がひどくなければ、
単管パイプを固定する必要もなかった。
ブルーシートの張力で
大黒柱の役目を果たした。

虫の声だけがする、夏の終わりだった。
初めて現場でビールを飲んだ。
1日の仕事をやり終え
格別に旨かった。

そして、眠りに就いた。
そんな眠りがあった。

今、OSBの下地は何者かに踏み抜かれ、
屋根に貼っていたブルーシートが破れたせいで
見る影もない。
ログハウスを再生させるならば、
ここから始めなければならない。
でも、0からじゃない。

2016年9月12日 (月)

病院に近づいてみる

こんにちは。友だちに白い彼岸花を見たいと言われました。
咲く場所を知っているのでいつか載せようと思っています。

この年になるとやはり体のあちこちにガタが来る。

そして、私は病院が嫌いだった。
今も歯科は嫌いだが。
昔は自分が客体になるのが嫌なのだ、
だから行かない。
という訳の分からない理由で行っていなかった。
たぶん面倒くさかっただけだろう。

結構足しげく病院に行くようになった。
正確に言うと医院だ。
病院に行くほどの大病を最近はしていない。

体の異変に気付くことが多くなったのか、
それとも体の異変自体が多くなっているのか。
たぶん両方だろう。

最近では、たぶん何ともないから
何ともないという診断を受けるために、
安心したいがために行く。

今回ふとしたきっかけで皮膚科に行った。
爪に黒斑ができていた。
ネットで調べる。
画像検索をかける。
自分の爪と同じような画像が画面に
出てくる。
「間違えやすい例」なのかもしれなかった。
しかし、それを調べるより前に
皮膚科に気持ちは向かっていた。

評判の良い皮膚科らしく混んでいた。
前もって文庫本を買っていって正解だった。

結果は「内出血」だった。
ほっとしたのと何か申し訳のない気持ちで
他に気になるところも診てもらった。
「内出血」に対しては「靴が合わないのかもしれませんね」と
言われるにとどまったが、
他のところは液体窒素?を当てられ、
塗布薬の処方もあった。

大事なことは何でもないということに
何でもないと自分で判断してはいけないということだ。
医師は「何でもないから来ないでください」とは
言わない。

帰り道、新しいサンダルを買った。

そう、私は少しばかり・・・
いやたくさん長生きをしたいのだ。

2016年9月11日 (日)

貧乏丼の作り方

こんにちは。雨の一日でした。
暑くないので湿度もあまり気になりませんね。

学生の頃からお金がないと作っていた貧乏丼を紹介しましょう。
お金がないとはいえ、栄養のバランスも一応考えています。

―材料―
ごはん
もやし
挽肉
ミックスベジタブル
キノコ類(財布の都合でカットしてもよし)
醤油
片栗粉

①ひき肉を炒めます。
②火が通ったころにもやし、その他を投入します。
③しんなりしてきたら水を加え煮ます。
④火が通ったら醤油で味付けをします。
⑤煮立ったら火を止めて水で溶いた片栗粉を入れ混ぜます。
⑥とろみがついたらご飯にかけて出来上がりです。

はふはふしながらいただきましょう。

挽肉の代わりに豆腐で作ったこともあります。
その場合はだしが出ないので麺つゆかだしの素を入れるといいですね。

今でもたまに作ります。
丼ものはおかずがいらなくていいですね。

2016年9月10日 (土)

こぼれ種たち

こんにちは。昼にサラダうどんを食べました。
冷たい麺がごちそうだと思うのももうすぐ終わりですね。

アパートのプランターは放置状態。
所狭しと雑草が繁茂している。
毎年何かしらを植えているが今年は青じそと里芋のみで
ある。

ふと見ると以前育てていた花や野菜が雑草に混じって育
っている。

ルコウソウ
一昨年前にはやっていたグリーンカーテンからのこぼれ
種だ。
今年もいつからか芽を出して今日咲いた。
赤い花が大部分だったのに今年咲いているのは白い花。
Dsc_0139_2

ニンジン
これは去年蒔いたもの。
間引きをサボったせいで採れたのは親指ほどのものだっ
た。
それはそれで料理に使ったがやがて育ちすぎてしまい放
置したものだ。
食べられるのかな。
Dsc_0142

青じそ
毎年苗で植えている。
必要な時に葉をちぎっては食卓に出している。
餃子の具にするのがお得意だ。
今年植えたのと別の場所にも生えている。
雑草と間違えそうだが、葉の匂いで青じそとわかった。

シシトウ
これは去年苗で植えた。
シシトウは時期を逃すと辛くなってしまう。
そして、食べられるだけ数を揃えるタイミングが難しい。
そうこうしているうちに実が赤くなる。
Dsc_0143

放っておいてもいいことあるねぇ。

2016年9月 9日 (金)

コンポストを作りました

こんにちは。冷やし中華を食べたいです。

今日は草刈りとコンポストづくりをしました。
気温は20℃台だというのに開始20分で汗びっしょりでし
た。
コンポストの予定場所をささっと草刈りしてベニヤ版を仮
設置してみました。ちなみにこのベニヤは段差フラット計
画で作ったもので今となっては用済みになったこの板を
ここで使うことにしました。
新たにベニヤを買うとしてもこの一番安いベニヤだったろ
うし、幅は少しカットしてしまいましたが、まあ、十分です。
Dsc_0149

そんな大仰なものは作れませんので、あとは杭を12本
打って固定するだけです。
杭はここに来る途中で買いました。
Dsc_0151


棉の方は実ができていました。
これがはじければ、収穫できます。
Dsc_0150

休憩の時にはミンミンゼミが鳴いていました。
そんな中で冷たいお茶を飲めるとは、つくづく贅沢を味わ
っている気分になりました。

帰り道、稲刈りの終わった田んぼに白い点々と赤い点々。
白い点々は鷺、赤い点々は彼岸花でした。

今朝、サイトで巾着田をチェックしたのですが、開花は去
年並みだとか。
こちらの方は早いようです。
着実に秋はやってきています。

2016年9月 8日 (木)

あの味に会いたくて

こんにちは。肩こり、こりこり・・・。

なまじ手心があるために手を出してしまうのが味の再現。
ふらふらと美味しいものを食べに行って、また食べたくな
って再現してみる。
舌が鋭敏なわけではないので試行錯誤である。

ほとんどが「こんなものだろう」と妥協できる線までは行く
のだが、いまだほど遠いものが2つある。

2つとも同じ系統だと思うのだが、これだ!と思う味には
まだなっていない。

まず一つ目。
知っている人は知っている「天下一品」のこってりラーメ
ンのスープ。
実は最近知ったことだが我が千葉県には「天下一品」の
店舗が1軒もない。
以前はあったのだが、一つ消え二つ消えとうとう無くなっ
た。

最寄りは東京か?
ラーメン食べに東京に行きたくない。
(銀座に納豆を買いに行って何を言うか!笑)
では作ろう。
(このパターン多いな)

最初は何の情報もなく
豚骨スープやら、ゴマペーストやら入れてみたが
少しも味が似ていない。
やがて少しずつ情報が入手でき
鶏ガラがベースだということがわかる。
(本当か?)
しかし、どう調べても使っている野菜がわからない。
そうしたら・・・
昨日友人がYOU TUBEにアップされているのを教えてくれ
た。

「今度作ってみよう」・・・

「きっと高くつくんだろうな」・・・

「ショップもあるから取り寄せようかな」・・・

に落ち着きそうだ。

2つ目は、「まとい亭」のあさりしめじのパスタ。
スープの感じが「天下一品」とよく似ている。
学生の頃、よく食べた記憶があるが、
店を見かけなくなって久しい。
サラダ、ベイクドポテトが付いてボリュームもよかった。

しかし、これもまた最近まだ店舗があることを知った。
千葉駅の近くらしい。

こちらの味の再現は惜しいところまでいっているような気
がするが、味の記憶の方が薄れてきている。
これは一度食べに行かなければいけない。

しかし・・・
どちらもこってり系。
こういう味が好きだからコレステロール値が・・・。
Photo


2016年9月 7日 (水)

通り雨と露天風呂

こんにちは。週間予報には秋雨前線が登場してきました。

体が不調を訴えると(特に腰痛)日帰り温泉に行くことが
ある。
寒い冬などは芳しい効果が得られることもある。

なので、行ってみた。
腰も重いが、どうも寝違えたようで(枕を替えたせいかな)
首が痛い。
ついでに肩もこっている。
おまけに眠い。

そんな諸症状を抱えて曇天の下、温泉へレッツゴー。
温泉施設に着いたら、まず仮眠をとって、本など読んで
それからゆっくりと湯に浸かろう。

着いた時はまだ雨は降っていなかった。
まず仮眠。本を読める明るさではなかったが、
すぐにうとうと。

グラっと来て目が覚めた。
すぐにスマホで情報を見たが、心配はそれほどしなくても
よさそうだ。

そして、風呂へ。
掛け湯をしてジェット噴射を肩や腰に当てる。
贅肉がブルブルしただけのような気もしたが気持ちはい
い。

そして露天風呂。
入っている間に雨が降ってきた。
雨に当たりながらその雨を眺めながら露天風呂に入って
いるのもまたおつなものだ。
いつか雪がしんしんと降る中を露天風呂に入ってみたい
なあなどと考えているうちにシャレにならないほど降って
きた。

退散して体を洗い、上がった。

外に出ると雨はすっかりあがっていた。

2016年9月 6日 (火)

ちょっといいこと

こんにちは。矢継ぎ早ですね台風。

8月は1万円を超えるものだと思っていた。
それは、電気料金。

父は冷房の管理を任せるととんでもない温度設定をする。
例えば夏だと16℃とかにしていることがあった。
エアコンだってそんなにすぐには希望の体感温度にはな
らないからだと思うが…。
かと思えば7月上旬まではんてんを着ていたりする。
たぶん小脳の梗塞に罹ったことがあるからだと思う。
冬だって油断していると30℃設定にしていた。

そうしたくはなかったが、リモコンをもたせずこちらで管理
することにした。
夏は27℃設定だ。
(ちなみに私の部屋にはエアコンはない。リビングとの境
の引き戸を開けてやはり27℃設定にしている。)
今年は午前中エアコンをつけることをしなかった。
扇風機で凌いだ。

結果、初めてほとんど家にいた去年の8月は電気代が1
万円を超えた。
昨日明細がポストに入っていた。
6千円で済んでいる。
省エネ作戦成功だ。

そのことを話すと「そうかい・・・。」と
苦虫をかみつぶしたような、嬉しいような変な顔をしていた。
そして夕方には「寒いから消して」と言ってきたのであった。

Dsc_0127

2016年9月 5日 (月)

牛柄の黒糖稲荷

こんにちは。今日の入道雲は立派でした。

家計負担逼迫軽減のため稲荷ずしを作りました。
ついこの間作ったばかりですが、スーパーの出来合いを
食べてからずっとファンの黒糖稲荷です。
前回は山菜を具にしましたが、今回は秋らしくクルミを入
れてみました。

黒糖とクルミは結構なお値段なので逼迫軽減になってい
るかどうか不安です(笑)。
油揚げは5枚78円のものを10枚。20個できることになりま
す。

まず、黒砂糖、醤油、みりん、水を火にかけ、黒砂糖を溶
かします。
煮ている間、油揚げを油抜きしておき、冷まします。
黒砂糖が溶けたら油揚げを投入します。
今回はガラスの落としぶたをしました。
前回煮汁が少なく、油揚げに回りきらなかったようでした
ので。
1回、天地を返します。
あまりいじると油揚げが破れるので注意です。
煮込み終わったら冷ましておきます。

しばらく冷まして見てみると・・・
見事な牛柄の揚げの出来上がりです。
まんべんなく煮汁が回らなかったようです。
まあ、味はしみている様子なので問題はありません。

では、酢飯を詰めましょう・・・。
だーーーーーーーー!
飯、炊くの忘れた。
orz

急いでスイッチを入れますが食事時刻は1時間ほどずれこ
んでしまいました。

炊けたご飯に酢、砂糖、クルミを放り込んで混ぜ、揚げに
詰めます。
焦って何枚か揚げを破いてしまいました。

まだらな稲荷ですが味がしみて美味しかったです。
一晩寝かせるともっと美味しいかもしれません。
次は、わさび入りを作ろうかなと目論んでいます。

2016年9月 4日 (日)

小さい秋Wonderland

こんにちは。リッツがヤマザキナビスコから消える?
急いでリッツを買ってきてペロリと食べてしまった丸太です。

「小さい秋見つけた」という歌は初秋の歌なんですね。
メロディが晩秋っぽいのでずっと晩秋の歌かと思っていま
した。

散歩先での「小さい秋」です。
Dsc_0109
柿はなますにするのが好きです。

Dsc_0112
栗は渋皮煮が好きです。

Dsc_0114
もみじは天ぷらが・・・。

まだ暑いですが季節は歩んでいます。
散歩といえどもこんな冒険を楽しんでいます。

2016年9月 3日 (土)

収穫前に反省会をしよう

こんにちは。たくさんの方に見ていただけるのは、とても
嬉しいことです。これからもよろしくお願いいたします。

今日の綿花は支柱を立てたときよりもさらに伸び、一番
背丈が高いものは1m20㎝程にもなりました。

後ははじけた綿の実が雨風で落ちなければ収穫が望め
そうです。

ここまでは成功と言えるでしょう。

そこで今年の様子から反省会をします。

―動物の被害について―
苗がまだ小さい時に(たぶん)小動物に荒らされて10本弱
の苗が枯れました。目くじらを立てるほどではありません
が、今後イノシシが荒らさないとも限りません。今後栽培
予定のダイコン、ジャガイモの様子を見て対策を練ること
とします。

―苗にするか、種にするか―
今年は畑が間に合わなかったので、苗からにしましたが、
来年は種を直に蒔こうと思います。今年はポットに一粒
ずつ種を蒔いたので間引きの手間はいりませんでしたが、
来年は間引きが必要になります。

―摘芯について―
比べてないので何とも言えませんが、来年は行う方針で
行こうと思います。

―マルチは?―
今年は除草や灌水の手間を考えてマルチを貼りましたが、
来年は今年よりも地球にやさしくマルチなしで行こうと思
います。

―無農薬、無肥料について―
食べるものではないのですが、無農薬でも問題はありま
せんでした。虫に食われている葉もありますが、それより
も成長の勢いが良いので今後も無農薬で行きます。肥
料についても今年は一切施肥を行いませんでした。来
年はもう少し良い畑にしたいので今刈っている草などを
コンポストに入れて堆肥を作ろうと思います。本当のオー
ガニックコットンを目指します。

―密度について―
ちょっと混み合いすぎているような印象ですが、すべての
苗が順調に生育しているのを見ると問題はないようです。
しかし、後の除草作業などを考えるともうちょっと畝間は
空けた方がよさそうです。今のままでは動線が取れませ
ん。

―灌水について―
一番神経を使いましたが、ある程度育てばそれほど神経
質にならなくてもよいかなという印象です。プランターの時
は盛夏では葉がくたっとなる時がありましたが、そのよう
な姿は今年見ませんでした。まあ、世界の綿花の産地を
見ても明らかかもしれません。

―畑の広さについて―
これから収穫してどれほどの量のコットンボールが採れ
るかですが、広さを変えないなら来年の収量は減ります。
(畝間を広くするため)倍は増やしたいところですが地主
さんの許可が要りそうです。

それでは現在の棉の様子をご覧ください。
Dsc_0121

前回の画像との違いがお分かりいただけるでしょうか?
背は少し伸びたくらいです。葉っぱが白くないが正解です。
前回は倒れていた茎を起こしたので葉っぱが裏返ってい
て白かったというわけです。
ちなみに・・・雑草は見て見ぬふりをお願いします。

Dsc_0123

こんな赤い花もありました。黄色い花は開いているのに赤
い花は開いているのがありませんでした。

2016年9月 2日 (金)

レタスの使い切り方

こんにちは。スーパーに松茸、葡萄を見かけて久しいです。
栗はもう少し後でしょうか。

レタスはお尻を見て、なるべく赤くなっていないものを選ぶ。
そして持った感じが大きさの割に重いもの。
旬がいつだかはわからないが、安い時にいいものが多い。
そんな技を身に着けた頃。
目に留まったのはレタスを長持ちさせる方法。
それは、レタスの芯に爪楊枝を刺すというものだが
やってみると買った時のレジ袋に入れておくことで本当に
長持ちする。
(後は水けを拭き取るとかあるのだが、はっきり言って面
倒くさい・笑)
Dsc_0137_2

傷んでしまうのが惜しくてサラダ用カットレタスを買うこと
が常だったが丸のまま買うようになった。

最初は、サラダ。
昔、後輩の女の子に教わったサラダはとても簡単で美味
しい。
手でちぎって醤油とサラダオイルだけのドレッシングに刻
み海苔。
(あ、ドレッシングは醤油とオイル1対1です)
初めて食べたときは目から鱗。
ちょい足ししたらどうだろうとキュウリ、胡椒、ハムなどを
試してみたがやはりシンプルなのが一番の美味しいようだ。
まあ、ほかのドレッシングでも食べるけど。

次にスープ。
玉子、ゴマ油、鶏がらスープで中華風。
レタスは粗目の千切りに。
熱を通してもレタスの歯触りはいつまでもレタスのままだ。

最後はチャーハン。
焼き豚、玉子、ネギで作る。
これもレタスは粗目の千切りだ。
ここまですればたいてい一玉のレタスはなくなる。

こうしてレタスが冷蔵庫の底で溶けることはなくなった。

2016年9月 1日 (木)

どっちが得か

こんにちは。台風12号が発生しました。
九州の皆さん、警戒を。

介護用品のいくつかをレンタルで利用している。
種類が豊富であらゆるニーズに応えられる品揃えである。
しかも介護保険1割負担だとすごく安い。

今現在利用しているのは手すり2種で
月額800円である。
しかもしっかりとしたものだ。

こういうものがあると便利だろうなと
生活の場面場面で思いつくのだが、それを全部レンタル
に頼ったらどうだろう。
月の額が大したことはなくとも何年もとなると多額になる。
場合によっては買った方が安いということもあるのではな
いだろうか。

と、いうわけで作ってみた。

段差解消アイテムを。

7月頃歩くのが辛い時期があって、
アパートの部屋の前の段差が車椅子の大きな障害だっ
た。
そこで、厚めのベニヤ5枚を使いフラットにする試みを実
行した。

部材費は塗装を込みで1万円弱。

仮にレンタル料を100円としても5枚だから20か月で元
は取れる。
(実際はもっと高い。あ、でも長さが違うから一概には言え
ないか・・・。)

とか・・・・・
作っているうちに調子を取り戻してまあ歩けるようになった。
製作途中であったため中断したことは言うまでもない。

で「良い兆し」の散歩に至るわけです。
お年寄りの状況は刻一刻と変わっていく。
やっぱりレンタルは存在価値があるってことで。

まあ、懲りずに部屋の前の階段用に手すりを作ろうかと目
論んでいるのですが・・・。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

  • Link
    廻り道通信